企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15720件   回答数34144

個人情報の利用について

職場の上司が部下との個別の面談に際して,人事部門が管理する個人の情報を必要に応じて管理し,利用することは何か個人情報保護法の関係で問題があるのでしょうか。

  • 投稿日:2007/12/13 09:16
  • ID:QA-0010799
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/12/13 10:55
  • ID:QA-0010800

代表者

個人情報の社内利用についての留意点

■一定の措置を講じた上で、同一事業者内で他部門へデータを提供する場合は、個人情報保護法における第三者提供とみなされないものと解釈されます。一定の措置とは、社員情報の取扱規程などを設け、その中に、社内で利用される、個人データの項目、利用する者の範囲、利用目的及び当該個人データの管理について責任を有する者の氏名又は名称について、本人が容易に知り得る状態に置いていることを指しています。(同法23-4-3参照)
■人事部門以外の部署勤務の方々は、個人情報保護法については漠然とした知識しかお持ちでないと思いますので、それが、ある日突然、ご相談のような具体的な問題として突きつけられると、思わぬ方向に問題が発展することがあります。責任部署としては、常日頃から、分かりやすい形での規程や解説書を作成、配布するように心がけておきたいものです。

  • 投稿日:2007/12/13 14:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難うございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/12/13 11:33
  • ID:QA-0010801

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件のように業務上の要請で従業員の個人情報を利用することは当然あり得ることですので、本質的にはそれ自体に問題はないはずのものです。

但し、個人情報保護法で定めがある以上、川勝様ご指摘のように利用目的やデータ管理についてのルールをきちんと定め、濫用を避けかつ必要な際にいつでも利用できるような環境を整えておく事が必要といえます。

また個人情報に限らず、社内で運用する人事諸制度につきましては極力規程化して内容を明確にしておく事が重要といえるでしょう。

  • 投稿日:2007/12/13 14:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

有難うございました

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
個人情報保護方針
人事管理における個人情報保護の観点からの管理体制や仕組みはどのようにすればいいでしょうか?
個人情報保護法と労働組合
個人情報保護法対応で、労働組合と個人の情報をやり取りしていますが、この関係は共同利用となるのでしょうか?組合との関係をきちんと整理したく、お願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 管理職が置かれた「現状」
    経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
  • 最近増えている「BYOD」で企業が講じておくべき措置とは
    最近、「BYOD(Bring your owndevice)」という言葉が注目されています。本記事では、特定社会保険労務士の岩崎 仁弥氏が、「BYOD」をめぐる現状、企業における導入状況、潜むリスク、導入に際しての留意点などについて解説。また、すぐに活用できる書式も掲載しています。
  • 小規模事業者も5月30日から適用対象に! 個人情報保護法ガイドライン 会社の現状チェックと対策
    個人情報保護法改正の施行日が平成29年5月30日に迫っています。今回の改正により、今まで除外されていた小規模事業者も適用対象となるため、多くの中小規模事業者がその対象となるでしょう。本稿では、改正法施行に向けた、会社の現状チェックと対策のポイントを詳しく解説します。
あわせて読みたいキーワード
個人情報保護法
現代社会において情報は重要な資源です。情報を得ることでさまざまなビジネスチャンスにつながるため、多くの企業が個人情報の獲得を目指しています。そのなかで、個人情報の漏えいなど情報管理に関する問題を頻繁に耳にするようになりました。企業としても、個人情報が外部に流出すると多大な損害を被る可能性があります。...
シャドーIT
「シャドーIT」とは、企業の従業員が、会社の管理下にないIT機器を業務活動に利用する行為や状態を指します。私有端末などの業務活用を表す用語としてはBYOD(Bring Your Own Device)がありますが、BYODが企業の許可および主体的な管理を前提としているのに対し、シャドーITは企業側の...
ボスマネジメント
「ボスマネジメント」とは、ボスをマネジメントすること、つまり組織における一般的なマネジメントの概念とは逆に、部下が仕事の目的を達成するために上司を動かす、という考え方を表す言葉です。部下が上司に対し能動的かつ戦略的に働き掛けることで、自らが仕事を進めやすいように上司をうまくコントロールしたり、相手か...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 従業員の自律的なキャリア開発を支援する
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...