企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

新卒内定者の内定通知書に卒業迄の採用条件を付けることについて

いつもお世話になります。

2点ご質問です。よろしくお願いします。

新卒で当社の最終面接に進む学生で履歴書や応募者アンケート等の字がとても汚く、読めるレベルではない応募者がおります。

営業職希望でコミュニケーション能力は長けているのですが、これでは契約書を書く際に見づらくお客様に迷惑や場合によっては金額や文言など誤って伝わってしまい、業務に支障が出る可能性のあるレベルです。

①最終面接において、当社役員より来年3月までに「ペン習字」をクリアするように話をすることは問題ないでしょうか。

②内定の場合、内定通知書に「来年3月までにペン習字をクリアすること」という条件を付け加えることは問題ないでしょうか(最終面接では、それが出来ないような内定通知書を送りますが断ってください位までの話をする予定です)。

  • newyuiさん
  • 神奈川県
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2016/10/19 09:25
  • ID:QA-0067852

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/10/19 09:59
  • ID:QA-0067855

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、採用する条件については明確な法律違反を除き特に規制はございませんので、ペン習字の件についてはいずれも差し支えございません。

むしろ、正式に内定されてから後に、新たに当該件について指摘し条件をクリアしなければ内定を取り消すと言われる方が問題となります。

  • 投稿日:2016/10/19 10:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

いつもお世話になります。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/10/19 22:39
  • ID:QA-0067869

人事・経営コンサルタント

採用状況

採用は御社の一義的な基準で決まるものですので、習字を義務にすることは問題ありません。ただし内定段階まできて今さら履歴書の字が業務に耐えられないレベルというのは、専攻プロセスに問題ないでしょうか。習字能力が無ければ務まらない業務であれば、応募段階で見切りをつけるか、内定条件としてペン習字を終了させてから内定を出すかです。当然採用状況が良い(御社優位)な環境であれば、可能ですが、逆に採用が厳しい昨今の環境であれば、逃げられる可能性があります。

ビジネスに耐えれないレベルは確かに問題ですが、今や一般的書類は契約書含めPC作成が主流です。営業センスのよい社員を確保する方が難しい時勢だと思いますので、自筆による記入を最低限ですむようなビジネスプロセスもお考えいただくこともあって良いかも知れません。

  • 投稿日:2016/10/20 09:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

とても参考になりました。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
内定通知の時期について
新卒採用で10月以前でも内々定ではなく内定した時点で内定通知を渡して、承諾書を提出させているのですが、採用協定で問題ないでしょうか?
採用内定書をタイミングと10月以降の採用内定解禁時の内定書
今年度大学卒新卒者を6月に採用、採用の旨口頭で連絡済みですが、内定通書を出すタイミングと10月以降の解禁日以降の内定通知書をまただす必要があるかどうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

就活図書館
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...