企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15723件   回答数34159

新入社員面談について

今年度入社の新入社員を対象に、所属長による「入社3ヶ月面談」を実施します。毎年行っているものなのですが、今年は面談時に使用する「面接シートの見直しをするように」との指示がありました。

今までの面接シートは、A面B面に分かれています。
A面は所属長と新人が面談しながら答えていくもので、「健康状態(熟睡できているか、ストレス解消に何かしているか、など)」「職場での状況(先輩とのコミュニケはとれているか、など)」の2項目です。
B面は所属長の所感で、「外観から感じること(マナー、言葉遣い、など)」「対話を通じて感じられること(精神的健康度、積極性、など)」「その他(気になること、新人のもつ不平・不満、など)」を記入してもらいます。

弊社の新入社員は、入社後一年間、全国の事業所にて現場研修を行っています。転勤している者もいます。
新人の様子を知ること、所属長にも気にかけてもらうこと、9月のフォロー研修の課題を見つけることが、この面談の主な目的だと思います。
面接シートの見直しにあたり、新人面談について抑えるべき点や、面接シートの在り方等、ございましたらご教示いただきたいと思います。宜しくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 商社(専門)
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2009/06/17 16:39
  • ID:QA-0016453
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/06/17 18:59
  • ID:QA-0016455

この回答者の情報は非公開になりました

質問を設定してはどうでしょう

新卒新入社員という前提でお話しします。
職場への不慣れ&社会人としての生活に不慣れという2大ストレスにさらされています。とりわけ昨今の「打たれ弱い」新人は、10年前と比べて、さらに手がかかると感じます。

彼ら彼女ら共有の「弱さ」として、コミュニケーション能力の無さが上げられます。それは「質問」が出来ないことにつながっているといえるでしょう。
そこで;
①今すぐ答えが欲しいことを一つ
②今すぐで無くても良いが、知りたいことを一つ
上長が聞き、①についてはその場で、②については次回に聞いてみる、話題にしてみるという継続性があるものを盛られてはいかがかと思います。次回の面談者が違っても、この問答は成り立ちます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/06/17 20:11
  • ID:QA-0016458

この回答者の情報は非公開になりました

新人面談について

こんにちは。3ヶ月面談、いいですね!出来ないことだらけに直面して新人も不安を感じているころですし、ストレスもマックスかと思います。ストレスチェックの項目について、ひとつずつ話を聞いてあげるだけでも、きっとほっとするでしょうね。
さて、面接シートの見直しですが、自分自身が課題に向き合うのが重要だと思います。会社からの成長要望をリスト化し、自分自身と、上司にチェックしていただくのはどうでしょうか?報連相ができているか?というばっくりしたものではなく、どういう行動が出来ていれば報連相が出来ている状態、というのがわかるようにリスト化するのがポイントです。例えば報連相を分解すると・・・
・他人の目を見て会話をする
・納期や仕事の進め方など、重要な点を必ず確認する
・他人に聞こえるよう、大きな声で、はっきり話す
・思い込みでなく、事実に基づいた話をする
・上司が求めなくても、自発的に報告をする
・マイナス情報も隠さずに伝える
などが挙げられます。こうしてリスト化してあげると、新人はなにをどうすれば出来ている状態なのかが具体的にイメージできるので、自然と出来るようになっていきますし、上司としても指導ポイントが明確になります。お役に立てれば幸いです。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2009/06/18 09:09
  • ID:QA-0016467

赤木 美香
クラークフューチャーコンサルタンツ有限会社 代表取締役

目標の共有をお勧めいたします

ご質問ありがとうございます。

3ヶ月面談は、会社が新入社員の様子を把握すると同時に、
新入社員が会社とのつながりを感じることができ、
モチベーションを高め、離職を防ぐ上でも
とても大切な取り組みです。

さてご質問いただきました面接シートですが、
「新人の様子を知ること、所属長にも気にかけてもらうこと、
9月のフォロー研修の課題を見つけること」という
面談の主な目的を達成するために、新入社員と上司とが
目標を共有するのはいかがでしょうか。

新入社員が会社や仕事をどの程度理解し、今後どのようなことに
取り組んでいきたいと考えているかが見えてきます。
また目標を共有した上司が、より効果的な働き掛けを実施できます。

新入社員と上司との面談にあたり、弊社では
以下の項目をお勧めしています。

1.身に付けたいスキル
(御社の場合はフォロー研修が開催される9月までに
身に付けたいスキル、として設定されると良いと思います)

2.身に付けるまでの具体的な計画
(何を、いつまでに、誰と、を明確にする)

3.目標達成のイメージ
(スキルを身に付けたらこんな自分になれる、というのを
具体的にイメージする)

少しでもお役立ていただければ光栄です。
御社のますますの成長をお祈り申し上げます。

  • 投稿日:2009/06/18 09:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

目標の共有をする事は、新入社員と上司どちらにも意識付けができるので、とても良いと思いました。ぜひ参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
新入社員~入社2,3年の社員に対するOFF-JTについて
当社では、設立後間もなく現在まだ研修制度というものが特に構築されておりません。 ですが、新入社員の採用については、既に始めているため、新入社員~入社2,3年の社員に対して、早急に何らかの研修をしなければならないと考えております。 そこで、新入社員~入社2,3年の社員に対して、OJTではなくOFF-J...
退職勧奨の面接について
お世話になっております。 弊社は50名弱の会社です。近々社員数名に対して退職勧奨の面接を行います。一般的に、面接はどのような立場の者が何名で行うのがよしとされているのでしょうか。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
カジュアル面談
「カジュアル面談」とは、選考に影響しないことを前提に、本選考前や採用選考の途中で企業と応募者が相互理解を深めるために設けられる場のことをいいます。ミスマッチによる内定辞退や入社後の早期退職を軽減することを目的に中途採用でよく使われる手法ですが、近年は新卒採用でも実施する企業が増えています。相互理解が...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
面接
「面接」とは、企業における人材採用において、採用担当者と応募者が直接会ってお互いに質疑応答をしながら、マッチするかどうかを探る行為です。企業側から見た場合、面接は「応募者を選ぶ」行為であるとともに「応募者に自社の魅力を伝える」行為でもあります。そのような意識が不足していると、「面接」で良い人材を見つ...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...