無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

賞与支給月数の変更について

現在の契約内容が賞与4ヵ月分と記載があるところを、来年度から賞与2か月分に変更し、残りの賞与2か月分を月例給与12か月分に按分し上乗せするという変更をした場合、総支給額は変わりませんが標準報酬月額が上がり、実質従業員の手取り収入が下がることが予見されます。
上記のような場合の賞与支給月数の変更はいわゆる「不利益変更」には該当しないものでしょうか?

職種により賞与の支給月数が異なり、それを統一するため上記のような変更を行いたく検討しております。

投稿日:2022/08/10 09:11 ID:QA-0118009

まるこけさん
東京都/コンサルタント・シンクタンク

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

賞与でも社会保険料はかかりますので、社会保険料だけを考えたときにどちらが、安いかは、
人によって異なりますし、どちらが得とも言えません。

考え方によっては、不利益変更となりますので、変更理由をよく説明し、納得してもらえるよう
努めることでしょう。

また、毎年2ヵ月分を月例給与に按分していくということでしょうか?
その場合には、賞与単価も毎年あがっていきます。

投稿日:2022/08/10 13:55 ID:QA-0118036

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

賞与5割の月例化

▼年収への影響は、超微々たる程度であり、マクロ的には、年収への影響は無視してよいと思います。
▼詳細は分かりませんが、上下へのインパクトをシミュレートして感触を確かめて下さい。

投稿日:2022/08/10 14:46 ID:QA-0118045

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

不利益変更

賞与含めた給与支払いの日程変更は不利益変更となり得るでしょう。
一方で合理性があれば不利益であっても、社員の同意を取り付けて変更は可能です。

>職種により賞与の支給月数が異なり
これ自体はそこまで不自然なことでしょうか。合理的変更理由といえるのかは不明ですので、しっかり社員の意見なども聞いてみてはいかがでしょう。

投稿日:2022/08/10 16:09 ID:QA-0118047

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、標準報酬月額以前の問題としまして、「賞与4ヵ月分と記載があるところを、来年度から賞与2か月分に変更」する措置が不利益変更に該当します。

つまり、基本給等を合わせた総支給額が同じであっても、賞与が減るという状況があればそれ自体で不利益変更になります。

但し、不利益の内容がそれ程大きくなければ、変更主旨を丁寧に説明される等で変更内容を有効にする事は可能といえるでしょう。

投稿日:2022/08/12 23:34 ID:QA-0118072

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
賞与査定表

賞与の査定表です。査定に必要と考えられる項目をリストアップしています。業種・職種に合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
賞与計算規定

一般的な賞与(ボーナス)計算式を記載した規定例です。計算要素として人事考課と出勤率を組み込んでいます。自社の賞与計算要素に合わせて編集し、ご利用ください。

ダウンロード
関連する資料