企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヒヤトイハケン 日雇い派遣

派遣労働者のうち、1ヵ月未満の雇用契約で働く者を「短期派遣(労働者)」、1日単位の雇用契約で働く者を「日雇い派遣(労働者)」といいます。働き方の選択肢の一つとして、また企業にとっても繁忙期の人員確保に便利なため、急速に広まりましたが、労働条件をはじめとするさまざまな問題が浮上し、議論を呼んでいます。
(2007/12/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日雇い派遣のケーススタディ

企業の人件費削減策として急拡大した雇用形態
違法行為の横行と劣悪な労働実態が問題に

派遣労働者には、派遣会社に常に雇われている「常用型」と、派遣会社に登録し、派遣先が決まった時だけ雇われる「登録型」があり、登録型は派遣労働者全体の約4分の3を占めています。日雇い派遣は、登録型のうち、一日単位で派遣会社との契約を結ぶ労働形態をいいます。

2007年8月に厚労省が発表した「日雇い派遣労働者の実態に関する調査」によれば、登録者数500万人弱となる調査対象会社10社合計だけでも、一日あたりの派遣労働者数は約6万5千人になりますが、その約8割が1日単位の雇用契約で働いていることが明らかになりました。これらの労働者の5割以上は、就業は短期派遣のみで、その平均就業日数は男性で18.6日、女性で17.3日、3ヵ月の平均月収は男性で15.1万円、女性で13.1万円となっています。

短期派遣で働く理由として、「働く日時を選べて便利」との積極的な回答が約50%と最も多いですが、約25%の人が「正社員としての就職先が見つかるまでのつなぎ」と回答しています。

日雇い派遣業界は労働者派遣法の規制緩和を追い風に急成長しました。99年に、専門性の高い仕事以外でも派遣が原則自由化されると、就職氷河期の若者が派遣業界に一気に流入し、幅広い業種にその労働形態が広がりました。さらに、有期雇用や派遣期間の上限が延長されるなど規制緩和が進み、企業サイドが、繁忙期だけ人手を確保できるということから、派遣業界の成長は加速しましたが、同時に日雇い派遣については、さまざまな問題点が指摘されるようになりました。

日雇い派遣労働者は、毎日、携帯電話やメールで指示された派遣先で働きます。仕事は日ごとで異なる上、「明日は紹介できる仕事がない」とキャンセルされることもあり、常に失業の不安を抱いている人が数多くいます。深夜や当日直前のキャンセルであっても、派遣スタッフへの補償や交通費の支給がない場合もあります。それにもかかわらず、一方では、派遣スタッフ側からのキャンセルや欠勤の場合には、ペナルティーが課されるなど、常に弱い立場に置かれているのが実状です。

最近では、急成長した日雇い派遣会社による、賃金の違法天引きや二重派遣、禁じられた業務への違法派遣など、不法行為が相次いで問題となっています。それに伴い、労働派遣法改正の99年時点に戻り、再び対象業務の限定を検討するなど規制強化が必要ではないかとの議論もされるようになりました。労働者派遣法の改正案については、厚生労働省が来年の通常国会への提出を見送る方向で調整に入りましたが、日雇い派遣については、不法行為が相次いでいるため、指針改正などで規制強化する方針を固めています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務...

関連する記事

人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
人材派遣とは
人材派遣の基礎知識から最新の人材派遣事情まで
2016/10/31掲載よくわかる講座
派遣の終了・更新・解除の実務
スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
2016/10/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

日雇い派遣禁止について
2012年10月1日から施行されました改正派遣法の中で、日雇い派遣の禁止についてお聞きしたいのですが、派遣元企業に31日以上の有期の雇用契約をしている者や無期雇用契約している者(いわゆる派遣元企業の正社員)については、日雇い派遣が可能な業務であれば、日雇い派遣が可能でしょうか。お手数ですがご回答いた...
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 就業管理 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...