企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13206件   回答数27653

グループ会社の社員を合わせると50人以上の事業所になる

当社はホールディングが100%出資の会社で事業場の社員40名の会社です。ある事情によりグループ会社(同様にホールディングが100%出資)の社員30名が当社の事務所で仕事をするようになりました。今まで当社は事業場社員50名未満の会社のため、安全管理者、衛生管理者産業医を選任しておりませんでした。しかしながら、別法人とはいえグループ会社の社員を合わせると事業場が50名以上の会社となってしまいます。このような場合の安全管理者、衛生管理者、産業医を選任はどうしたらよいのでしょうか。

  • 投稿日:2017/10/04 10:41
  • ID:QA-0072773

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/10/04 11:08
  • ID:QA-0072775

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、出向されている社員につきましても安全衛生管理の対象となります。

従いまして、単に一時的な出張で来られているのではなく、出向として勤務されている場合ですと従業員数に含める必要がございますので、各々選任される事が求められます。

  • 投稿日:2017/10/04 11:35
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

ご回答ありがとうございます。出向ではなく就業規則、賃金規程、勤怠管理者‥等異なるグループ会社の社員が同じ事務所で仕事をしている状況です。当然36協定も別で労基署へ提出しております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/05 15:32
  • ID:QA-0072791

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

たまたま、フロアーが同じ場所に、別法人の社員が仕事をしているだけということであれば、別カウントとなりますので、産業医専任は不要です。

同一法人の中での、事業場単位で50名以上かどうかで判断します。

  • 投稿日:2017/10/05 16:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

明快なご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/10/05 15:51
  • ID:QA-0072792

代表者

労働法の観点からは、個別の事業者として対処することが必要

▼ 労働安全衛生法は、個別企業における最少管理単位の取扱面で、事業所毎の場所的問題、規模的問題に関して可なり弾力的な運用を認めています(同一事業所の場所的分散や事務能力の欠落などの場合)。
▼ 然し、どれだけ密接な同一グループ内企業と雖も、労働法の観点からは、所詮、「別法人」、「別事業者」して扱われるます。蓋し、事業者の雇用責任に鑑み当然のことだと思います。その上で、手間は掛っても、個別(ホールディング)企業毎に、措置を講じることが必要です。

  • 投稿日:2017/10/05 16:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

明快なご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
会社の敷地内で起きた損害
会社の駐車場に停めてある社員の車が、強風で、飛ばされてきた物体に、傷つけられてしまいました。(軽傷ですが) この場合、社員は、車の修理代を会社に請求できるのでしょうか? また、会社は、その社員の車の修理代を、支払わなければならないでしょうか?
36協定について
「事業の種類」および「事業の所在地」が同一ですが、部署名が異なる3部署があるとします。   (会社名は同じで、●●会社 A工場、●●会社 B部、●●会社 C室) その場合は、3部署をまとめて届出をすれば良いと思っていますが、「事業の名称」は、どのように記載すればよろしいでしょうか?
衛生管理者の選任について
いつもこちらの掲示板を参考にしております。 今回は、”これは世間ではどうなのだろう”という質問になります。 私が今の会社へ出向した際、ちょうど前の衛生管理者が辞めてしまいました。そこで自分で勉強して資格を取得しました。 ここままでいいのですが、会社の衛生管理者になるにあたり、手当は出ないと言われま...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
  • 坂本 光司さん:“社員を“幸せ”にする企業経営のあり方とは
    ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者である、法政大学大学院・坂本光司教授は、企業経営とは「社員とその家族」「社外社員とその家族」「現在顧客と未来顧客」「地域社会・地域住民」「株主・出資者」の五人を幸せにすることだと説かれています。今回はこの中から、坂本先生が第一に幸せにしなければなら...
  • キャリアコンサルタントの仕事に興味を示す求職者 グループ内に人材紹介会社が設立された企業
    求職者が人材紹介会社を利用する最大のメリットは、キャリアコンサルタントの客観的な意見を聞きながら具体的な転職情報を入手できる点である。求職者が無事転職に成功した際には、「ありがとう」と言われることも多い、キャリアコンサルタントという仕事。求職者の中には、「自分もやってみたい」と思うようになる人もいる...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

リクナビHRTech 表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

ビジネスの世界では、「グローバル化」が急速に進んでいる。このような状況...