企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15746件   回答数34231

派遣社員の直接雇用について

自由化業務にて、派遣社員を利用しています。
①1年間(最大3年)受け入れて
②派遣社員が直接雇用を希望する場合
直接雇用するべきだと認識しています。

お伺いしたいのは、派遣社員から、直接雇用の希望がでない場合です。
希望がでない場合には、そのまま派遣社員として継続勤務してもらうことはできますか。
それとも、以後は勤務してもらえず、辞めてもらうしかないのでしょうか。

よろしくお願いします。

  • 投稿日:2006/06/27 13:47
  • ID:QA-0005181
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/06/27 15:20
  • ID:QA-0005186

瀬崎 芳久
瀬崎社会保険労務士事務所 所長

派遣社員の直接雇用について

派遣先事業所の派遣社員への雇用義務についてのご質問ですが、少々認識が間違っておられるようです。

雇用義務を簡単に言いますと「1年以上継続して同じ業務に携わっている派遣社員がおり、その派遣社員と同じ業務を自社でおこなうため、従業員を雇入れる予定がある場合、まずその派遣社員に確認し、雇入れを希望するようであれば、雇入れを申込みなさい。」ということになります。
 よって、自社で従業員を雇入れる予定がない場合は、派遣社員の雇用義務はありません。

 また、自由化業務の派遣可能最長期間3年間を超えて、その派遣社員に働いてもらいたい場合は、自社の従業員として雇入れるしかありません。
 本人がそれを望まない場合は、3年の期限が来た時点で契約期間が満了となり、それ以上働いてもらうことはできません。
 派遣可能期間を超えて引き続き派遣社員を働かせることは当然に労働者派遣法違反となり、処罰の対象となります。

  • 投稿日:2006/06/27 17:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

お忙しいなかご回答いただき、ありがとうございました。

結局、自由化業務においては、派遣社員の方が直接雇用を希望しないかぎり、通算3年以上勤務していただくことはできないのですね。

ところで、派遣可能期間(3年)経過後、社員に登用し、その方が退職なさった後に再び他の派遣社員に勤務してもらう場合があると思うのですが、
どのくらいのインターバルがあれば、再び派遣社員に勤務してもらうことができるのでしょうか。
たとえば、社員登用した方が1,2月程の短期間で退職した場合でも、後任として派遣社員に勤務してもらうことができるのでしょうか。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/06/28 10:13
  • ID:QA-0005193

代表者

派遣社員の直接雇用について

■派遣社員が紹介予定派遣に同意しない限り直接雇用は不可能です。また、同一業務に関する労働者派遣を3年以上継続することは原則として認められません。しかし、派遣法ではクーリング期間という規定を設けています。同一就業場所の同一業務であても、派遣労働者の受け入れを一時的に中止した後、中止期間が3ヶ月を超過した場合には、派遣の継続性を断絶するとしているのです。そこで「3年派遣受入 ⇒ 3ヶ月中止 ⇒ 更に3年派遣受入 ⇒ 3ヶ月中止 ⇒ また更に3年派遣受入が可能」という扱いが認められることとなります。
■しかし、派遣労働者を何年にもわたって受け入れるのであれば正社員を雇用するべきという派遣法の基本思想から見ると、この行為は問題なしとは考えにくいところです。このこのクーリング期間を脱法的に用いた場合に有効な労働者派遣を実施できるのかについては問題が残ります。そのことは別にしても、再び労働者派遣を受け入れる段階で、派遣先が前に派遣された派遣労働者を指名し特定する行為は法違反となります。
■このように、条件的には厳しい状況ですが、まず、紹介予定派遣への切り替えが可能かどうかを派遣元と協議されてはいかがでしょうか。尤も、同じ派遣社員であることを特定的に指名することは違法ですが、これまでの貴重な経験、ノウハウの活用は、派遣社員、派遣元、派遣先などの当事者全員にとって望ましく自然発生的に合意ができるのは勿論違法ではありません。もし、当該派遣社員の正社員化または継続派遣を希望されているのであれば、このやり方を試みて下さい。

