企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15382件   回答数33230

在宅勤務の可否について

いつも参考にさせていただいております。
現在、在宅勤務を約1年間している社員がおります。
在宅勤務をすることになった経緯として、本人の結婚により、遠方の住まい(片道4時間)となることで通勤が出来なくなることが要因です。業務内容としては、HPの作成がメインとなります。

ただし業務上、以下の2点により在宅勤務を解除できないかと考えております。
①在宅勤務では社内外の打合せに不都合が出る。
②HP作成業務のボリュームが減っており、代わりに在宅勤務で可能な業務が見当たらない。

就業規則 在宅勤務規定には、
「在宅勤務を継続する理由、必要性がなくなった場合、在宅勤務による期待効果が得られないと判断された場合、又は重大な管理上の問題点が見つかった場合、会社は本人とも合意の上、在宅勤務を解除することが出来る。」と定めております。

在宅勤務解除とした場合、遠方の住まいの為、通勤不可能となり必然的に退職となってしまいます。

デリケートな問題であり、本ケースを進めることはやはり法的に難しいと考えるべきでしょうか。
アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2020/02/27 11:43
  • ID:QA-0090859
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/27 14:09
  • ID:QA-0090875

代表者

在宅勤務の解除

▼在宅勤務解除は就業規則の定めに基づき行うことが可能だと思われますが、一寸厄介なのは、「本人との合意」いう条件です。
▼在宅勤務を解除した場合の片道4時間の通勤は、原始的に不可能なことを条件とする契約と見做され、契約自体が無効とされる可能性があります。
▼従い、実務的には、本人の転居か、退職かの選択肢しかないでしょう。法的に難しいという次元の話ではないと思います。

この回答は参考になった
参考になった:1名
人事会員より
  • 投稿日:2020/02/27 15:17
  • ID:QA-0090878

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

法的に難しいといえる問題ではありません。

まず、会社の姿勢としましては、業務上在宅勤務を継続するメリットがなくなったのであれば、就業規則に規定に従い、それを解除するのは労務管理上当然の権利であって、法律的にどうこういう問題ではありません。

ただし、本人の同意が必要である以上、在宅勤務の置かれている現状、会社としての評価を説明し、どうしても在宅勤務にこだわり4時間の通勤が困難というのであれば、最終的には退職・転職を勧めることになります。

その際、何らかの救済措置も含めて話し合う必要もあるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2020/02/27 20:08
  • ID:QA-0090895

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則にも定められている通り、「本人との合意の上」で解除される事が必要です。元来在宅勤務とは会社が事情に応じて任意で認め、解除される勤務形態のはずですので、「本人との合意の上」といった文言は明らかに余分であったといえます。さらに、本人の結婚といったような個人的な事情で通勤不可能という事でしたら、そもそも在宅勤務の許可自体を慎重に判断されるべきであったといえるでしょう。

しかしながら、必要性の乏しい業務にこのまま変わらず就労させ続ける事はやはり避けるべきですので、当人に事情を真摯に説明された上で、例えば勤務時間の短縮や退職になった際の退職金等での優遇措置を示される等、一定の譲歩をされる事で解決を図るのが現実的な対応といえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
在宅勤務について
質問があるのですが、事務職の社員でヘルニアを発症し病院より、1ヶ月間の在宅勤務が望ましいとの診断書を頂きました。 本人、会社の同意の上、在宅勤務をする運びとなりましたが弊社では、規程等にも在宅勤務の運用ルールがないため、注意する点、必要な事項等があれば教えていただけますでしょうか?
在宅勤務の許可について
当社で、在宅勤務制度を開始する予定です。 規程は作成したのですが、実際に在宅勤務が許可された社員に、 通常どのような書類を提出してもらうべきか、それにはどのような項目をいれたほうがいいのか、アドバイスをお願いします。
在宅勤務に関して
在宅勤務に関して 弊社では 特に在宅勤務を制度として持っているわけではないのですが 今回特例で勤務のスタッフを採用することを検討しています。 勤務時間等に関しては 現在裁量労働制を導入しているので対応が可能かと考えますが 社会保険等に関しては加入が必要となるのでしょうか? また、在宅勤務として...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
テレワーク《メリット・デメリット》
多様な働き方を実現する上で、働く場所や時間の制限を受けない「テレワーク」の導入を検討する企業が増えています。2020年のオリンピックに向けて、ますます導入が加速していくでしょう。テレワークの代表的なものとしては、在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィス勤務が挙げられます。ここでは、それぞれのメリ...
コワーキング・スペース
「コワーキング」(CoWorking)とは、独立して働くフリーランスや起業家、企業に所属していても働く場所を自由に選択しながら仕事をするノマドワーカーなどが事務所設備や会議スペースなどを共有し、それぞれの仕事を行うワークスタイルのこと。そういった働き方を支援する共有オフィス環境およびそれを提供するサ...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...