無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

最低賃金の適用除外

最低賃金の適用除外が認められる条件の一つに、「所定労働時間が特に短い方」がありますが、具体的に「正社員との比率」または「1週間や1日の所定労働時間」に関する目安はあるのでしょうか。

投稿日:2005/07/22 10:37 ID:QA-0001346

*****さん
長野県/精密機器

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

最低賃金の適用除外

■最賃制の適用除外は特例扱いです。基本的には、個別労働者マターでありながら、所定様式による申請書により所轄の労働基準監督署長経由、都道府県労働局長に提出するという大層な手続きが要求されます。これからも推測できるように、「特に短い所定労働時間」の具体的目安は存在しないといってよいでしょう。仮に、労基署内にあっても、表に出てくるものでもありません。
■現在までの、申請に対する許可案件の事例が公表されているわけでもありません。申請が必要となった段階で、諸般の状況も併行説明し、申請内容の是非を打診することから始めなければならないと思います。許可権者(実質的には所轄労基署長?)によって判定にバラツキのあることも十分考えられます。このことは、「軽易な業務に従事する者」の軽易さの判断でも同じでしょう。時間の短さの申請に対し、業務の軽易さが加味される可能性もあるからです。

投稿日:2005/07/22 14:59 ID:QA-0001349

相談者より

 

投稿日:2005/07/22 14:59 ID:QA-0030535参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート