企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15416件   回答数33317

試用期間での解雇

当社は中途採用の場合試用期間を2ヶ月としております。
今回10月に採用した方が1ヶ月半たった現在も全く仕事が覚えられずの状態です。
間違いも多く何度教えても初めて聞きました状態。
営業からも苦情が多く困っております。
総務として本人に話を伺ったところ、「業務内容は見ずに家が近いから応募した。」
「官公庁の契約社員でばかり働いていたのでここの会社のような事務経験はないし全くわからない」など・・・
面接時見抜けなかった上層部にも責任はありますがこのままでは他の社員にも悪いので試用期間での
解雇を社長に話そうと思っております。
試用期間での解雇で注意する点などくわしく教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

  • ミュウミュウさん
  • 熊本県
  • その他メーカー
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2019/11/15 10:21
  • ID:QA-0088431
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/15 22:10
  • ID:QA-0088458

人事・経営コンサルタント

解雇相当事由

有期雇用社員であれば契約期間中の解雇はできませんし、無期雇用の場合は2週間を過ぎれば、解雇相当事由に匹敵する高いハードルとなります。これまでの業務上の瑕疵やそれに対する指導の記録。また能力不足についての反省書など、証拠があれば通常解雇よりは解雇のハードルは低いといえます。それでもそうした会社による再三の指導と本人の能力不足など確認の証拠がなければ、試用期間であっても本人が納得しなければ厳しいでしょう。しっかり指導結果の証拠を重ね、本人を説得して下さい。またそうした基本的素養を見抜けなかった人物が面接をすることについても人事的見地から反省が必要といえます。

  • 投稿日:2019/11/18 08:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/16 16:36
  • ID:QA-0088471

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

試用期間中ですが1ヵ月半を経過してますので、30日前の解雇予告または30日分の解雇予告手当の手続きが必要です。

また、試用期間中であっても、若干ハードルは下がりはしますが、解雇権濫用とならぬよう、就業規則を根拠として、解雇理由をよく本人に説明することです。

できれば、いきなり解雇というよりは、やっぱり難しそうだねということで退職勧奨した方がよろしいでしょう。試用期間中とはいえど、解雇には不当解雇等リスクが伴います。

  • 投稿日:2019/11/18 08:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/11/16 18:30
  • ID:QA-0088474

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則上に解雇事由及び手続に関する定めがあるはずですので、それに基づいて行われる事が不可欠です。また、試用期間中の解雇について別途定めがあればそちらに従うことになります。

そして、たとえ試用期間中であっても解雇される前に会社としましてはきちんと注意指導する義務がございます。御社でも当然なされているとは思われますが、仮にそうした記録等が残されていなければ当人が不当解雇で争う事になった場合、会社側に不利な状況になる可能性もございますので注意が必要です。

  • 投稿日:2019/11/18 09:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
ご本人の都合で入社時期もずれ前任者との引き継ぎができなかったのですがそれを理由にかなり文句はいわれています。(退職した前任者が2週間強教えに来てくれました)
慎重に対応していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...