企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ロウドウケイヤクモウシコミミナシセイド 労働契約申込みみなし制度

「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の申込みを行ったことになり、派遣元と当該労働者が契約している雇用条件と同一条件で雇用する義務が生じるのです。ただし、派遣先などが違法派遣に該当することを知らず、かつ知らなかったことに過失がない場合、この制度は適用されません。2012年成立の改正労働者派遣法で定められ、3年間の実施猶予期間の後、昨年10月から施行されました。
(2016/1/12掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

労働契約申込みみなし制度のケーススタディ

違法派遣の受け入れで派遣先に直接雇用義務
コスト負担増など制度適用の影響は侮れない

「労働契約申込みみなし制度」は、違法派遣を受け入れた派遣先の会社に民事的なペナルティーを科し、派遣規制の実効性を担保することをねらいとして、2012年の派遣法改正に盛り込まれたものです。同制度の適用対象となる“違法派遣”の内容には、次の四つが挙げられています。

(1) 港湾運送、警備、建設など派遣禁止業務に従事させた場合
(2) 無許可の派遣会社から派遣を受け入れた場合
(3) 派遣可能期間を超えて派遣を受け入れた場合
(4) 派遣法等の適用を免れる目的で、いわゆる偽装請負を行った場合

このうち(3)に関しては、かねて期間制限の基準となる業務区分の定義があいまいであるとの批判がありましたが、15年9月成立の改正派遣法で、同法創設以来続けられてきた業務区分による期間制限が撤廃され、派遣先事業所単位の派遣受入期間の期間制限と派遣社員個人単位の期間制限(いずれも原則3年)の2本建てに改められたため、違法か否かの判断が明確にできるようになりました。

こうした違法派遣であることを知りながら、その状態を是正しないと、派遣先企業は、自社の意志と無関係に直接雇用の申込みをしたものとみなされます。違法派遣が終了してから1年間はその申込みを撤回することはできず、派遣労働者が申込みを承諾した時点で、派遣先はその労働者を派遣元の労働条件と同一条件で雇用しなければなりません。

つまり、「労働契約申込みみなし制度」が適用されると、自社が“正社員”に求めるスキルや知識、経験を十分に有していない人材であっても、本人が望む場合は、直接雇用しなければならないわけです。派遣社員を直接雇用することにより、当然、これまで発生していなかったさまざまな人件費コストが加わることも考えられます。多数の派遣社員がいっせいに直接雇用への転換を選択すれば、派遣先企業には最悪の場合、経営を揺るがすほどの負担がのしかかることもありえるでしょう。

「労働契約申込みみなし制度」の内容や影響について正しく理解せず、現場の違法派遣を放置していると大変な事態に。「知らなかった」ではとてもすまされません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務...
製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。

関連する記事

派遣の終了・更新・解除の実務
スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
2016/10/31掲載よくわかる講座
人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
派遣スタッフへの対応
派遣スタッフに気持ちよく働いてもらうために心掛けておくこと
2016/10/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
特定派遣について
特定派遣について判らない点があります。1.派遣期間は、一般と同様なのか。2.上記に関して、派遣元で直雇用(契約・正社員)されていても同じなのか。以上2点の回答お願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 労務・法務 ]
次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 POSITIVE最新版にAI搭載

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...