企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12317件   回答数25521

間接部門への業績反映について

お世話になります。

人事考課についてご質問なのですが、
本業の業績に直接関わらない間接部門(例えば総務などの事務職)の評価を行う場合、
業績部分の評価はどのように反映させればいいのでしょうか?

例えば、業績が悪かった場合、製品を開発した開発職や、販売した営業部門などは、
評価が悪くても、比較的、当人たちも納得性があると思うのですが、
一般的な事務職やルーティンワーク作業者の場合、
業績の反映はどうすればいいのかと思いまして。
極端ですが、通常の評価の場合「B」なのに
業績の関係で「C」にしなければいけないのでしょうか?

逆に、間接部門にも業績を反映させる方法で良い方法はありますでしょうか?

私が考えるに、反映は賞与で、Bだけど支給額は前回より下げるというのがいいのかと思うのですが。

ご教示頂ければと思います。
よろしくお願いします。

  • hamatakさん
  • 群馬県
  • 機械
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:評価
  • 投稿日:2016/02/12 08:22
  • ID:QA-0065151

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/02/12 10:04
  • ID:QA-0065155

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、間接部門の人事評価にどの程度業績結果を反映させるかについては会社の運営ポリシーや業務事情等によっても大きく異なりますので一概に決めつけられないものといえます。

その上で申し上げますと、まずは御社の実情を踏まえた上で、間接部門の人事評価要素及びその比重及び基準を明確に規定される事が不可欠です。おっしゃるように、反映を賞与だけに絞りたいという事でしたら、人事評価規定上で通常査定の要素に含めなければよいでしょう。

ちなみに、間接部門であっても会社業績と全く無関係の仕事をしているわけではございませんので、その辺りも十分考慮された上で検討される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2016/02/15 18:24
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答いただきありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/02/16 21:18
  • ID:QA-0065177

社会保険労務士法人SRグループ 代表

評価の評語と賞与額について

制度の詳細についてはわかりませんため一般論ではありますが、以下ご参考までにご確認ください。

まず「業績を反映させる」といった時に間接部門の業務の達成状況にも会社業績悪化の責任の一端がある、と考え個人の「A」「B」「C」などの“評語”に反映させることと、間接部門も含む全社で痛みを分かち合うという意味で賞与の金額面に反映させることでは、考え方は異なります。

例えば、個人をみた場合には、求められた業務は達成出来ているため「B」評価が適性と思われる場合に、会社業績に合わせて「C」評価としたとき、長期的に見た場合に業績に応じてその人の評語の意味(重み)が変わってしまい、個人としての評価がどうであったのかがわかりにくくなる恐れがあります。

評価としての評語は個人の達成度合に応じて決定し、賞与額については例えば会社業績の「C」評価の場合の金額を「B」評価で支給する、などの方法をとるケースがあります。
こちらのケースでは、評価(評語)自体は業績を加味しているわけではなく、個人の目標等に対する達成度に対して評価しつつ、金額で業績を反映する形となり、間接部門にも一定の納得感はあるものと考えます。

  • 投稿日:2016/02/17 10:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。
「重みが変わってしまう」まさにおっしゃられる通りだと思います。
業績が悪いのだから評価も厳しくという会社の意向も
分からなくはないのですが
業績の関係で退職者も多いことから、
悪く評価してモチベーションが下がってしまったら
どうしようという葛藤が評価する側にあるようです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
業績賞与の支払いについて
いつもお世話になっております。 業績賞与の支払についてご教示下さい。 次のような運用をする場合、 1月~6月の業績によるもの → 当年12月支払 7月~12月の業績によるもの → 翌年6月支払 ”支払日に在籍していなければ支給しない”という条件をつけて差し支えないでしょうか? 退職時にはす...
人事考課 給与への反映方法
初めての人事考課なので教えてください。 各々の評価をどのように給与に反映させていったらよいか教えてください。現在個別の業務評価書に自己評価と上司評価をもらっています。評価は5段階で行いました。 今までは、これらを提出してもらっても、最終的な昇給率は経営陣の判断に委ねられていました。今回からは、誰...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 評価制度の実際
    人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
  • 人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
    目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
  • 松井証券株式会社 社員の主体性が「人事評価」を決める
    昨今は日本的な終身雇用や年功序列などを見直し、個人の能力や成果による評価を重視する企業も少なくない。社員の働く意欲をどのように高め、どう評価するかが今後重要なポイントとなってくるだろう。「年俸制」と「360度評価」を導入し、年齢に関係なく活躍できる仕組み作りを行っている、松井証券にお話をうかがった。...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立 企業の“生の声”が聞ける
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>従業員サーベイの実態調査

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



女性活躍推進特集

数ある多様な働き方の実現を支援するソリューションの中でも、特に女性の働き方に焦点を当てたサービスやセミナーをご紹介いたします。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...