企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】アトヂエバイアス 後知恵バイアス

「後知恵バイアス」とは、物事が起きたあとで「そうだと思った」などと、まるでそのことが予測可能だったと考える心理的傾向のことをいいます。プロセスや戦略そのもの以上に、結果によって印象が左右されているのが、後知恵バイアスがかかっている状態です。実際の結果以外に起こりえたかもしれない別の事象を考えることで、バイアスを軽減させられると言われています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後知恵バイアスのケーススタディ

「やっぱりな」「だから言ったのに」
その発言、後知恵バイアスかもしれません

「やっぱりな」「だから言ったのに」が口癖になっている人は、周囲にいないでしょうか。事前に予測できることと、事後の確定事項を混同してしまうことで、予測できないことまで予測できていたかのように振る舞い、威圧的な態度をとる。そんな人から感じる理不尽さは、後知恵バイアスによって不当な評価を受けていることによるものでしょう。このように、後知恵バイアスは人を評価するときの公正さを欠いてしまう恐れがあります。

この理不尽さは、職場にもたびたび出現します。例えば、上司に経過をきちんと報告していたのに、悪い結果が出たあとで「なぜそうしたんだ!」と後出しじゃんけんのように叱責(しっせき)される。こうした発言の多い人は後知恵バイアスが働いているのだと認識することで、発言を真正面から受け止めず、過度に自責することもなくなるかもしれません。

しかし、無意識の行動だからこそ「バイアス」と呼ぶように、自分が後知恵バイアスのかかった言動をとってしまう可能性もあります。人は誰でも「物事が起こる前の自分」を忘れがちです。しかし、予知できないことへの一抹の不安はいつも抱えています。不安を抱えている状態を覚えていることで「やっぱり思った通りだ」と意識をすり替えてしまうのです。

後知恵バイアスを減らすには、どうすればいいのでしょうか。まずは、「知る」こと。常識やバイアスは、知らず知らずのうちに自分に身についてきた「ものの見方」です。無意識での価値観は、まず認識することから始まります。職場で「後知恵バイアス」を互いに意識できるよう、「それは後知恵バイアスじゃない?」と伝え合ったり、自問自答したりするとよいでしょう。また、誰かに「だから言ったのに」と言いたくなっている自分を認知したら、起こりえた「別の可能性」について思いを巡らせてみるのも一つの方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

セルフ・コンパッション
「セルフ・コンパッション」とは、あるがままの自分を受け入れること。コンパッションとは英語で思いやりのことで、直訳すると「自分に対する思いやり」という意味になります。2011年に米国テキサス大学のクリスティーン・ネフ氏によって『セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる』が出版され、ネガティ...
自己奉仕バイアス
「自己奉仕バイアス」(Self-serving bias)とは、成功したときは自分自身の能力によるものであり、失敗したときは自分ではどうしようもない外的な要因によるものだと思いこむ考え方です。例えば、試験の点数が良かったときは「自分は頭がいいから」と考え、点数が悪かったときは「先生は自分のことが嫌い...
メタ認知
「メタ認知」とは、認知心理学の用語で、自分の考えについて考えること、認知に対する認知のことです。メタ認知の“メタ”とは「高次の」という意味で、自分自身の認知活動(知覚、記憶、学習、言語、思考など)を、より高い視点から、あたかも第三者のように客観視して、これらを理解したり、振り返ったり、ときにはコント...

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
小島貴子さん:ダイバーシティ・リーダーシップが会社を変える、日本を変える「自分で決められる人材」の育て方とは
変化と多様性の時代に、職場のキーパーソンとして求められるのは「自分で決める、決められるダイバーシティ・リーダーシップの持ち主」であると、東洋大学グローバル・キャリア教育センター副センター長の小島貴子准教授はおっしゃいます。元埼玉県庁の伝説のキャリアカウンセラー...
2013/04/08掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか?

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


短期留学で新たな価値観や習慣と触れる<br />
~“変革的”リーダー育成術

短期留学で新たな価値観や習慣と触れる
~“変革的”リーダー育成術

グローバル化に伴う競争激化、さらにはリーマンショック後の世界同時不況な...