無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

内々定者フォロー

当社は小売・サービス業を行っておる会社です。内々定者に仕事を体験させようと考え、店舗で行う歌手のライブの運営スタッフを体験させてはと思ってます。
2時間程度ですが、給料は支払う必要はありますでしょうか。

投稿日:2008/06/03 12:34 ID:QA-0012597

hirofumiさん
大阪府/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

内々定者のアルバイト

■「内々定」とは、正式な採用内定手続きが後日行われることの通知であるとされ、法的性質については議論がありますが、まだ承諾の意思表示であるということはできず、労働契約が成立しているとは解せないという意見が有力です。然し、無料奉仕と言うわけにはいかないでしょう。
■雇用関係はないので、支払うのは、給料ではなく、原稿料や講演料と同様、一時的な仕事の報酬(アルバイト収入)であり、税法上は雑所得となります。確定申告の対象にはなりますが、アルバイト収入などが年間20万円以下の場合、申告の必要はありません。通常、原稿料、講演料など同様、10%の源泉徴収を行います。

投稿日:2008/06/03 13:59 ID:QA-0012600

相談者より

 

投稿日:2008/06/03 13:59 ID:QA-0035046参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

支払うべきだと思います

内々定者フォローとして現場体験をするのはたいへんお薦め出来ます。ましてイベントのようなお祭りは不慣れなものでも充実感を味わえ、フォローイベントとしては非常に良い例だと感じます。

ただいバイトとして扱い、給与支払いにつきましては川勝先生ご説明のように、必要だと思います。
学生はお金目当てではないと思いますが、それでもわずか数千円であっても、体験が出来て、何より充実感が味わえ、お小遣いももらえるならば、御社への入社意欲はますます固まるのというメリットが、支払う数千円よりずっと高いと拝察いたします。

ただし、一方で当日社員の方の仕切りが悪かったりで、「頼りない会社」というイメージが生まれると真逆の効果になり、下手をすると内定辞退まで行く可能性もあります。
どうぞしっかりイベント進行を進めて下さい。単なるイベント以上の、人事政策上大切な行事ですので。

投稿日:2008/06/03 20:21 ID:QA-0012604

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
内々定通知書

採用を予定する候補者に対して、内々定を通知する文書のテンプレートです。メールなどの文面にも使用できます。

ダウンロード
内定フォロー策の確認事項・修正ポイント

優秀な学生ほど複数企業から内定をもらっています。欲しい学生からの内定辞退を防ぐためには内定者フォローが重要になります。また入社の不安を払しょくし、仕事への意欲を高めるためにも「内定者フォロー」は欠かせません。
ここでは内定者フォロー策のポイントをまとめています。

ダウンロード
内定者フォローのポイント

内定者フォローを適切に行うことで内定辞退を防止し、入社への期待を育むことができます。
内定者が抱く不安は大きく分けて「社会人生活」「人間関係」「仕事・キャリア」の3つ。それぞれの不安に対する策を表にまとめました。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード