企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12131件   回答数25117

入館証の紛失対策につきまして

弊社では客先に常駐して作業を行う業務があり、入館証を貸与頂いております。
そして残念ながら、年数度紛失事故が発生しております。
指導の徹底等ではお客様がご納得されないこと、また人が管理する以上完全に防ぐことは難しいという観点から、別アプローチを考えています。
つきましては以下の案について
 ①他にメリットやデメリットがありましたらご教示下さい
 ②導入事例やその効果がありましたらご教示下さい

○案1
館内にダイヤル式ロッカーを借り受け、そこに格納し台帳管理を行う(1つに複数人利用の想定)

メリット
 ・入館時、退館時に確認することになるため、紛失場所・時間が限定される

想定されるデメリット
 ・入れ忘れ、台帳記入忘れを防止することはできない
 ・離任者も開けられてしまうため、定期的な番号変更が必要

○案2
一定距離離れるとアラームの鳴る機器を導入する

メリット
 ・二重防御となるため、より紛失リスクが減る
 ・スマートフォンやPCの場合は機器の接続でロック解除を行うツールもあるため、
  紛失時の不正利用も防止できる

想定されるデメリット
 ・導入コスト
 ・電池切れ、故障によるリスク増・レスポンス悪化


人事・労務に留まる話ではなく大変恐縮ですが、
ご意見を頂ければと存じます。
宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2017/02/17 14:19
  • ID:QA-0069320
専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/02/17 22:58
  • ID:QA-0069328

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、こうした物品の紛失に関しましては、いかなる手段を使っても技術的に完全防止する事は不可能といえるでしょう。

従いまして、いずれの案であっても一長一短ですし、こちらで判断出来る事柄でもございませんので、結局は現場事情とコスト面を考慮して判断されることが妥当といえるでしょう。

こうした事よりも重要であるのは、使用する従業員のモラール面といえるでしょう。つまり、紛失が度々発生する状況であれば、従業員が入館証の重要性を軽視し、取扱いを疎かにしていることが最大の原因ではと考えられます。顧客から貸与されているものですので、そこで勤務している社会人としては余りにお粗末な行為といえるでしょう。それ故、単なる注意・指導のみにとどまらず、顧客からのクレーム案件となっている旨を重視された上で、今後紛失者に対しては人事評価でマイナス査定としたり、状況によっては制裁を科したりといったより厳しい対応を取られることが重要といえるでしょう。

  • 投稿日:2017/02/21 17:10
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
モラールの強化、マイナス評価は自社内で行ってはおりますが、再発防止策にはならないとのご指摘を受けることがあり、人による管理以外の方法が使えないか引き続き検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/02/20 22:50
  • ID:QA-0069345

人事・経営コンサルタント

コストパフォーマンス

本来の意味でのコストパフォーマンスの問題かと思います。今個客から求められる管理責任や信頼について、「案2」のような施策で発生するコストに見合うのであれば投資すべきですし、そこまで投資するほど価値が無いという判断であれば見送ることになります。損の判断は貴社の経営判断です。

ビタ一文経費を支出しないで防止する方法はなく、また人間が介在する以上絶対にゼロにすることも不可能です。やはり教育による意識徹底が他社などでは図られていますが、教育にかかるコスト、それを受けるコスト(勤務時間中に行うため)なども発生します。いずれにしましても、貴社としてどこまでコストに見合うとお考えかどうかで判断できるのではないでしょうか。

  • 投稿日:2017/02/21 17:15
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。
セキュリティ事故から契約解除に至る場合もあり、どこまでコストをかけるか、教育と対策費用のバランスをどう取るか、引き続き検討したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 最近増えている「BYOD」で企業が講じておくべき措置とは
    最近、「BYOD(Bring your owndevice)」という言葉が注目されています。本記事では、特定社会保険労務士の岩崎 仁弥氏が、「BYOD」をめぐる現状、企業における導入状況、潜むリスク、導入に際しての留意点などについて解説。また、すぐに活用できる書式も掲載しています。
  • 業績連動型賞与制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5年以内における変更・見直し状況などについ...
  • 管理職が置かれた「現状」
    経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...