人事辞典 掲載日:2020/07/14

【ヨミ】ナナジュッサイテイネンセイ 70歳定年制

2013年4月の「高年齢者雇用安定法」の改正によって、2025年4月から全企業に「65歳まで定年年齢の引き上げ」「希望者全員を対象にした、65歳までの継続雇用制度を導入」「定年制の廃止」のいずれかの措置が義務付けられます。それに先立つ2021年4月から、企業は70歳までの就業機会確保が努力義務となります。その際、同じ企業での継続雇用以外に、70歳まで継続的に業務委託契約する制度、NPO活動などへ継続的に従事できる制度の導入といった選択肢も追加されます。

70歳定年制のケーススタディ

70歳までの雇用が努力義務に
70歳定年制で企業が考えるべきことは

「つい先日65歳定年制になったばかりなのに、もう70歳定年制?」と思う人は少なくないでしょう。65歳定年制が義務化されるのは2025年4月からともう少し先ですが、「人生100年時代」の社会への突入を象徴するような出来事の一つといえます。一方で現実に目を向けると、2017年時点で65歳定年制を導入している企業は16.4%、66歳以上の定年制は1.4%で、現状の割合はさほど高くありません。

そもそもなぜ、定年が引き上げられるのでしょうか。広く知られている通り、日本は少子高齢化による人口減少が社会問題の一つとなっています。65歳以上が占める人口の割合は2018年時点で28.1%ですが、2065年には38.4%にまで増加する見込みです。人口減少や超高齢化社会により、年金の財源確保が難しくなっていることが定年引き上げの要因の一つに挙げられます。2013年から段階的に支給開始年齢が上がっていき、60歳から65歳へと引き上げが決まりました。これに並行して定年も引き上げ、年金の受給年齢まで働けるようにすることを目的としたセットの施策なのです。

70歳までの就業が可能になれば、年金受給開始年齢をさらに引き上げることができます。現在も繰り上げ受給や繰り下げ受給も可能で、現行の制度では66歳から70歳までの間に繰り下げると、1ヵ月遅らせるごとに0.7%受給額が増える仕組みとなっています。

定年延長に際して、企業は人事制度や給与制度を見直すことになりますが、対象となる従業員に対して不利益変更となったり、モチベーション低下につながったりしないよう、慎重に対応しなければなりません。

今後も人手不足が続くことが予想されるため、企業にとってシニア人材の活用は重要課題ですが、まずは2021年から始まる「努力義務」に向けた準備が必要です。

・参考
平成29年就労条件総合調査 結果の概況(厚生労働省)

令和元年版高齢社会白書 概要版(内閣府)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード