企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】レピュテーションリスク レピュテーション・リスク

「レピュテーション・リスク」とは、企業に対するネガティブな評価が広まることで、企業の信用やブランド価値が低下し、損害を被るリスクのこと。SNSの普及により、社会的認知度や好感度がこれまで以上に企業やブランドの評価に影響を与えるようになっており、レピュテーション・リスクは無視できない経営リスクの一つです。従業員の不適切な言動一つで株価が大幅に下落する現代、レピュテーション・リスクに備える法人向けの保険も登場しています。

レピュテーション・リスクのケーススタディ

レピュテーションが下がる原因の一つは
期待値と実態のギャップ

広報や人事にとって、最も恐れている事象の一つが「炎上」です。ここでいう炎上とは、不祥事や失言などをきっかけに、インターネット上で批判が殺到している状態のこと。特に多くの従業員を雇用している大企業では、従業員の教育にまで手が回らず、気が付いたら炎上していた、ということもあります。よく話題になる従業員によるおふざけ投稿も、謝罪で済めば良い方で、信用回復ができないまま破産してしまった事例もあります。

このような悪意ある投稿は炎上必至なので例外としますが、炎上案件にはある共通点があります。それは、企業やブランドへの期待値と実情にギャップがあること。例えば、ファストフード店と同じクォリティのハンバーガーが高級レストランで提供されたら、客は期待値との落差に落胆して、SNSや口コミサイトにネガティブな評価を下すかもしれません。

昨今の代表的なレピュテーション・リスクは、ネットでの炎上、情報漏えい、労働環境の三つです。そして、レピュテーション・リスクに備えて企業がすべきことは「予防」です。社内教育をしたり、従業員と日ごろから密なコミュニケーションをとったりすることが予防につながります。

しかし、それだけでは不十分かもしれません。過去の発信内容が掘り出されて炎上してしまう例もあるため、世のトレンドの把握が必要です。そのためには、企業内部にリスク対応体制を整えるべきでしょう。炎上したあとで慌てて場当たり的に対応するのではなく、事前に体制を整えておくことで有事の際の役割分担が可能になります。その後の世間からの反応も違ったものになるでしょう。

レピュテーション・リスクを最小限に収めるには、期待値と現実をなるべく近づけること、情報開示を拒まないこと、社内教育をすること、社内にも社外にも真摯に対応して改善を促すことがポイントです。深い傷は、再起不能なほどに経営に悪影響を与えます。しかし早期に対応をすれば、逆に好感度を高めるためのチャンスにもなりえます。「炎上しない企業はない」という認識で、事前に可能な対策を行うことが大切です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

CRO
「CRO」とは、Chief Risk Officer(チーフ・リスク・オフィサー)の略、欧米企業で発祥した幹部役員職(執行役職)の一つで、日本語では「最高リスク管理責任者」「危機管理担当役員」などと訳されます。経営トップを補佐して、企業をとりまくリスク全般を一元的に管理する責任者のことです。多様化・...
ハイリスクアプローチとポピュレーションアプローチ
「ハイリスクアプローチ」と「ポピュレーションアプローチ」は、健康管理の領域で用いられる手法です。ハイリスクアプローチは、健康リスクを抱えた人をスクリーニングし、該当者に行動変容をうながすこと。ポピュレーションアプローチは、リスクの有無にかかわらず、集団に対して同一の環境整備などを指導することをいいま...
EVP
EVPとは、Employee Value Propositionの頭文字をとった略語で、直訳すると「従業員価値提案」。つまり、企業が従業員に提供できる価値のことを指します。従来の「従業員は会社にどのような利益をもたらすか」という視点ではなく、「企業は従業員に何を提供できるか」という視点に立つのが、E...

関連する記事

従業員を育成できていると「あまり感じない」企業が過半数
『日本の人事部 人事白書2020』から、「育成」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/10/27掲載人事白書 調査レポート
コンプライアンス違反から生じる影響
企業のコンプライアンスに対する姿勢に社会の関心が高まったことで、問題が発生した場合に企業が受けるダメージもいちだんと大きくなった。実際にコンプライアンス違反が原因で倒産した企業、事業の大幅な縮小を余儀なくされた企業は多い。コンプライアンス違反が起こった場合、企...
2013/03/22掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第49回 「リスクマネジメント」の時代~その具体的対処法(前編)
従来、リスクマネジメントは部署ごとに対応していたが、昨今はリスク要因が多様化しているため、全社的な視点による管理が重視されるようになっている。それに応じて、人事部に求められる役割も大きくなってきた。 今回は、リスクマネジメントを進めていく際の考え方とポイントを...
2011/09/12掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
リスク管理に関して
人事・労務に関することでリスク管理項目に該当することを抽出することになりましたが、人事・労務においてのリスクと考えられることにはどんなことが挙げられるのか教えていただけますでしょうか?
リスク項目
人事・労務に関するリスク管理項目を洗い出すことになりました。どのような項目があるか教えてください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。