企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15219件   回答数32799

中途採用者のオンボーディングにおける効果的な目標設定

いつも有益な情報をご提供いただき、ありがとうございます。
今回は中途採用者のオンボーディングについてご教示いただきたく、投稿いたしました。

弊社では、中途採用者の採用が増えており、採用者の入社後の目標設定に悩んでおります。面談などでヒアリングしたスキルを参考に、目標を定めているのが現状です。

しかし、中途入社した社員の様子を見ていると、目標設定が高すぎるのではと感じることがあります。目標期限である月末になると、社員がかなりのプレッシャーを感じている様子が見られるとの報告も受けています。そのため、目標設定が不適切なのではないかと、人事部や管理部門で話題になっています。だからといって、入社後に目標を修正すると社員の士気を下げてしまうため、早期に適切な目標を設定したいと思います。

入社前か入社直後に中途採用者の適切な目標を設定したいのですが、その際のポイントと何でしょうか。
せっかく採用した社員なので、社に定着することを願っています。
お手数をおかけしますが、ご教示いただけると幸いです。

以上、何卒よろしくお願いいたします。

  • どっしり刑事さん
  • 東京都
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2019/12/12 18:46
  • ID:QA-0089083
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/12 19:50
  • ID:QA-0089093

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、中途採用であれば通常特定の業種や職場における即戦力獲得を目的として行われているはずです。

そうであれば、仕事で求められる具体的な実務能力やスキルもある程度分かっているはずですので、そうした現場でのニーズを前もって確認された上で現実に見合った目標設定をされるべきといえます。

文面では、当人との面談などでヒアリングしたスキルを参考にされているという事ですが、それだけでは実際の業務事情にそぐわない目標となりかねません。中途採用であればこそ、特に現場主義による分かりやすい目標設定をされるべきです。

  • 投稿日:2019/12/18 13:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご回答いただき、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:2名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/12 21:31
  • ID:QA-0089100

人事・経営コンサルタント

目標設定

目標設定は会社の責任であり、それを実行するのが管理職の役目です。新入社員は中途といえど、貴社で業務するのは初めてなのですから、どこまでできるか客観的な判断は恐らく誰もできないでしょう。完成された目標設定はそもそも不可能であり、またどれだけ面接を重ねてもポテンシャルや環境要因も影響する目標に正解はありません。
ゆえに入社前の目標を入社後1ヶ月、3ヶ月、半年など定期的に見直し、ファインチューニングをすべきでしょう。管理職の責任においてこうした実情を汲んだ調整を行うようにしてはどうでしょう。

  • 投稿日:2019/12/18 13:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご回答いただき、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:2名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/12/13 10:52
  • ID:QA-0089111

株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

拝見しました。

お世話になります。

投稿拝見しました。

通常、一人一人のキャパは違うので、その人の今までの過去最高の実績より、少し高く設定するのがセオリーだと思います。

まったく違う業種から転職してきて、過去の実績がわからない人の場合は、会社として最低限はやってもらわなければならない数字を目標として提示する感じでしょう。

未経験の分野に対しては、教育やマネジメントは必要でしょうが、いつまでも目標に対して未達が続くようなら、適任者ではなかったという判断せざるを得ないと思います。

モチベーションは、個々の人のキャパに合わせて、少なすぎるわけでもなく、圧倒されるほど大きくもなく、本人がチャレンジできそうと思えるゲームを与えることが鍵だと思います。

  • 投稿日:2019/12/18 13:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変参考になりました。
ご回答いただき、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:2名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
総務部門の目標管理
小さな(社員数70名)電子部品メーカーです。目標管理を導入しようとしています。目標の立て方として「できるだけ評価しやすい目標」を立てるように指導しています。営業部(12名)は「売り上げxxx億、や開発部(10名)は新製品xxx点等、定量的な目標を立てやすいのですが、総務(2名)や経理(2名)は定量的...
目標管理制度における個人目標について
お世話になっております。 人事考課のフィードバックおよび共有について質問がありまして投稿致しました。 弊社では、半期ごと(決算は12月です)に個人別の目標を立てます。 その目標に沿って半期ごとに人事考課を行い、賞与額の査定を行っております。 その目標設定についての質問なのですが、個人ごとに立て...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ラチェット効果
「ラチェット効果」とは、行動経済学で景気が後退しても消費性向が上昇するなど、個人の所得水準が低下しても消費支出は一定の歯止めがかかり、それと同程度には低下しない現象を言います。「ラチェット(ratchet)」は「歯止め」を意味し、例えば工具のラチェットレンチはネジを締めるときに一方向にしか回らず、逆...
MBO(目標管理)
MBOとは、「目標管理」(Management by Objectives and Self Control)のことで、一定期間(通常は半期、または1期)ごとに達成すべき「目標」を設定し、事業や組織の運営に当たるマネジメント手法です。上司からの指揮命令系統によるマネジメントではなく、本人の自主性や自...
OKR
「OKR(Objective and Key Result)」は、直訳すれば「目標と主な結果」という意味のビジネス用語です。目標と達成度を測る指標をリンクさせ、企業やチーム、個人が向かうべき方向とやるべきことを明確にする目標管理手法として知られています。OKRと通常の「目標」とはどのように異なるので...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...