企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

社員への貸付金制度

はじめまして。

新卒採用において、シンガポール政府が出している奨学金(BOND)への対応について
ご相談させてください。

これからシンガポールでの外国人採用を検討しております。いろいろ確認したところ、
シンガポールの大学に通う学生は、シンガポール政府が出す奨学金を受けている場合があり、
その場合、卒業したらすぐにシンガポールで働く必要があるようです。
卒業後すぐにシンガポール国外にでて働きたい場合は、
学生が奨学金を全額一括で政府に返済するか、無理なら、別途(会社などが)立て替えて政府に
支払(預け?)10年以内にその対象者がシンガポールに戻り3年間勤務すれば奨学金が帳消しに
なるようです。

シンガポール採用で、もしBOND保持者に合格通知を出すことになったら、
すぐに対応がせまられることになるため、予め社員への貸付金制度の規程の作成を検討しています。
(現在、社員への通常の貸付金制度はありません)

以下ご質問です。※長文申し訳ありません。

①早急に制度化したいと思っていますが、貸付対象者としては海外奨学金保持者などと
 限定した方がいいでしょうか?
 ※規程の目的が福利厚生とは異なり全社員対象というわけではないのが難しいところです。

②金額上限
 貸付金上限は決めておくべきでしょうか?
 BOND金額は高いと1000万円近くになると聞いております。
 もしずっと日本にいて返済していく場合、完済まで何十年とかかりそうです。
 基本的には、将来的にシンガポール勤務を予定にしておりますが、
 仮にご本人が日本が気に入りずっと日本にて勤務を希望される場合は、
 当社からの貸付金を完済するためやめたくてもやめられない?状況になる可能性もあるかと思います。

③返済方法・返済額
 仮に基本給の10%を毎月給与天引きにする、などをイメージしておりますが、
 内容や金額が特殊のため事例などありましたらご教示ください。

④保証人
 採用前の内定者への貸付決定の場合保証人は必要となるのでしょうか?
 必要な場合、保証人は個人となりますか?(個人の場合、金額が大きいだけに難しいです)

⑤対象者の退職・休職(収入が無い)時の対応
 対象者が貸付金返済前または3年間のシンガポールでの勤務完了前に退職/休職する場合、
 会社としてはどのような対応をとるのが一般的(良い)でしょうか?
 退職時にその時点での残金を一括返済はご本人にとって難しいと考えます。

⑥利息
 利息有無についてできれば事例をご教示ください。ある場合何%くらいが妥当なのでしょうか?
 (そもそも会社として社員に利息をつけて社員貸付をしていいのでしょうか?)

⑦報告義務
 この場合、社員全員に該当する内容ではないですが労使協定など必要でしょうか?
 また、規程化した際は労働局などへの規程提出は必要でしょうか?
 
⑧文書
 貸付時に必要となる書面については、どういう内容になりますでしょうか? 

たくさんの質問となり恐れ入りますが、ご教示のほどよろしくお願いいたします。

  • セリさん
  • 神奈川県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:0件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2015/11/12 16:34
  • ID:QA-0064175

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
この相談にはまだ回答がありません
問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社内貸付金制度について
社内貸付金を行う際に、貸付利息というのは どのくらいに設定するのがいいのでしょうか?
従業員への貸付金額について
社員の転勤にあたり、引越し資金(30万)などの貸付の希望をしています。そこでご質問です。 1、貸付額の限度はどのように定めてるものでしょうか? また、要求された金額全てを貸付するものでしょうか? 当社としては、全額貸付の事例を作りたくないと考えており、今回を期に、基準を設けたいと考えています。※...
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...