企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14620件   回答数31062

アルバイトの雇用契約について

お世話になります。
たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合
週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?

  • 投稿日:2012/07/07 01:14
  • ID:QA-0050344
専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2012/07/07 11:12
  • ID:QA-0050346

代表者

当事者間の自由な意思に基づいて変更可能

雇用契約のガチンコ程度によります。 ガチンコとは、俗っぽい表現ですが、硬直度のことで、契約書自体に、「 週1日を超えて勤務する場合がある 」 といった付帯的項目の有無、 「 契約内容の変更 」 に対する当事者間の柔軟性の程度という意味です。 ご相談の範囲なら、労働法的に問題もなく、変更可能です。 簡単な変更内容でも文書化しておくのが望まれます。変更しないままだと、拒否されたり、休日出勤の扱いを要求される可能性があります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/07/07 18:09
  • ID:QA-0050352

人事・経営コンサルタント

話し合い

契約書を締結している以上、齟齬のある行為を強制は出来ません。ゆえにアルバイトの方と話し合いによって、本人の納得が得られれば可能となります。ただし示威的な説得や懲罰(今後使わないなど)をちらつかせるようなことになれば相当悪質なパワハラになってしまいますので、契約を交わした以上は、ていねいに、しっかりと真摯な話し合いによって解決が現実的でしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2012/07/07 22:39
  • ID:QA-0050354

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の事案ですと、法定の休日労働・時間外労働にはなりませんが、所定労働日以外の勤務になりますので、アルバイト本人の同意が必要になります。

本人の同意を得た上で労働させ、プラス8時間分の通常賃金をきちんと支払えば特に問題ございません。

ちなみに、常時週2日勤務になるというのであれば、雇用契約内容自体の変更を行うことが当然ながら必要になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 働くパパママ育休取得応援奨励金
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人事担当者のお悩みにお答えします。<br />
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

人事担当者のお悩みにお答えします。
こんな時どうする?~メンタルヘルス相談室

「メンタルヘルス対策」は、あらゆる企業にとって重要な人事施策のひとつ。...