企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジセダイイクセイシエン 次世代育成支援

国や自治体、企業が一体となり、次代を担う子供や、子供を育てる家庭を支援する取り組みのことです。2004年7月には「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が成立・公布されました。2005年度から実施されます。
(2004/12/27掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次世代育成支援のケーススタディ

雇用数300人を超える企業は
「行動計画」の届け出が必要

1人の女性が生涯に産む子供の数の平均が1.29(2003年)となるなど、日本は世界で最も少子化が進んでいる国の一つです。少子化は社会保障のあり方だけでなく、社会経済全体に急激な構造変化をもたらすことが予想されるため、国を挙げての取り組みが焦眉の急となってきました。

具体的には、出産・育児のために会社を休んだり辞めたりした場合、将来受け取る年金額が少なくなる不利をなくしたり、育児休業の取得を促すための数値目標を設定したり、子育て期間の残業を減らしたり、若者の自立を支えるために年金の資金を使った奨学金制度をつくることなどが検討されているようです。

次世代法では、常時雇用する労働者の数が300人を超える事業主は、2005年4月1日から「一般事業主行動計画」を策定した旨を、速やかに都道府県労働局に届け出なければなりません。また、300人以下の事業主にも、同様の努力義務が定められました。「行動計画」の策定にあたっては、仕事と子育ての両立を子育て中の労働者だけでなく、企業全体の問題として捉え、女性だけでなく男性も含めた働き方の見直しができるように、準備・検討することが重要です。

行動計画を策定した企業は、そこに記載されている目標の達成など一定の基準を満たすことにより、都道府県労働局長から認定を受けることになります。認定を受けた企業は、その旨を示す表示(マーク)を商品や広告などにつけることができます。これにより「仕事と子育ての両立に真面目に取り組んでいることが広く世間に周知され、企業はイメージの向上や優秀な労働者の確保が期待できる」と厚生労働省児童家庭局職業家庭両立課では話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

くるみん
従業員の子育て支援策を実施し、厚生労働大臣から認定を受けた企業が利用できる認定マークの愛称。
次世代法
次世代育成支援対策推進法の略。次代を担う子供を社会全体で支援するため、企業や自治体に子供を育てやすい環境づくりの行動計画の策定を求めた法律で、2015年3月31日までの時限立法です。
プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次世代法)の改正実施に伴い、来年4月1日からスタート...

関連する記事

企業の時短はどこまで進んだ?休日は増えた?「労働時間」と「休日日数」の最新実態
主要企業と中堅・中小企業の2004年度の労働時間と休日について、労務行政研究所の調査結果をもとに探ってみます。
2005/03/28掲載人事・労務実態調査
武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このよう...
2006/04/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”
「確定拠出年金」と「確定給付企業年金」新企業年金制度の導入パターンを探る
新企業年金制度と企業をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
2005/04/25掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
採用計画
採用計画・教育計画を立てなさい!といわれていますが、正直何をどう書けばいいのかわかりません。参考になるような採用計画、教育計画があれば教えてほしいです
女性活躍推進法および次世代法の届出に関する罰則
いつもお世話になります。 会社が合併し、将来的に従業員数が増えた場合に必要となるものについて調べていたところ、 ①女性活躍推進法に基づき、従業員301人以上の大企業は労働局へ 「一般事業主行動計画」の届出が必要。 ②次世代育成支援対策推進法に基づき、 従業員101人以上の企業は労働局へ「一般...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...