企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15219件   回答数32799

定年退職の退職事由

退職の事由には、「会社都合退職」と「自己都合退職」がございますが、定年退職の場合、どちらの退職事由に該当するのでしょうか。現在、退職金支払いの処理をしており、この疑問に至りました。退職金を支給する際、弊社の会社規定により、会社都合退職の場合は、勤続年数にかかわらず、100%の退職金が支給されます。一方、自己都合退職の場合は、勤続年数に応じて、60%、70%、80%、90%と段階を経て、勤続15年以上の社員については、自己都合退職であっても100%の退職金が支給されます。弊社では、離職率が大変低く、私が人事を担当してからは、自己都合退職者についても、勤続15年以上の社員しか扱ったことがなく、必然的に100%の退職金を支給する手順となり、何の問題もございませんでした。ところが、この度、定年退職を迎える社員が、勤続3年未満ということで、定年退職を「会社都合退職」と見なすならば、100%の退職金が支給されますが、定年退職が「自己都合退職」とみなされるなら、60%の退職金が支給されます。残念ながら、弊社の会社規程には、このような場合の定義が記載されておりませんでした。一般的に、あるいは、法律的に、定年退職の退職事由の定義はございますか。お教えいただけましたら、助かります。宜しくお願い致します。

  • 悩む人事担当者さん
  • 大阪府
  • 化学
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2017/01/31 23:09
  • ID:QA-0069045
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/02/01 10:00
  • ID:QA-0069060

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、法律上、「会社都合退職」と「自己都合退職」の定義は明確に定められておりません。

また、定年退職の場合ですと、どちらの都合というわけでもございませんので、いわゆる「自然退職」ということになります。

ただ強いていえば、定年については会社側が定めた事柄であることからも、当然退職金を減額する根拠は無く、それ故御社の場合ですと会社都合に準じた取扱いをされるべきといえます。

  • 投稿日:2017/02/01 13:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答をいただきまして、ありがとうございました。良く理解でました。会社都合としての退職金支払い処理をして良いか迷いがあったのですが、お蔭様で、自信をもって対処できます。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/02/01 10:31
  • ID:QA-0069064

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

定年退職は、会社都合でもなければ、自己都合でもありません。ですから、退職金規程に、それぞれ規定しておく必要があります。

退職金支給自体が、法的義務があるものではありませんので、会社でルール化しておく必要があります。

通常は、定年退職は、100%支給としてるところが大半です。

  • 投稿日:2017/02/01 13:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速の回答をありがとうございました。ご指摘の通り、会社内でのルール化が必要であると実感致しました。退職金規程への追記・改定を行いたいと存知ます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2017/02/01 11:41
  • ID:QA-0069069

代表者

定年退職は、「自然退職」か、「約定退職」

▼ 何らかの法律に依拠する退職事由区分としては、「雇用保険上の退職区分」位のものでしょう。その区分は、ザックリ云って、① 事業所の倒産等による退職、② 定年、労働契約期間満了等による退職、③ 事業主からの働きかけによる退職、④ 労働者の判断による退職の4つになります。
▼ 定年退職も雇用契約に時期は決まっているので、これを「期間の定めのない雇用契約」というのは、厳密にはおかしい訳です。法的定義は定かではありませんが、弊職としては、最も法的表現に近いのは、「一定の年齢に達すると自動的に雇用関係が終了する制度」ではないかと思います。
▼ これを、自己都合、会社都合と同列表現すれば、ソフト的には「自然退職」、ピシッと決めれば、「約定退職」ということになりますかね・・・・・。支給退職金は、会社都合とするのが一般的です。

  • 投稿日:2017/02/01 13:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答をいただきまして、ありがとうございました。「会社都合退職」か「自己都合退職」という2点にこだわり、「自然退職」という考えに至りませんでしたので、大変参考になりました。又、一般的には、支給退職金は、会社都合とする旨、お聞きできましたので、自信を持って処理を進められます。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定年退職時の退職金
お世話になります。 定年退職時の退職金支給について質問させてください。 退職金規定支給表に自己都合、会社都合がある場合、定年退職の場合は会社都合支給でよろしいのでしょうか? 
定年退職について
社員が定年で退職した場合は、一般的な退職をした時と比べて、会社の手続き上、特に何か留意する事はありますでしょうか?
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
競業避止義務
「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。一般に在職中は、労働契約における信義誠実の原則にもとづく付随的義務として競業避止義務を負うとされ、また取締役は会社法365条により、在任中...
ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...