企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

業務委託事業のスタッフの雇用について

現在弊社では、行政事務の業務委託を受託し、行政当局と5年間の契約で事務を運営しております。スタッフは管理者を除き現場のスタッフ契約社員で運営しております。

が、受注調達は入札によるものであり、次回の調達の段階、あるいはその次の調達時に落札できなかった場合、当社としては事業の終了となりスタッフの雇い止め(解雇)を余儀なくされます。

当然ながら…
 ①事業の失注に伴う経緯の説明
 ②次期受注者への継続雇用(転籍)の要請
 ③継続雇用者の労働条件維持の次期事業者への要請
などを適切至当におこなうことは言うまでもありませんが、そのような形での雇い止めは可能かと思いますがいかがでしょうか?
これが違法とすれば業務委託そのものが不可能となるわけですが、社内で違う意見もあり確認させていただいている次第です。

というのは、次回受注した段階で5年無期転換社員が発生することも考えられるため、その“社員”も含めた解雇・転籍が発生する可能性があるためです。
事業終了(閉鎖)の場合、雇用形態の如何に拘らず、転籍による雇用継続の努力をすることで雇い止め可能となると理解しているのですが。

尚、当社の本業はシステム会社であり、当該受託事業に携わるスタッフの配置転換は事実上困難であることを付言しておきます。

以上、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

投稿日:2020/01/14 15:49 ID:QA-0089622

みきたかさん
長崎県/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通常雇い止めとは、有期雇用契約社員を期間満了に伴って契約終了に至らせる措置を指しているものになります。

従いまして、無期雇用へ転換された社員に関しましては、もはや雇い止めの概念は適用されないものといえます。

しかしながら、有期・無期といった雇用形態に関係なく、事業閉鎖等等やむを得ない事情による雇用契約の終了(=解雇)については、現実問題としまして避け難いものといえるでしょう。

その場合の合法性については、ご認識の通り対象者への丁寧な対応や雇用継続の努力等総合的な事情から判断されることになります。すなわち、無期雇用社員であればどのような事情があっても解雇は違法となるといった考え方は明らかに誤っていますし、あくまでケースバイケースで判断されるものとして理解されるべきです。

投稿日:2020/01/15 17:58 ID:QA-0089663

相談者より

ご回答、ありがとうございました。
雇い止め…は舌足らずにて失礼いたしました。
有期雇用に関する雇用終了≒雇い止め…と理解しております。
無期転換も含む社員、所謂正社員も含め、事業消失においては解雇せざるをえず、但し、合理性ある丁寧な作業を踏まえることが必要だと理解しました。
無期転換が発生する場合、業務職種限定、事業の失注の場合は…等を覚え書き等で残す、あるいは別途就業規則等に明示するなどが必要かと思われますが、いかがでしょうか?
ご教示賜れば幸いです。

投稿日:2020/01/16 08:39 ID:QA-0089680大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、そうした事項については無期雇用転換社員に限られたものではございませんので、既存の就業規則に定めがあれば改めて追加する必要性まではないものといえます。無期雇用転換社員にのみ適用する規則を別途新たに作成するという事でしたら、内容検討の上定められるとよいでしょう。

投稿日:2020/01/16 12:21 ID:QA-0089695

相談者より

重ねてのご回答ありがとうございました。
無期転換スタッフが発生した後の事業失注の場合、無期スタッフが次期事業者へ転籍する際、待遇等の維持については伝達し要望することとなろうかと。
当然ながらどうするかは次期事業者の考え方でしょうが。
また、その次の調達の際、当社が再受託する可能性もありなかなかに複雑です。

投稿日:2020/01/16 13:13 ID:QA-0089699大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

大黒柱を守りつつ、ジャンプアップの機会を

▼最善を尽くしても、尚、継続雇用が困難となる現実的の可能性から逃れる訳には行きません。
▼社内の異論には、謙虚に、耳を傾ける必要はありますが、効果的な解決策を伴わなければ、所詮、反対の為の反対ということなります。
▼外に向けては、受注量確保に向けての最善の努力継続、内部的には賃金切下げも辞さない厳しい措置が実態として存在すれば、雇止めも止むを得ません。
▼せめて、大黒柱であるシステム分野を揺るぎのない状況を維持しつつ、業務委託分野で、機会を見てジャンプアップする為の一旦縮小も止むなしという姿勢で、当面、対処するのも有力な選択肢です。

投稿日:2020/01/14 20:39 ID:QA-0089632

相談者より

ありがとうございます。
現実問題として入札不調・失注なった場合の措置については考慮せざるを得ません。
事業部門の撤退、事業所の廃止…による業務限定社員の雇い止め…は諸手順(事前の告知、経緯の説明に始まる)を配置することにより雇い止めはやむを得ない…ということと理解しました。
仰るとおり本体本業を補完する業務として捉えてますが、入札や企画競争による事業の場合、確保できない場合もあり、また事業失注の場合があり、スタッフの確保と雇い止め(移籍等)はついて回る課題となります。
反対…というか心配し過ぎにより、事業確保の機会を喪失する、あるいは営業のマインドとのギャップが生じないよう“反対のための反対”は不都合にて問合せさせていただきました。
地方のシステム会社は業界の動向(クラウド化中央集中化)と地域経済のシュリンクにより本体業務だけでは業容を維持できず縮小再生産の途しかなく、あるゆる事業チャンスを捉える必要がありますので。

投稿日:2020/01/15 08:52 ID:QA-0089641参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
継続雇用に関する助成金について
継続雇用に関する助成金について、質問させてください。  弊社では、以前から定年等の取決めは就業規則等で定めてはいなかったのですが、そういった事業所でも、受給資格はあるのでしょうか。
事業の閉鎖
現在、1つの事業の閉鎖(来年3月)を考えています。 その部門で働いている社員、契約社員、パート全員を解雇することができるのですか。 ご指導お願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
ジョブ型雇用
ジョブ型雇用とは、職務に応じて適切な人材を雇用するという考え方のことです。欧米ではすでにスタンダードな方法として定着していますが、日本では一部の大企業での導入にとどまっているのが現状です。日本では新卒一括採用に代表されるように、採用後に職務を割り当てる人事制度が主流となっています。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...