企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12755件   回答数26580

出向者に対して出向手当の提示のタイミングについて

出向を開始する方に対し、出向前に①協定内容の確認 ②人事取り扱い(就業時間、労働時間、労働日数、休日、食事環境etc)をはじめ、③給与手当て④その他勤怠などの諸手続きなどを説明した上で、出向を開始頂いておりますが、今回、1年単位の変形労働制のお会社で、季節により1日の労働時間が変動になったり、またカレンダーも個別設定というお会社に出向する方がおられます。正確な情報が着任後でなければ入手でいない状況の中で、③給与手当に関する説明が出向後でないとできない という状況です。
質問ですが、出向後に説明することについて、不都合があればご教示お願い致します。事前に同意を得るなど気を付けておくことがあれば併せて教えていただけないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • P‐yukoさん
  • 大阪府
  • 電機
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/02/14 14:30
  • ID:QA-0074884

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/02/15 11:20
  • ID:QA-0074894

代表者

変形労働を含む労働条件未定のままでは、「出向元・出向者の合意」は有効に成立しない

▼ 出向関係が成立する為には、「出向元と出向先の出向契約」と「出向元に対する出向者の合意書」が必要です。最大のポイントは、出向者の合意対象となる「当該出向の命令が、その必要性、対象労働者の選定に係る事情その他の事情に照らして、その権利を濫用したものと認められるか否か」にあります。
▼ 上記要件が使用者の権利濫用と認められる場合には、当該命令は、法的に無効とされます(労働契約法第14条)。変形労働を含む労働条件も、権利濫用か否かを判断する為の欠かせない要件の一つです。依って、これが欠落したままの出向者合意は、法的に認められないというのが、筋道です。
▼ 但し、出向後でないと説明できない止むを得ない事情があれば、出向者の合意書に「出向後、提示された労働条件が受入れ難い場合には、出向者は、合意を取り消すことができる」旨を明記することが、現時点における妥当な措置だと考えます。

  • 投稿日:2018/02/15 18:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。不明確な部分を今一度確認するようにします。
コメント頂いた内容は大変勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/15 17:57
  • ID:QA-0074909

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、1年単位の変形労働時間制であっても、給与や諸手当については出向先会社の賃金規程で定められているはずです。それ故、事前に分からない・説明できないという状況は通常考え難いものといえます。

対応としましては、まず出向先会社に対し賃金規程に基づいて出来うる範囲内での事前説明をきちんと依頼すべきです。その上で説明が困難となる点があるという事でしたら、その内容項目及び事前に説明できない理由を明確に回答してもらうべきといえます。給与・手当につきましては最も重要な労働条件になることから、その辺が不明瞭な対応ですと出向者への不信感を招きかねませんので、納得が行く説明を得られる事が大変重要です。

  • 投稿日:2018/02/20 11:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご返信が遅くなり失礼いたしました。ご回答ありがとうございます。年間の理論値で運用されている事がわかりました。時期や天候により一日の勤務時間が変動することもあるようですが、年間の理論値内できっちり管理されていることも確認できました。
アドバイスありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/02/16 09:45
  • ID:QA-0074919

人事・経営コンサルタント

契約

業務として出向する以上、相手先との契約があると思います。本件はそうした契約で盛り込まなければならない基本事項が未定ということになり、これでは契約が成立できません。期日を急がせられているのであれば、それは重要な事項を未確定である相手先の責任であり、十分な確認が取れずに出向のような重要な判断を進めるのは、無契約で取引するのと同様と言えるでしょう。
出向が多い仕事であれば、なおさらコンプライアンスは重要ですので、その点は譲るべきでないと考えます。

  • 投稿日:2018/03/08 16:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご返信が遅くなり申し訳ありません。
今回専門家の皆様よりご回答頂き、改めてこの出向に関する労働契約の奥深さを一層学ばせて頂きました。 お陰様で、出向先への確認も完了し、無事に4月より出向を開始していただく準備が整いました。 アドバイスありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
出向者の時間外労働賃金について
出向者の時間外労働賃金ですが、これは出向先・出向元どちらが支払いをするものでしょうか。 出向元(7時間半)と出向先(8時間)に所定労働時間が違うため、この差額については出向元の支払いと認識していますが、所定労働時間後の勤務に対しては出向先が支払うのではと思います。 ご教授頂きたく宜しくお願い致しま...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
19卒採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

20代優秀層の採用ならキャリトレ
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:05/01~05/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「処遇」から「目標達成」へ<br />
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

「処遇」から「目標達成」へ
~人事考課における「目標管理」の重要性とは?

人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく...