企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

有賀 誠のHRシャウト!人事部長は“Rock & Roll”
【第6回】人事部とリーダーシップ(その2):リーダーの役割

株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員 人材ファースト統括

有賀 誠さん

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll

人事部長の悩みは尽きません。経営陣からの無理難題、多様化する労務トラブル、バラバラに進んでしまったグループの人事制度……。障壁(Rock)にぶち当たり、揺さぶられる(Roll)日々を生きているのです。しかし、人事部長が悩んでいるようでは、人事部さらには会社全体が元気をなくしてしまいます。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、日本の人事部長に立ちはだかる悩みを克服し、前進していくためのヒントを投げかけます。

みんなで前を向いて進もう! 人事部長の毎日はRock & Roll だぜ!――有賀 誠

前回、「リーダーシップ=目標を定め、チームを作り、成果を出す力」という定義をご紹介しました。言い換えると、それこそがリーダーの役割ということにもなります。

リーダーシップの定義「リーダーシップ=目標を定め、チームを作り、成果を出す力」

理念、使命、価値観

リーダーには、自分が長期的に目指すもの、また、自分が関わるチームやプロジェクトの目的を定め、それを仲間に伝え、けん引する責務があります。その目的を、理念と呼ぶこともできるでしょう。

「理念」は、「使命」と「価値観」からなります。すなわち、「使命(Vision:何をやるのか)」と「価値観(Values:どのようにやるのか)」を足し合わせると、それが「理念(Vision:自分(たち)自身の定義)」となります。

例えば、自動車メーカーの使命が一般的には「お客さまに喜んでもらえる車を作って売る」だとしても、その製品内容としては「速い車」「格好のいい車」「運転が楽しい車」「乗り心地がいい車」「燃費のいい車」「安全な車」「大勢を乗せることができる車」「荷物を多く運ぶことができる車」などと、多くの「使命」がありえます。

また、企業としても、「売上・利益を追求」「環境に優しく」「社会に貢献」「業界をリード」「人材を輩出」など、目指すべき「価値観」には多くの選択肢があるはずです。それらの「使命」と「価値観」を定め、合算をしたところで、企業目的である「理念」が定義されることになります。

「理念」の存在意義は、「自分たちが進むべき戦略の方向性、戻るべき軌道を定め、ブレをなくすこと」と「チームを結集させる旗となり、メンバーの思いと言動のベクトルを合わせること」の二点だと考えられます。例えば、壁にぶち当たった時や意見が割れた際、立ち返るべき憲章となるでしょうし、その存在がチームとしての求心力を生むことにもつながるでしょう。

理念と戦略「理念=使命+価値観」

理念なきところに戦略なし、戦略なきところに勝利なし

理念を掲げない組織には、骨太な戦略を策定することはできないでしょう。そして、優れた戦略を持たない組織は、まぐれ当たりは別として、長期的に競争に勝つことができません。企業社会においては、理念なきところに戦略なし、戦略なきところに勝利なし、なのです。

リーダーの役割が「目標を定め、チームを作り、成果を出す」であることはすでに述べました。つまり、理念の設定と展開はリーダーの責務なのです。一方、戦略の策定はチームで行ってもよいでしょう。人材育成やメンバーの巻き込みのためには、その方が望ましいとも考えられます。ただし、戦略の確定は、やはりリーダーの責務です。理念と戦略を語り続け、体現することも、リーダー以外にはできないことです。逆に言えば、それをする者こそがリーダーなのです。

次回は、リーダーとしてのあるべき姿勢について提唱をしたいと思います。

有賀誠の“Rock & Roll”な一言
理念なきところに戦略なし、戦略なきところに勝利なし
そして、それを作り、語るのはあんたの仕事だぜ!


有賀 誠さん(株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員)
有賀 誠
株式会社日本M&Aセンター 常務執行役員 人材ファースト統括

(ありが・まこと)1981年、日本鋼管(現JFE)入社。製鉄所生産管理、米国事業、本社経営企画管理などに携わる。1997年、日本ゼネラル・モーターズに人事部マネージャーとして入社。部品部門であったデルファイの日本法人を立ち上げ、その後、日本デルファイ取締役副社長兼デルファイ/アジア・パシフィック人事本部長。2003年、ダイムラークライスラー傘下の三菱自動車にて常務執行役員人事本部長。グローバル人事制度の構築および次世代リーダー育成プログラムを手がける。2005年、ユニクロ執行役員(生産およびデザイン担当)を経て、2006年、エディー・バウアー・ジャパン代表取締役社長に就任。その後、人事分野の業務に戻ることを決意し、2009年より日本IBM人事部門理事、2010年より日本ヒューレット・パッカード取締役執行役員人事統括本部長、2016年よりミスミグループ本社統括執行役員人材開発センター長。会社の急成長の裏で遅れていた組織作り、特に社員の健康管理・勤怠管理体制を構築。2018年度には国内800人、グローバル3000人規模の採用を実現した。2019年、ライブハウスを経営する株式会社Doppoの会長に就任。2020年4月から現職。1981年、北海道大学法学部卒。1993年、ミシガン大学経営大学院(MBA)卒。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい1
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
*****さんが実践したいでオススメしました
東京都 建設・設備・プラント 2020/08/01

 

1件中 1~1件を表示
  • 1

編集部注目レポートのバックナンバー

タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第9回】
組織人でありながら、キャリア・オーナーシップを持つために――プロティアンの6タイプを意識しよう
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事とい...
2020/07/27掲載
酒場学習論【第10回】船橋「増やま」と人事制度設計のオリジナリティ
かつて私は、非常勤で代表をつとめていた千葉にある子会社のオフィスに、1週間から2週間に1日の割合で勤務していました。長時間の残業はありませんが、職場の仲間には一...
2020/07/15掲載
カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載

関連する記事

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第5回】人事部とリーダーシップ(その1):リーダーシップとは
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/06/04掲載編集部注目レポート
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート
「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている
じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早期退職していく。会社の主力であるべきミドルマネージャー層が疲弊して、社内に活力が感じられな...
2018/12/25掲載注目の記事
企業が研修を最も強化したいと考えている層は「ミドルマネジャー」と「新任マネジャー」。最も強化したいテーマは「リーダーシップ」
企業の育成担当者に、今後どの層を対象にした研修を強化するのかを聞いたところ、最も多かったのは「ミドルマネジャー」(63.7%)。次いで、「新任マネジャー」(55...
2018/07/19掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

産業カウンセラー養成講座 無料体験会開催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...