人事のQ&A<解決済み>

相談数11062件   回答数22924

健康診断の省略

いつもお世話になります。

9月に中途入社した社員がおりますが、入社の際、雇入時健康診断を実施し、結果を提出してもらっています。

会社の定期健康診断が、11月に予定しておりますが、この中途入社者は、どの程度、実施内容を省略しても構わないのでしょうか?

例えば、胸部X線検査は、定期健康診断の省略可能項目にはなっていませんが、省略不可なのでしょうか?
以前に、健診の1ヶ月位前に体調が悪く病院へ行った際、胸部X線検査を実施し、その旨健診の担当医師に伝えたところ、医師から胸部X線検査の省略を指示されたケースがありました。

ちなみに、該当者は28歳です。


ご教示、よろしくお願いします。

  • *****さん
  • 茨城県
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2006/10/16 12:47
  • ID:QA-0006359

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2006/10/16 13:33
  • ID:QA-0006361

オフィス代表

お答えいたします

こちらこそ、いつもご利用頂き有難うございます。

「入社時の健康診断」を受けられた方につきましては、その後1年以内に実施される定期健康診断は受けた検査項目につき全て省略可能になります。

ご相談文面の「省略可能項目」の件につきましては、「医師が必要でないと認める場合」に関するものですので、当該従業員の方につきましてはこの規定に関係なく省略可能です。

  • 投稿日:2006/10/16 13:39
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速のご回答、ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2006/10/16 13:47
  • ID:QA-0006363

この回答者の情報は非公開になりました

健康診断の省略について

労働安全衛生規則第44条に、定期健康診断に関する事項が規程されており、定期健康診断は、1年以内ごとに1回、定期に行なうことが義務付けられております。
9月に雇入れ、当年11月の健康診断を行わず、翌年11月に会社の健康診断を行った場合、入社から初回の健康診断までの間が1年以上になり、健康診断の実施義務を果たさないということになるのではないでしょうか。
よって、翌年以降も11月に定期健康診断を行うという前提においては、入社後初めての11月の健康診断も法定項目については、全て受診させるべきということになるのかと思います。

定期健康診断の省略については、以下のケースが法令により認められています。

(1)項目ごとに条件を満たした場合
   ①身長
    20歳以上の場合
   ②かくたん検査
    胸部エックス線検査で所見のない場合
   ③血圧・貧血・肝機能・血中脂質・血糖の各検査
    40歳未満(但し35歳を除く)の場合
   ④尿検査の尿中糖の有無の検査
    血糖検査を受けた者
   ⑤心電図検査
    40歳未満(但し35歳を除く)の場合
(2)海外派遣時健康診断、自発的健康診断を行った場合
   (診断を行った項目について、実施から1年以内)

御社のケースで、医師により胸部X線検査を省略した事情がどの様なものがわかりませんが、上記のいずれかのケースに該当したということでしょうか。
お問合せの中途入社者のケースついては、項目の省略には該当しない様に思われます。

専門家より
  • 投稿日:2006/10/16 21:09
  • ID:QA-0006364

オフィス代表

雇い入れ時健康診断と定期健康診断の関係について

混乱の無いよう、条文に基き再度ご説明させて頂きます。

「雇い入れ健康診断」を受けられた方につきましては、労働安全衛生規則第44条の第4項に以下の通り規定がございます。

「第一項の(定期)健康診断は、前条(※雇い入れ時健康診断)、第四十五条の二又は法第六十六条第二項前段の健康診断を受けた者については、当該健康診断の実施の日から一年間に限り、その者が受けた当該健康診断の項目に相当する項目を省略して行うことができる。」

従いまして、当該従業員の方に関しましては受診項目につき11月の健診において省略可能になります。

また、「定期健康診断の省略項目」につきましては同条第3項に以下のように定められています。

「第一項第三号、第四号及び第六号から第十一号までに掲げる項目については、厚生労働大臣が定める基準に基づき、医師が必要でないと認めるときは、省略することができる。」
(※第一項に定期健康診断の受診項目が列挙されています。)

従いまして、省略項目は「雇い入れ健康診断による省略」とは別に定められていますので、ご相談の件につきましては、当該項目の適用はございません。

また本件の場合、確かに1年以上の健康診断未受診期間が生じますが、その期間が1~2ヶ月程度の場合は現実問題として重大な空白期間とまでは言い難いので、本件のような事情のある場合は2ヵ月後の健診につきましては省略しても差し支えないというのが私の見解です。

  • 投稿日:2006/10/16 21:09
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
健康診断
入社時に健康診断は必ず実施しなくてはならないのでしょうか。 弊社では年に1度健康診断を行っていますが、雇い入れ時にはしていません。 社員から質問がありました。
雇入れ健康診断の実施時期
来春入社予定の内定者に対し、雇入れ健康診断を12月中に実施することは可能でしょうか。早すぎますでしょうか? 入社後の定期健康診断は7月以降に実施する予定です。
雇い入れ時健康診断と定期健康診断について
平素より大変お世話になっております。 今年の4月採用の社員で雇い入れ時健康診断をなかなか受診しない者がおり、 ついに定期健康診断を受ける6月の時期になってしまいました。 今から別途外部で健康診断を受診しても定期健康診断と ほとんどの項目が重複する形となってしまいます。 そこで、6月に受診する定...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
スキルアップ講座特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
インフルエンザ流行前に備えること GABAの法人向け英語研修
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:12/01~12/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


スキルアップ講座特集

本特集では、コミュニケーションやマネジメントスキル向上に効くメソッドや、個人の生産性、PCスキルを高める講座の情報まで、 『日本の人事部』が注目する多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは
new

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...