  • 投稿日:2006/06/28 10:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/06/28 10:35
  • ID:QA-0005194

瀬崎 芳久
瀬崎社会保険労務士事務所 所長

派遣社員の直接雇用について

労働者派遣法にはクーリングオフ期間(3ヶ月)があります。
派遣可能期間経過後、引き続き派遣労働者を受け入れることはできませんが、さらに3ヶ月経過した後には派遣労働者の受け入れが可能になります。
 ご質問の件ですが、仮に社員登用後2ヶ月で退職された場合、あと1ヶ月経過した後ならば派遣労働者の受け入れが可能になるということです。

  • 投稿日:2006/06/28 10:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/06/28 14:23
  • ID:QA-0005199

代表者

派遣社員の直接雇用について

少しこみいっていますが、この際に「クーリング期間」なる<俗語>の正体を見ておきましょう。
■クーリング期間という明確な制度がある訳ではありません。その根拠となる法律上の規定はありません。法律上の要件なども明確ではありません。労働者派遣法には、「クーリング期間」という用語はもちろん、それに当たる文言はどこを探してもありません。あくまでも「1年ルール」が使いにくいという派遣先からの圧力に対して、労働省が「譲歩」して、そうした「クーリング期間」を設ければ違反だと取締りをしないという「裏約束」とも言えるものを指針として決めたに過ぎません。
■労働省の「派遣先が講ずべき措置に関する指針」の以下の項目が「クーリング期間」の根拠と言えるものに過ぎません。「労働者派遣の役務の提供を受ける期間の制限の適切な運用」として、「労働者派遣の役務の提供を受けていた派遣先が、新たに労働者派遣の役務の提供を受ける場合には、当該新たな労働者派遣の開始と当該新たな労働者派遣の役務の受入れの直前に受け入れていた労働者派遣の終了との間の期間が三月を超えない場合には、当該派遣先は、当該新たな労働者派遣の役務の受入れの直前に受け入れていた労働者派遣から継続して労働者派遣の役務の提供を受けているものとみなすこと」
■要するに、「3カ月を超えない期間」しかあいていなければ、同じ派遣労働者を受入れることはできませんよ、ということを示しているだけです。その裏解釈が、3ヶ月を超過した場合には、派遣の継続性を断絶するものと見做して、受入れることは「違法とは言えない」という構成になっているわけです。この指針は、派遣期間が1年であった1999年のものですが、現行の「3年ルール」には適用を禁止するという明記はないので、適用しても違法ではないという解釈が成り立っています。
■上記の指針内容から明らかなように、この「3カ月」というのは、同一就業場所の同一業務について、派遣終了から次の派遣までの期間であって、社員登用が行われ、正社員による当該業務が開始された時点で、この問題はリセットされることになります。その正社員がすぐに退社されるという状況は想定しにくいのですが、考え方としてはリセットされた時点で、インタバル拘束はなく、新規の派遣依頼が可能だと思います。

  • 投稿日:2006/06/28 15:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

丁寧にご回答いただき、ありがとうございます。
不勉強のため、「クーリング期間」については全く知りませんでしたので、大変参考になりました。
教えていただいた知識をもとに、再度、社員の雇用について、紹介予定派遣等も含めて検討したいと思います。

お忙しい中ご教授いただき、どうもありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出向社員と二重派遣
派遣法で二重派遣を禁止していますが派遣元からの派遣社員を出向社員として雇用したうえで客先に派遣した場合、派遣法上問題ありますか。
派遣社員を雇用後に派遣先で働くことについて
派遣社員と同じ現場で派遣先に業務委託で契約している別会社なのですが 派遣社員から弊社の正社員への打診を頂いています。 雇用後に現在の派遣先の業務を引き続き行うことは問題ありませんでしょうか。
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...