企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『ビジネスガイド』提携

法的な要件と労使双方の要望を満たす
定年後再雇用の労働条件と賃金設計

社会保険労務士

川嶋 英明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2 高年齢者雇用確保措置の現状

次に、定年後再雇用を含む現行の高年齢者雇用確保措置についておさらいしておきたいと思います。

<1>高年齢者雇用確保措置

現在、会社は定年を定める場合、60歳未満に設定することはできません。これに加えて、2013年4月1日に施行された高年齢者雇用安定法では、雇用する高年齢者の65歳までの安定した雇用を確保するため、高年齢者雇用確保措置として会社に「65歳以上までの定年の引上げ」「希望者全員を対象とする65歳までの継続雇用制度の導入」「当該定年の定めの廃止」のうち、いずれかの措置を講ずる義務を設けています。

このうち継続雇用制度には定年で退職とせず、引き続き雇用する勤務延長制度と、定年でいったん退職とし、新たに労働契約を結ぶ再雇用制度がありますが、「高年齢者の雇用に関する調査(独立行政法人労働政策研究・研修機構)」で60歳代前半の雇用形態の6割が「嘱託・契約社員」という結果から、高年齢者雇用確保措置全体で見ても、多くは再雇用制度を利用していると考えられます。

再雇用制度が好まれる理由としては、定年で一度労働契約を終了し、新たに労働契約を結ぶ際に定年後の労働条件等を見直すことができるからです。逆に言うと、60歳になる前と後で労働条件の見直し等を行わず現役時と同じ扱いをするのであれば、再雇用制度を利用する意味はあまりないといえます。

<2>現行の定年後再雇用の問題点

再雇用制度で定年後再雇用者の労働条件の決定方法として一般的なのは、厚生年金の在職老齢年金と雇用保険の高年齢雇用継続基本給付金の額に合わせて賃金を調整するという方法です。要するに、年金は減額や支給停止されないけれども、高年齢雇用継続基本給付金が最大限もらえる額に60歳以降の賃金額を調整するわけです。

在職老齢年金
(60歳台前半)
基本月額(加給年金額を除いた特別支給の老齢厚生年金の月額)と総報酬月額相当額の合計額が28万円を超えると老齢厚生年金の全部または一部が支給停止となる
高年齢雇用継続
基本給付金
60歳時点の賃金と比較して、60歳以後の賃金が60歳時点の75%未満の場合に支給。支給額が最も多くなるのは60歳以後の賃金が60歳時点の61%未満のときで「賃金額×15%」

この方法は老齢厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢が60歳だった頃は特に問題はありませんでした。会社からすると人件費を抑えることができ、高齢者にとってもせっかくもらえる年金の額を減らしたくないという思いと、老後に備えて徐々に働くペースを抑えていきたいという考えがあったからです。

しかし、昭和28年4月2日(女性は昭和33年4月2日)以降に生まれた労働者に関しては、老齢厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢が徐々に引き上げられており、原則60歳から年金をもらうことができません。

そのため、2013年度以降は、60歳時点で賃金額を下げると、高年齢雇用継続基本給付金はもらえても、老齢厚生年金の報酬比例部分がもらえるまでに最低でも1年以上の期間が空くようになりました。

老齢厚生年金の報酬比例部分の支給開始年齢
生年月日 支給開始年齢
男性:
昭和28年4月2日~
昭和30年4月1日
女性:
昭和33年4月2日~
昭和35年4月1日
61歳
男性:
昭和30年4月2日~
昭和32年4月1日
女性:
昭和35年4月2日~
昭和37年4月1日
62歳
男性:
昭和32年4月2日~
昭和34年4月1日
女性:
昭和37年4月2日~
昭和39年4月1日
63歳
男性:
昭和34年4月2日~
昭和36年4月1日
女性:
昭和39年4月2日~
昭和41年4月1日
64歳

つまり、昭和28年4月1日以前に生まれた人たちは60歳から65歳までの生活を「賃金と年金と高年齢雇用継続基本給付金」の3本柱で支えることができた一方で、昭和28年4月2日以降に生まれた人たちは、老齢厚生年金の報酬比例部分がもらえるまでの間は、賃金と高年齢雇用継続基本給付金の二つしか柱がないわけです。
このように、最新の判例や政策だけでなく、現行の再雇用制度そのものに綻びが生じてきていることも、会社が今後の定年後再雇用者の労働条件等の見直しを考えていかなければならない理由です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事・労務関連コラムのバックナンバー

五輪、災害対策で需要急増!ボランティア休暇制度 導入の手順と留意点
多発する災害や五輪でのボランティア需要などから、ボランティア休暇制度の導入を検討する企業の増加が見込まれます。今回は、ボランティア休暇制度を導入する場合の手順と...
2019/11/22掲載
外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載
従業員が協力したくなる!「リファラル採用」のための制度設計&規定
従業員が協力したくなる!人材難の時代、急速に広がる「リファラル採用」のための制度設計&規定
2019/07/05掲載

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは【前編】
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書
日本の人事部 HRアカデミー2019 夏期講座
サイボウズの働き方改革~働き方の多様性がチームワークあふれる会社を創る~
「100人いれば、100通りの働き方」を人事の基本方針として掲げ、独自の「働き方改革」を進めている、サイボウズ株式会社。2018年4月には、社員一人ひとりが「働...
2019/10/15掲載イベントレポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよ...
2019/02/26掲載新卒・パート/アルバイト調査
【解説】働き方改革で導入が進む?「テレワーク」ガイドラインの変更点と実務対応
2017年度、厚生労働省が開催した「柔軟な働き方に関する検討会」で取り上げられた「テレワークガイドライン」(正式には「情報通信技術を利用した事業場外勤務の適切な...
2018/07/11掲載人事・労務関連コラム
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...