企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

無期雇用者の派遣受け入れについて

いつもお世話になります。
接客サービス業に従事しております。
表題の件、下記のような受け入れが可能かどうかご教授いただきたく。
宜しくお願いいたします。

派遣元での雇用期間:雇用期間の定め無
弊社からの依頼内容:日々異なる人数、異なる時間帯の依頼

背景
・人材紹介会社(以下、A社)に、日々異なる人数の紹介を依頼。
・いつ、だれが紹介されてくるのかわからない為、都度、その日限りの労働条件通知を行い直接雇用。
 ※月単位で実績を集計し、直接支払いを実施。
・弊社での就労が週20時間未満となるようにA社でコントロールいただき、雇用保険については弊社では未加入で取り扱う。
・弊社からの依頼数が増加し、それに対応するため、A社が数名、雇用保険加入となるような労働条件で直接雇用。
 ※これにより、雇用主をA社とする派遣となる認識です。
・弊社からの依頼時点では、紹介・派遣の区別をつけておらず、実際に就労者が到着して初めて区別がつく。

弊社として、固定の人数で期間派遣契約を結ぶ予定はなく、
あくまでも日々変動する人数で、依頼をかけていきたいというスタンスでいるため、
個別契約の必要記載事項をどのように網羅すべきか悩んでおります。
※そもそもこのような状態で個別契約が結べるのかどうか。。。

適法で、上記のような受け入れが可能となる方法があればご教授ください

投稿日:2020/08/13 13:56 ID:QA-0095730

タガマ三世さん
宮崎県/旅行・ホテル

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

この相談への回答はありませんでした

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
派遣元からの個別契約書が届きません
拠点事務所で、派遣先として派遣個別契約書のとりまとめをしております。(事務職) 各出張所含む事務所にて担当営業が派遣元へ依頼をし、人材を派遣してもらっており、 県外含むそれらの派遣受け入れの契約書の対応をしております。 派遣元から派遣個別契約書が届かず、何度か担当営業を通じて依頼をしても「対応しま...
派遣基本契約に移籍時の紹介契約を記載することの是非
ある派遣会社の派遣基本契約で、派遣社員が派遣先に雇用される場合は、有料職業紹介の手続き(若しくは、紹介予定派遣への切り替え)をして年収50%を支払わなければならないと記載しております。 派遣法33条②では、派遣元と派遣先との契約で直接雇用を禁じる記載はできない となっております。 法律的には、どのよ...
派遣社員の派遣元変更について
当社で勤務していた派遣社員の方が、本人と派遣元(派遣会社A)の間の条件交渉決裂により派遣契約終了となりましたが、その後「派遣会社B」より同じ方のご紹介を受けました。 要件を満たす方であり、当社より派遣元に支払う金額はこれまでと変わりありません。派遣会社Bと契約をすることに何か問題はありますでしょう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 派遣の終了・更新・解除の実務
    スタッフの雇用安定措置にかかわる法律を把握した上で、講ずべき対応とは
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 6. 人材派遣会社の選び方と契約
    人材派遣サービスを利用する場合に企業は、派遣開始から終了までの期間、派遣会社と継続的に良い関係を保っていかなくてはならない。長期的な関係が前提となる人材派遣会社を選ぶ際には、細かい気配りをしてもらえそうかどうか、つきあいやすい会社かどうかなどを、じっくり見きわめていく必要がある。
あわせて読みたいキーワード
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
製造業派遣の2009年問題
現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...