企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】セカンドハラスメント セカンドハラスメント

「セカンドハラスメント」とは、ハラスメントを受けた人が被害について周囲に告白あるいは相談した際、逆に嫌がらせを受けたり、かえって相談者の方が責められたりするなど、ハラスメントの二次被害にあうことをいいます。セカンドハラスメントは、問題を悪化・深刻化させるだけでなく、企業にとってはコンプライアンス違反にあたる場合もあり、注意が必要です。
(2018/3/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セカンドハラスメントのケーススタディ

ハラスメントの相談を受けるときは
疑問や意見はぐっと飲み込み、傾聴の姿勢を大切に

セクハラ、パワハラ、マタハラ。最近では、オワハラやジタハラという言葉も出てきました。このような「○○ハラスメント」という言葉が次々に生まれてきたことで、人権の侵害が問題視される世の中の潮流から、弱い立場の人が抑圧されるのではなく、人々が健全に生活する権利が守られる社会に変化しつつある印象を受けます。

一方で、勇気を振り絞ってハラスメント被害を相談したにもかかわらず、会社の同僚や上司から「どうしてはっきり断らなかったのか」「以前はそれが当たり前だった」「自分で乗り越えるべき問題だ」などと責め立てられ、相談する前よりかえって状態が悪くなってしまうことも、いまだに少なくありません。個々のケースや発言者の態度にもよりますが、受け手が威圧感を居心地が悪く思うなら、それはセカンドハラスメントと言えます。

会社には労働者から申告があった場合、可能な限り職場環境の改善に努める義務があります。そのため、ハラスメントを解決すべき立場の者がセカンドハラスメントを行うことは法令違反であり、慰謝料請求や損害賠償請求の対象となる可能性があります。

セカンドハラスメントは会社内だけではなく、社会の中にも存在します。2017年、ハリウッド女優などが自身のハラスメント被害を訴えたことをきっかけに、「#Metoo」というハラスメントを告発するムーブメントが世界的に巻き起こりました。日本でも、ジャーナリストの詩織さんやブロガーのはあちゅうさんが自身の体験を告白。それを皮切りに、日本でも徐々に声をあげる人は増え始めましたが、他国ほど「#Metoo」は広がりませんでした。

その理由の一つに、セカンドハラスメントをする人と同じように「被害者にも落ち度があった」ことに焦点をあててしまう、問題の責任を加害者ではなく被害者に求めてしまう考え方があります。女性の社会進出が進んだ今もなお、日本に残された男尊女卑の考え方が根深いことも背景の一つと言われています。

また、セカンドハラスメントをしている人は、自身がハラスメントの加害者になっている意識がないことがほとんどです。相談者の話を聞きながら「その事実関係は正しいのだろうか」「なぜその時点で対処しなかったのか」などと、疑問が湧いてくることもあるでしょう。しかし、ハラスメント被害者のケアのためには、まずは心の重荷を解いてあげることが大切です。細かな疑問は脇に置き、相談者の声に傾聴することを心掛けることで、意図せぬセカンドハラスメントを防ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ハラスメント
近年、職場における「ハラスメント」が急増し、人事管理上、深刻な問題となっています。ハラスメントは、広義には「人権侵害」を意味し、性別や年齢、職業、宗教、社会的出自、人種、民族、国籍、身体的特徴、セクシュアリティなどの属性、あるいは広く人格に関する言動などによって、相手に不快感や不利益を与え、その尊厳...
ジェンダーハラスメント
「ジェンダーハラスメント」とは、ジェンダーロール(性別によって期待される社会的役割)に基づいたハラスメント行為のことを指します。例えば、女性従業員にだけお茶くみをさせたり、来客者の接遇をさせたりすることなど。男性従業員を「男のくせに」といった言葉で罵ることなど、セクシュアルハラスメントが性的な嫌がら...
マタハラ
「マタハラ」とはマタニティー・ハラスメントの略で、働く女性が妊娠・出産をきっかけに職場で精神的・肉体的な嫌がらせを受けたり、妊娠・出産を理由とした解雇や雇い止めで不利益を被ったりするなどの不当な扱いを意味する言葉です。社会的な認知はまだ十分に進んでいませんが、マタハラの被害の実態は、よく知られる“...

関連する記事

「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアップしました。
2019/08/01掲載編集部注目レポート
いま求められる「ハラスメント対策」 ~人事部が果たすべき「役割」とは何か?
近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、なかなか改善の傾向は見られないようだ。そもそも「ハラスメントとは何か」について、現場がよく理解していない点が問題である。
2009/12/22掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第95回 職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法 ~基礎知識から、予防・再発防止策までのポイントを解説(前編)~
職場の「ハラスメント」(パワハラ・モラハラ)の予防・対処法「前編」では、最近特にクローズアップされることの多い「パワハラ」「モラハラ」に焦点を当て、「前編」では基礎知識として、ハラスメントの現状と企業が負うリスクについて紹介する。
2016/06/22掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

外国人の採用の際のハラスメントについて
外国人を採用する際、面接時に「帰化する気があるかどうか」を聞くのはハラスメント行為に当たりますでしょうか? また、外国人に対してのハラスメント行為になり得るような質問内容などがあれば教えていただけると大変助かります。
ハラスメント研修終了後の誓約書について
初めて社内で管理職を対象にハラスメント研修を実施いたしますが、研修終了後、「今回の研修内容について理解した」「ハラスメントは行わない」などの誓約書的なものを記入させたほうがよいでしょうか。 特にセクハラについては均等法で会社の対応が義務付けられているので、研修をやったという結果として何か残したほうが...
ハラスメント相談窓口の名称について
現在当社では、社内(人事)に専門窓口を設置する事が決定しており、その名称について考えております。全従業員1500以上に対して公開するにあたり、適切な名称が浮かばない為、他企業様ではどのような名称にしているか参考にしたいと考えております。(ハラスメント110番のようなものは避けたいと考えております) ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~<br />
新人がイキイキと働くために、人事ができること

~誰しもが経験するつまずきを乗り越える方法とは?~
新人がイキイキと働くために、人事ができること

「3年3割」と言われる若年層の早期離職問題。手間もお金もかけて採用した...