企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ショウガクキンセイド 奨学金

「奨学金」とは、能力があるにもかかわらず、経済的・金銭的な理由で修学困難な学生を支援するために、国や地方自治体、大学、民間企業などが学資金を給付・貸与する制度、または資金そのものを指します。多くの場合、奨学金の受給要件として学生本人の学力や保護者の所得などの基準が設けられています。日本の奨学金は、欧米と違い、大部分が卒業後に返還義務を負う貸与型ですが、近年、不況や雇用悪化で利用者が貧窮し、返済に行き詰まるケースも急増しています。
(2013/1/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奨学金のケーススタディ

受給率増に比例して返済の延滞も深刻化
社員の負担を会社が肩代わりする制度も

長引く不況により、奨学金を利用する学生は増える一方です。国内最大の奨学金貸与機関、独立行政法人日本学生支援機構の調査によると、2010年度の大学生(昼間部)の奨学金の受給率は50.7%と初めて5割を超え、20年前(21.8%)と比べると倍以上に伸びています。これに比例して、奨学金を返す負担も増大。日本学生支援機構の貸与型奨学金には無利息の「第一種」と、利息がつく「第二種」がありますが、いずれも返済を延滞するケースが増えているのです。

10年度の返済延滞者は返還義務のある利用者全体の12.1%を占めています。延滞債権額も膨らみ続け、10年度は852億円と5年前の約1.5倍に達しました。延滞をめぐるトラブルは訴訟にまで発展。同機構が奨学金返還を求めて全国の裁判所に起こした訴訟件数は、06年度の547件から9倍近い4,832件に急増しています。

背景に浮かぶのは、卒業して社会に出ても経済的に困窮する若年層の姿です。同機構が返済延滞者に対し、延滞が始まった理由(きっかけ)を尋ねたところ、「収入が減った」が最も多く61.1%、次いで「支出が増えた」が15.1%で、この二つの経済的理由だけで全体の7割を超えました。延滞が継続している理由についても「本人の低所得」が最も多く、ほぼ半数を占めています。また延滞していない利用者に聞いても、4割以上が「現在、奨学金の返済が負担になっている」と回答しました。

こうした若者の窮状に、企業はどう対応していくべきか――。注目すべき事例があります。ウエディングプロデュース・レストラン運営のノバレーゼ(本社:東京都中央区)では、奨学金返済が社会問題として浮上するなか、社員が返済している奨学金の残余額に対して最大200万円を支給する「奨学金返済支援制度」を設けました。支給対象者は勤続年数5年と10年の正社員。2度の節目に未返済分があれば、それぞれ100万円を上限として支給するしくみです。同社社員の約3割が奨学金の利用者で、発案した人事担当者自身も学生時代に受給していたそうです。

会社が社員の奨学金返済を肩代わりするといった制度は、業界内外を見渡してもほぼ前例がありませんが、同社では、奨学金を得て進学するほどの優秀な人材の確保につなげるとともに、若手社員のモチベーションアップをはかり、長期雇用の促進を期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。
スローキャリア
仕事はほどほどに、のんびり会社生活をするという意味ではなく、自分なりの働き方などプロセスやポリシーを重視しながらキャリアを形成していく考え方のこと。会社での出世や報酬の目標に向かって計画的にキャリアアップしていく考え方とは異なります。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授の高橋俊介氏による造語...

関連する記事

組織活性化制度の実際
人事制度策定の大きな目的の一つである「組織活性化」。その種類や特徴について具体例とともに解説する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
月給制それとも年俸制?昇給制度や人事考課は?パート契約社員の最新実態を探る
多様化する非正規社員――パートタイマーおよび契約社員の労働の状況や内容について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/02/21掲載人事・労務実態調査
後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発している...
2016/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 学びを可視化する ビジログ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...