企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15209件   回答数32760

就業時間前の清掃活動(ボランティア)の労災保険

標題の件、このたび就業時間前にボランティアで社員を募り、
清掃活動の実施を企画しております。

通常9:00始業開始なのですが、その前の8:20~8:50での
清掃活動となります。

その活動の際に、受傷した場合、労災保険の適用になりますでしょうか?

常識的に考えれば、ボランティアという業務外活動の性質上、
労災適用範囲外と考えられますが、
通勤途中に、合理的な範囲内での寄り道時に受傷した場合、
労災適用されることが多いと伺いました。

そのため、通勤途中に直接ボランティアへ参加、
その際受傷、、、などの際にはどういった扱いになるのでしょうか?

宜しくお願い致します。

  • *****さん
  • 愛知県
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2010/09/16 18:05
  • ID:QA-0022945
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/09/16 18:09
  • ID:QA-0022946

この回答者の情報は非公開になりました

ボランティア中は労災になるか?

会社の好意で地元に対して掃除などを行なうことがあります。例えば、年に1回の縁日を開催している会社もあります。
こうした場合、どうなるのでしょうか?
ボランティアは社員の意思ではなく、会社の指示に基づくものですから、就業時間ではありませんが、業務拘束しています。したがって、その際に事故や怪我があれば、労災認定されるものと考えます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/09/16 18:52
  • ID:QA-0022950

この回答者の情報は非公開になりました

有志でのボランティア

会社では指示命令の関係にありますから、後輩や部下は上司の指示を断れないです。
私も会社のボランティアで掃除や年末助け合いの募金活動、創業家の墓参りなどをやったことがありましたが、社員が自主的に行なっているものとされていましたので、業務としては処理されていませんでした。しかし、何らかの事故に遭う可能性はあったと思います。
有志であっても、会社という性格上、近所づきあいのような有志とはみなされず、何か事故があれば、労災とみなされると思います。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/09/16 23:27
  • ID:QA-0022955

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面に「合理的な範囲内での寄り道時」とございますが、この点に関しましては労災法第7条におきまして、「逸脱又は中断が、日常生活上必要な行為であつて厚生労働省令で定めるものをやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合」と定められています。

省令(労災法施行規則第8条)では日常生活上必要な行為として「日用品の購入その他これに準ずる行為」等5つの行為が定められていますが、その中にボランティア活動は含まれていません。

従いまして、有志で集まって自主的に行う等完全なボランティア活動中の事故であるとすれば、通常労災認定はなされないものといえます。

しかしながら、ボランティア活動とは名ばかりであり、実態としてはほぼ強制的(※暗黙の指示等も含みます)に清掃活動への参加を求められている場合ですと、会社の指揮命令下で行われている行為としまして業務災害として認定される可能性が高くなるでしょう。但し、そのような場合には、活動時間=労働時間となることで賃金支払義務が発生しますのでさらなる注意が必要です。

  • 投稿日:2010/09/16 23:27
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
ボランティア活動
社員のボランティア活動に対し、会社が交通費を支給することは可能でしょうか。
ボランティア活動の際の事故・・・
よろしくお願いいたします。 会社が参加を勧めているボランティア活動に、従業員が公休日を使い、参加。 その際に、行き返り移動時、あるいはボランティア活動中の怪我や事故については、会社としてはどのような対応が必要でしょうか。 基本ボランティア活動のため、業務ではなくあくまでも休みを使っての参加です。 し...
労災保険料について
以下、教えていただけますでしょうか。 業務上災害が発生した場合には、基本的には労災保険料が上がると思いますが、通勤災害については、発生したとしても一切労災保険料には影響を与えないという認識でよいのでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人事マネジメント「解体新書」第57回 社員の「ボランティア活動」と企業の支援(前編)
    企業の社会的責任(CSR)が注目されているが、2011年の「東日本大震災」以降は、社員の「ボランティア活動」を推進する企業が増えているという。 それでは、実際に社員はどのようにボランティアに取り組み、企業はそれをどうサポートしているのか――。 『前編』では、「ボランティア活動」の最新動向を紹介する。...
  • 人事マネジメント「解体新書」第58回 社員の「ボランティア活動」と企業の支援(後編)
    『前編』では、企業におけるボランティア活動の新たな動きを見てきた。『後編』では、社会貢献を第一の目的にしていると同時に、新たに、東日本大震災による被災地での社員のボランティア活動への参加を「人材育成の場」(事例1)、あるいは「気づきの場」(事例2)として取り組んでいるケースを紹介していく。 『前編』...
  • ダレのための解禁日なのか?
    毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
あわせて読みたいキーワード
プロボノ
「プロボノ」とは、ラテン語の“pro bono publico”(公共善のために)の略で、社会人が仕事を通じて培った知識やスキル、経験を活用して社会貢献するボランティア活動全般を指す言葉です。米国や英国の弁護士が始めた無料の法律相談が発端となって、他分野へ波及。近年は、企業が社員のプロボノ活動を組...
マッチングギフト
「マッチングギフト」とは、企業や団体などが社会貢献を目的として寄附や義援金を募る際、寄せられた金額に対して企業側が一定比率の額を上乗せし、寄附金額を増やした上で寄附する上乗せ贈与制度のことです。近年、企業が従業員の募金活動を金銭的にサポートするしくみとして導入するケースが増えており、会社が従業員か...
メリット制
「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...