企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15720件   回答数34144

次世代育成支援対策推進法の申請について

いつも大変参考にさせていただいております。
次世代育成支援対策推進法の申請についてです。

こちらに認定された場合の企業側のメリットはどのようなことがあるのでしょうか。
また、実際に認定されるのは非常にむずかしいのでしょうか。
(難しいかというとちょっと漠然としていますが)

以上どうぞ宜しくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 美容・理容
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2011/05/30 12:32
  • ID:QA-0044267
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/05/30 14:08
  • ID:QA-0044270

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

次世代育成支援対策推進法における「一般事業主行動計画」に関しましては、平成23年4月1日以降101人以上の労働者を雇用する事業主に対し策定・届出が義務付けられています。

従いまして、御社が101人以上の労働者を雇用する事業所であれば、メリットの有無に関わらず作成する必要がございます。

ちなみに認定された場合のメリットですが、子育てをサポートしている企業として「くるみんマーク」を付けて広告する事が可能になります。また地域によってはそうした認定企業に対し何らかの優遇措置を採られている場合もあるようですので、地元の自治体に確認されるとよいでしょう。認定の難易度等については一概に申し上げる事は出来ませんが、認定基準を満たす事が求められますので制度策定のみならず計画に沿った運用をしっかりやる事が重要です。手続き詳細につきましては届出先となる都道府県労働局雇用機会均等室にお問い合わせ頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2011/05/30 16:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/05/30 16:55
  • ID:QA-0044278

社会保険労務士法人SRグループ 代表

次世代育成支援対策推進法

行動計画を策定・実施し、一定の要件を満たすと、厚生労働大臣の認定を受けることができます。
認定を受ければ認定マーク(愛称:くるみん)を求人広告、自社製品などにつけて対外的に「働きがいがあり、働きやすい企業」「社員を大事にする企業」であることをアピールすることができ、企業のイメージアップや優秀な人材の確保が期待できます。認定を受けることはさほど難しくないと言われています。行動計画を策定するのであれば、認定を受けて自社の内外にアピールしたほうが、企業にとってメリットは大きいといえます。

行動計画は、「現状よりも少しでもよい労働環境にすること」が大切です。
1.制度の導入や改善・・・新たな制度を導入したり、実施したりする。また、既存の制度をよりよいものに変更する。
2.現行制度の利用状況の改善・・・制度の周知や、管理職意識を高めるための研修などを通じて制度の利用改善を図る。
3.働き方の現状の改善・・・労働時間の短縮など、働き方を改善する。

等、目標を達成するために、いつまでに、どのようなことに取り組むかを具体的に策定・実施し、一定の基準を満たせば認定されます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
病欠後の有給申請
病欠した社員から、後日、有給申請がありました。 この場合、有給申請を認めなければいけないものなのでしょうか。 もちろん事前申請であれば、時季変更権はあるにせよ認めるものですが。
残業申請
当社では残業申請を運用しており、本人がこの日は何時間と日単位で記入し、それを上長が認否します。 最近、残業時間がかさみ、管理職より、申請してきた時間を削ることは可能かという質問がありました。 例えば3時間で申請してきたところを、2時間に削った場合、申請者本人にその旨、伝えることが必要でしょうか?
慶弔申請
従業員より1年前の慶弔金の申請が漏れていたので、今から申請をしても良いか、との相談がありました。 ちなみに就業規則等で慶弔金申請期限を設けていませんので、対応せざるを得ないと思うのですが、今後は期限を設けることは可能でしょうか??また、その場合、何か月?何年?が一般的でしょうか??
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...
えるぼし
「えるぼし」とは、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づく認定制度および、その認定マークの愛称です。2016年4月1日に全面施行された女性活躍推進法では、行動計画を策定し届出を行った企業のうち、一定の基準を満たし、女性活躍推進に関する状況などが優良な企業について、都道府...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


もう時間と場所に囚われない!<br />
 日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

もう時間と場所に囚われない!
日本マイクロソフトと先進企業に学ぶ ワークスタイル変革推進のためのポイントとは

仕事と介護の両立支援が喫緊の社会的課題といわれるなか、時間と場所の制約...