企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

出張時の通勤交通費について

いつもお世話になっております。
出張時の通勤手当の取り扱いについて、アドバイスをお願いいたします。
営業所勤務の従業員が、ヘルプの為、数ヶ月ほど本社へ出張となります。
その従業員は、本社近くの寮を滞在先とする予定です。
この間、毎月給与で支払っている通勤手当を支払うかどうか迷っております。

出張者へ支払う額は、このように考えています。
旅費日当 1日 2,500円
食事代 1日 1,800円
帰省時交通費 毎週1往復分実費負担
会社寮から本社までの交通費 実費支給

ここで、今まで支給していた、自宅から営業所までの通勤手当をなしにするか、そのまま変更せずに支給するかを迷っております。
会社としましては、実際かかっている交通費だけを支給すれば問題ないと思うのですが、他部署で、短期間の出張がある場合は、通勤手当を変更せずにそのまま支払っております。
本来、出張中の場合であっても、自宅から勤務地までの通勤手当を支払うべきでしょうか?

投稿日:2012/10/24 10:18 ID:QA-0051821

**りんさん
兵庫県/ 

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

長期出張時の通勤手当

通勤手当を支給するかしないかは、会社の任意によりますが、通勤手当も賃金の一部ですので、就業規則等に根拠がないと、一方的に通勤手当を不支給とすることはできませんし、そのことが、トラブルの原因となります。

就業規則に、
賃金支払い期間の全日数にわたる出張については、通勤手当は支給しない。等の根拠規定が必要です。

参考までに日当についても、長期出張の場合は、減額するケースも少なくありません。

長期出張が今後も考えられ、その度に、会社、労働者とも迷いが生じるようであれば、規定の再検討が必要です。

投稿日:2012/10/24 10:41 ID:QA-0051822

相談者より

ご回答ありがとうございます。
トラブル回避のためにも、就業規則の整備が今後必要だということがわかりました。

投稿日:2012/10/25 16:00 ID:QA-0051849大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

通勤手当の件ですが、御社就業規則の定めに従う事になります。規定におきまして実費に応じて支給とする内容の記載があれば出張中の通勤手当は支給不要といえます。

これに対し、特に関連する定めがない場合ですと、他部署での慣例もあることから通勤手当の支給をされるのが妥当といえるでしょう。

通勤手当につきましては、社外勤務が生じる場合問題になりやすいですので、実費精算を原則とする旨の規定を置く方向で検討されるべきといえます。

投稿日:2012/10/24 11:12 ID:QA-0051823

相談者より

ご回答ありがとうございます。
当社の規定には、実費精算の内容は記載されておりませんでした。
従業員が増え続けておりますので、コスト削減のためにも、通勤定期は実際かかった費用を支払いたいと思います。
今後のために、規定の見直しをしたいと思います。

投稿日:2012/10/25 16:03 ID:QA-0051850大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

「 通勤手当の性格 」 と 「実務処理の可能性 」 を考え現実的選択を

通勤手当は、賃金扱いですが、非課税措置からも窺えるように、労務対価性の薄い実費補填の性格を持っています。 従って、考えとしては、費用が発生しなければ、支給も不要です。 突き詰めると、2日間など短期間出張でも、支給不要ということになります。 然し、実務的には、殆んど、対応不可能でしょう。 結論としては、賃金支給期間の全部に亘る場合にのみ、不支給とするのが、現実的選択だと思います。 社内コンセンサス形成の上、規程化、周知を図ることをお勧めします。

投稿日:2012/10/24 17:08 ID:QA-0051829

相談者より

ご回答ありがとうございます。
仰るとおり、実費精算だと短期間の出張では、実務的に対応が難しいと感じております。
あらかじめ、期間を設定するなどしてルール化できるよう、考えていきたいと思います。

投稿日:2012/10/25 16:07 ID:QA-0051851大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

コスト削減

就業規則での規定がないのであれば、やはり社員のモラール(士気)を優先ではないでしょうか。
定期を既に買っているのであれば、会社命令での長期出張にもかかわらず負担がその社員に行く可能性もあります。管理的視点からコストダウンを考える場合、どうしてもその逆のモラールアップの視点が欠ける可能性がありますので、単純にコストだけでなく、実務部門の管理者とも意見交換の上お進めいただくのが良いかと思います。

投稿日:2012/10/25 22:20 ID:QA-0051855

相談者より

ご回答ありがとうございました。

投稿日:2012/11/08 11:39 ID:QA-0051998大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...