企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数15075件   回答数32395

役員の出張時の交通費、宿泊費、日当について

出張時の交通費、宿泊費、日当についての質問です。

【前提】
・出張旅費規程があります。
→役職別の空路、新幹線、特急、宿泊費、日当の金額、条件を規定(記載)しています(よくネットで記載のある金額程度です)。
→実費で支払う規程(記載)はありません。
→会社への領収書の提出などの規程(記載)はありません。
・代表と相談役それぞれ1名ずつの会社です。
・株式会社です。
・実費は出張した者が立て替えて支払い、後日精算。

出張の際の精算(支払い)金額について教えていただきたいです。
上記条件の中で出張報告書を作れば領収書がなくても規程範囲上限の金額を支払うことは税法上(税務署の監査の際)問題ないのでしょうか?

例えば、、、
①新幹線(東京→博多を普通指定席利用)を利用
旅費規程:グリーン車可
実費:23,150円→普通指定席料金
精算金額(出張者への支払額):30,080円→グリーン車料金

②宿泊費
宿泊規程上限:10,000円
実費:8,000円
精算金額(出張者への支払い額):10,000円

併せてこの時の出張報告書はどのような内容を記載しておく必要がありますか?
今時点で考えているのは日付、交通機関別の移動場所(駅名)、利用交通機関、宿泊地、金額、出張訪問先、出張目的です。
足りないものがあれば教えていただきたいです。

モラル、倫理観などについては無視していただいて結構です。
法律、税務上の範囲内での回答をお願いします。

  • 小さな会社社長さん
  • 静岡県
  • 販売・小売
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2017/03/29 16:39
  • ID:QA-0069899

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/03/30 12:08
  • ID:QA-0069911

代表者

出張規程記載の費用限度は目安で、本来は、全て実費が原則

▼ 先ず、出張旅費は、会社の販売費及び一般管理費なので、原則として、実費、且つ、証憑の提出が必要です。従って、人件費(給与)の入込む余地はありません。
▼ ご質問に限って回答いたします。
① 新幹線 ⇒ 規程でグリーン可であっても、普通利用で、料金が安くなれば、その実費を支弁すべきです。
② 宿泊費 ⇒ これも同様、証憑に基づき、実費清算とすべきです。
▼ 出張報告書の項目に就いては、企業に依り幅がありますが、列挙されているもので、略、十分だと思案致します。
▼ 因みに、ご質問の延長線上にある、日当は、通常、定額化されている場合が多く、その本質は、出張に伴い発生する小口の諸雑費上に非課税とされています。実務的煩雑さを避けるため、証憑類は免除されているのです。
▼ その殆どは、出張しなくても個人が支出するもの(例えば、昼食代、新聞、週刊誌)なので、本来支給不要という議論も根強く存在します。支給する場合でも、妥当性を欠くような多額な日当は、当然、給与所得(経済的利益)として課税対象とされます。
▼ 尚、役員だからと言って、税務上の斟酌はありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出張手当について
出張手当の一般的な金額と処理方法
遠隔地研修時の日当金額について
通常の業務における出張日当金額と、遠隔地研修(出張扱い)時の日当金額に格差をつけることに問題はないでしょうか。
国内出張について
お世話になります。 現在、国内出張旅費規程の見直しをしています。国内出張というのは、近距離の外出についても含まれていると考えてよいのでしょうか。日帰り出張の日当について、外出の場合と遠方の場合を分けていますので、規程の条文も、外出が含まれるものについては、外出および出張としなければならないのではない...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

医療費控除
「医療費控除」とは、会社員が一定額以上の医療費を支払った場合に、税金の還付を受けられることをいいます。企業に勤めていると自分で確定申告の手続きを行わないことが多いため、医療費控除という言葉は知っているが詳しい内容はわからない、という人も多いでしょう。ここでは、人事として知っておきたい、医療費控除の基...
源泉徴収
「源泉徴収」とは、企業などの事業者が従業員の給与や報酬から一部を差し引き、従業員に代行して税金を納めることをいいます。お金の出所(=源泉)が直接税金を支払うために「源泉徴収」と呼ばれ、多くの企業がこの制度を採用しています。
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 残業削減、隠れ残業にはタイムクリエイター
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?<br />
 改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」の狙いは何か?
改正により派遣先企業に求められる対応を考える

2015年9月施行予定の「改正労働者派遣法」により、これまでの派遣労働...