企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『アイデム』提携

既卒者を新卒扱いで採用する

アイデム人と仕事研究所 研究員 三宅 航太

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
INDEX
ページ1
新卒一括採用の問題点
若年非正規雇用者を、正社員として雇用
ページ2
非正規雇用だった者を正社員として雇ったことがあるか?
自社に適した採用方法を模索する
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、当研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。

3月28日、経済同友会(※)は新卒採用に関する提言を発表しました。提言のタイトルは「“新卒・既卒ワンプール/通年採用”の定着に向けて」です。新卒採用の手法の一つとして、既卒者(卒業後5年まで)を新人として通年で採用するということと、従来の新卒一括採用に既卒者も含めてワンプールで採用するという枠組みを提示しています。

新卒採用の枠を広げることで、若者に再チャレンジの機会を与えつつ、企業にとっても多様な経験を積んだ人材を「新人」として確保できるメリットがあるとしています。提言のタイトルに「定着」という言葉が使われているように、すでに導入している企業は少なくありません。

※1946年に結成された日本の経営者団体。企業経営者および経済団体役員が、個人の資格で加入する会員制組織で、国内外の問題に対して国民経済的立場から意見を発表する。現代表幹事は、三菱ケミカルホールディングス会長の小林喜光氏。

新卒一括採用の問題点

提言に至った背景として、現行の新卒一括採用は学業の時間を妨げ、人材育成の阻害要因になっていることや、大学卒業後3年以内の離職率が3割に及んでいることなどがあげられます。一括採用は、卒業までに内定を得なければならないという心理的プレッシャーを学生に与えるため、雇用のミスマッチを生む可能性をはらんでいます。

そうした問題意識の下、同友会は若者にとって望ましい就職活動、採用方法の実現に向けて、企業がなすべきこととして今回の提言を行いました。

ですが、その実行性には課題もあります。企業の負担が増えるため、大手企業に限られるのではといったものから、実際に新卒者の代わりに既卒者を受け入れられるのかという懸念もあります。

これから、既卒者の受け入れを考える上で参考になりそうな調査を見ていきたいと思います。調査は、弊社発行の平成26年版パートタイマー白書で実施したものです。内容は、20代・30代の若年非正規雇用者が、企業に正規雇用で「雇い入れられるかどうか」の可能性を探ったものです。企業は非正規雇用で働く若年労働者にどのような印象を抱き、どのような評価をしているのでしょうか。

若年非正規雇用者を、正社員として雇用

企業に、20代・30代の非正規雇用の労働者を自社の正社員として雇い入れることについて、「どのように考えているか」を聞きました。結果は「積極的に雇い入れたい」18.7%、「どちらかと言えば積極的に雇い入れたい」51.0%、「雇い入れることにはどちらかと言えば消極的である」23.8%、「雇い入れることには消極的である」6.4%となり、約7割の企業が積極的に雇い入れる意向でした。

また、「積極的に雇い入れたい」「どちらかと言えば積極的に雇い入れたい」と回答した企業に理由を聞きました(複数回答)。最多は「能力本位の採用ができるから」65.8%、次いで「真剣に働きたいと考えている者が多いと感じるから」41.6%、「採用ターゲットが広がり、採用が容易になるだろうから」39.4%となり、彼らの可能性に期待するとともに、人材確保の手段としても捉えている様子がうかがえる結果となっています。

では、前職が非正規雇用だった20代・30代の労働者を自社の正社員として採用するとしたら、企業は何を重視するでしょうか(図1)。

最多は「本人の性格・人柄」で、20代に対しては76.9%、30代に対しては73.2%でした。次いで、「今までの職業経験と自社の業務の関連性」20代43.6%・30代49.4%、「今までの職業経験の一貫性」20代31.6%・30代37.0%、「正社員での就労経験」20代28.0%・30代35.2%となっています。

●図1:若年非正規雇用者を自社の正社員にする際に何を重視するか(複数回答)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

新卒・パート/アルバイト調査のバックナンバー

新人に元気よく働いてもらう秘訣
4月の初めに、インターネット上でこれから始まる社会人生活を揶揄した「懲役40年」という単語が注目を集めました。学生たちは、社会に出ることをどう考えているのでしょ...
2017/11/17掲載
無期転換ルールの対応~企業は? 有期労働者は? 最新調査報告
労働契約法第18条による、無期転換権の本格的な発生が約半年後に迫っています。有期雇用で働いていた労働者は、どのように考え行動するのか?企業は、どのように対応しよ...
2017/10/17掲載
2018卒新卒採用は「早い」「高い」「多い」
3月1日。今年も2018年3月卒業予定者を対象とした新卒採用活動が解禁されました。近年上昇を続ける就職内定率を背景に、新卒採用活動を行なう企業はどのような策を講...
2017/09/15掲載

関連する記事

仕事と家庭、どっちが大事?
働く女性と働く男性。家事・育児にどのくらいの時間を費やしている?また、配偶者の協力体制に働く女性は満足している?女性活躍の現状と課題について聞いた調査結果から、...
2017/07/21掲載新卒・パート/アルバイト調査
パート募集 超短時間シフト増加中?
生産年齢人口が縮小して行く中で、女性労働者の雇用は増加中。しかし、増えているのはパート雇用のみです。各社パートタイマーの奪い合いとも言える状況の中、募集条件には...
2017/06/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
「働き方改革」推進に向けての実務(1)同一労働・同一賃金など非正規雇用の処遇改善
ここでは「働き方改革」の代表的な施策についてその目的・課題と実務上のポイントを整理する。
2017/03/31掲載よくわかる講座
パート賃金10年史~10年間で87円の上昇。平均1,000円オーバーの時代へ
この10年、パート・アルバイト雇用の需要は、高まりつづけています。総務省の労働力調査によれば、雇用者に占める非正規労働者の割合は4割に近づいています。今回は環境...
2017/02/22掲載新卒・パート/アルバイト調査
106万円の壁~社会保険料の負担OK企業が増加~
2016年10月、社会保険の適用範囲が拡大されました。社会保険の対象となる労働者が増えれば、その分企業側の負担も増えます。そのため、適用基準以下になるように、労...
2017/01/13掲載新卒・パート/アルバイト調査
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...