企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15397件   回答数33255

研修期間中の交通費の取扱い

 いつもありがとうございます。
 5月に入社します社員が半年間本社にて研修を行い、
社宅から本社まで交通機関を利用して通勤となります。

その際の通勤費の取扱いは
 ①通勤手当として給料と一緒に支給
 ②交通費として精算
のどちらのほうがいいのでしょうか。

お忙しい中申し訳ございませんが、ご教示いただきたく
よろしくお願いします。 

  • ****さん
  • 大阪府
  • 機械
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/04/26 10:41
  • ID:QA-0070301
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/04/26 12:40
  • ID:QA-0070305

株式会社ベネフィット・ワン ヒューマン・キャピタル研究所 所長 千葉商科大学会計大学院 教授

研修期間中の通勤交通費の取り扱い

<会社の負担額>
 都度精算ではなく、6か月定期券を支給するのが、事業主のコストが最も安くなります。JRの場合は、6割引きとなりますので、週3回以上通勤するのであれば、定期券の方が割安となります。

<支給方法>
・本人が4月中に6か月定期を立て替え購入。定期券代相当額を5月給与で支給
または
・4月中に給与とは別に時期に定期券代相当額を支給。本人立替不要
<税務>
通勤交通費は、従業員にとっては、月あたり15万円まで非課税です。

他の特別な事情がなければ、検討に値する取り扱いと思われます。最終的には税理士様とのご相談のうえご決定いただけますよう、よろしくお願いします。

  • 投稿日:2017/04/28 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもありがとうございます。
定期券の購入で進めていきたいと思います。

お忙しい中、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/04/27 20:37
  • ID:QA-0070333

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、たとえ研修であってもその半年間については本社が勤務先であって、実態としては一般的な通勤という状況であることに変わりないものといえます。

従いまして、御社就業規則で特別な定めのない限り、通勤手当として支給されるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/04/28 09:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもありがとうございます。
通勤手当として支給していきたいと思います。

お忙しい中ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...