人事のQ&A<解決済み>

相談数10910件   回答数22615

企画業務型裁量労働制に関する「決議」の届出について

企画業務型裁量労働制の導入準備をすすめております。

企画業務型裁量労働制を実施するにあたって、労使委員会で、対象業務の具体的な範囲、対象労働者の具体的な範囲、みなし労働時間…などを「決議」して、労働基準監督署に届出なければなりませんが、労働基準監督署に届出るのは、「決議」の内容ではなく、労働基準法施行規則様式第13号の2「企画業務型裁量労働制に関する決議届」のみでよろしいのでしょうか。

ご教授ください。
よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • マスコミ関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2007/10/12 16:51
  • ID:QA-0010043

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2007/10/12 19:42
  • ID:QA-0010044

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

企画業務型裁量労働制導入における労使委員会の決議の届出ですが、ご指摘の通り様式が「労働基準法施行規則様式第13号の2」と指定されており、他の書式を用いる事は出来ませんので、記載事項に該当しない内容につきまして届け出る法的義務はございません。

同文書の届出に関しましては、あくまで企画業務型裁量労働制について法定条件をクリアーしているか否かを確認する為に求められているものですから、それ以外の事項で任意に労使委員会にて決議した内容まで届ける必要はないといえます。

  • 投稿日:2007/10/12 19:42
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2007/10/14 00:08
  • ID:QA-0010048

川島 孝一
川島経営労務管理事務所 所長

企画業務型裁量労働制に関する「決議」の届出について(

企画業務型裁量労働制の成立要件は、「決議を所轄労基署に届けること」となっています。届出様式はあくまでも届出の表紙となるものであり、決議書の写しを添付することが一般的です。
これは、いわゆる「36協定」もそうなのですが、厳密には届出書だけでは本来成立せず、協定を添付する必要があるのですが、36協定の場合は、届出書に法的な届出要件がすべて記載されているので代用されているというのが正しい認識です。
裁量労働制の場合は、必ずしも届出書類が法的な記載事項を満たされているとは限りません。労基署によっては届出書だけで受理することもあるのですが(一律基準でないのは困ったものなのですが)、二度手間にならぬように、所轄労基署に決議書の写しの添付が必要か否か確認してみてください。

  • 投稿日:2007/10/14 00:08
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
裁量労働制のみなし労働時間について
基本的な質問で恐縮です。 裁量労働制を導入した場合でも、みなし労働時間分を労働したと「みなす」だけであるから、みなし労働時間は、時間外労働の制限である「1か月45時間」「1年間360時間」ほかを超過しないように設定しなければならないとの認識で正しいでしょうか?
専門業務型裁量労働制のみなし労働時間
専門業務型の裁量労働制の導入を検討していますが,みなし労働時間を1日ではなく,週40時間という風に協定することは可能でしょうか。
企画業務型裁量労働制の同意について
いつもお世話になっております。 企画業務型裁量労働制の同意についてお伺いいたします。 弊社では、すでに労使委員会を設け、企画業務型裁量労働制を運用しておりおります。 そこでお伺いしたいのは、「企画業務型裁量労働制の同意の『有効期限』」についてです。 弊社では、導入以降、適用対象となった社員に...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
”人と組織の活性化”特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
ビジネスマナー研修ならICBにお任せください 企業と健康保険組合が連携した「健康経営」
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/27
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
企業におけるBCP運用・感染症対策セミナー

注目コンテンツ


”人と組織の活性化”特集

本特集では、人や組織の活性化をはかるためのセミナーやサービス情報を掲載しています。ぜひ貴社の変革を促すヒントを見つけてください。



2017年度 新入社員研修特集

本特集では、新入社員向け研修のセミナーやサービス情報を掲載しています。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


データベースサービス

データベースサービス

『日本の人事部』特別会員なら、「朝日新聞」「日経BP雑誌」の記事横断検索など多数のサービスを年会費無料で利用可能。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?
new

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...