企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14339件   回答数30473

出張目的による日当支給のあるなしについて

現在、県外へ出かける場合を出張として日当の支給が決められています。
今回、新たに出張の内容によって日当が「発生する」か「発生しない」かを決める動きがあります。
1.研修・展示会・セミナーについては、個人のスキルアップであるため日当は支払わない。
2.県外での会議については日当を支払う。
といったものです。
私の会社の管理者上層部では「会議」は仕事として位置づけられ、研修・セミナー・展示会は個人のスキルアップであって「仕事ではない」との認識です。
諸説あると思いますが、組織の将来的につながるものであるとして「食費」程度の日当を支給する会社が多いと聞きました。
現状ではどうなのでしょうか。

  • ぴろりんりんさん
  • 滋賀県
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2016/10/13 11:38
  • ID:QA-0067784

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/10/13 12:52
  • ID:QA-0067785

代表者

出張目的、出張先に依って日当を不支給とするのは合理性に欠ける

▼ ご質問は、基本問題としての「労働時間」の定義と、個別問題として「出張日当」に分けて考えると理解し易いと思います。
▼ 細かい話は別にして、「労働法上の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令の下に置かれている時間」を云います。従事する労働の種類、内容は問いません。(労基32条)
▼ 従って、個人のスキルアップのための研修、その為の出張も労働時間に含まれ、労務対価や必要経費支弁の対象になり、出張旅費規程に定めがあれば、それに従って出張日当の支給が必要です。
▼ 次に、「日当」は定額支給が多いので誤解されがちですは、本質は、労務対価(賃金)ではなく、出張に伴う証憑免除の少額実費支弁です。税法上も、給与(人件費)ではなく、旅費出張費(営業費)です。出張先(県内、圏外)、出張目的(商談、研修)は違っても、それで差別するのは合理性に欠けることになります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/10/13 19:24
  • ID:QA-0067793

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

まず、重要な会議であれスキルアップ目的の研修であれ、会社が指示し従事させているものにつきましては、一様に労働基準法上では労働=仕事という取扱いになります。

従いまして、仕事で有る・無しといった基準で判断することは法令上は全くナンセンスであるといえるでしょう。

しかしながら、(出張時間分の賃金ではなく)出張に関わる日当を支給するか否かにつきましては、会社が独自の基準で決めても差し支えない事柄といえますので、会議とセミナーといった仕事内容によって支給有無が異なってもそれ自体問題はないものといえるでしょう。

但し、現行いずれも日当支給されているということであれば、不利益の程度が低いとはいえ労働条件の変更に該当しますので、労使間でも真摯に協議された上で見直しされるべきといえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/10/13 22:52
  • ID:QA-0067800

人事・経営コンサルタント

統一性

貴社が就業規則、旅費規程として決めるものですから、支給不支給自体は自由に定めることができます。ただしご提示のような「スキルアップ」という不明瞭な理由をその都度判断するのは運用上非常に危険で、トラブルのもとになり得ます。一般的には個人の意思で参加する研修ではなく、会社の指示で参加を義務付ける「業務」だと思われますので、内容には関係なく日当を出す決まりであれば支給にするのが無難でしょう。一番恐れなければならないのはあの人は支給で自分はダメ、上司は遊びのような接待ゴルフ旅行で支給・・・といった反発を呼ぶことです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
日当について
当社では、100Kmを超えた出張について、日当を支給しております。 そこで以下、ご教示いただけますでしょうか。 ①休日(例えば土曜日)に、出張を命じた場合、休日労働手当と日当を両方支給しなければならないのでしょうか。 ②①については、優先順位というものは決められているのでしょうか。 それともあ...
長期出張時の日当は課税対象になるか
当社では出張時に宿泊費とは別に日当を支給しています。(2~5千円/日)ただ、工事現場への出張などで期間が数ヶ月に及ぶ場合もあります。この場合毎日支給している日当は所得税の課税対象になるのでしょうか。もしなるとしたら、どのくらいの期間までは非課税扱いにして差し支えないでしょうか。よろしくお願いします。...
国内出張時における日当計算について
当社では出張時の日当計算は、通勤定期を持っている場合  通勤経路より出た時点から通勤経路に戻る時点までを出張時間として計算し日当を支給しています。  この支給方法でよろしいでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 社員研修・人材育成の実務(5)研修会社の選び方・付き合い方 、外部講師の探し方
    多種多様な研修会社の中から、自社にぴったりのパートナーを選ぶ秘訣とは?
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
  • 今、求められるマネジメント・管理職研修とは
    管理職に対する研修ニーズが高まっている一方で、管理職の多くがプレイングマネジャーであり、研修・育成の時間が持てないという矛盾した問題を抱えている。ここでは「あるべき姿」と「現状」のギャップを埋める管理職育成の取り組みを紹介する。

あわせて読みたいキーワード

立ち会議
「立ち会議」とは、文字どおり、参加者が立って行う短時間の会議や打ち合わせのこと。「スタンディング会議」「スタンドアップ・ミーティング」とも呼ばれます。あらかじめ会議室などを確保してメンバーを招集するやり方ではなく、必要な関係者が必要に応じてオフィスの一角に集まり、起立したまま時間を区切って、必要な要...
トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説



インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...