企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)[前編を読む]

株式会社アサツー ディ・ケイ 執行役員 人事・ガバナンスセンター統括 

春日 均さん

株式会社アサツー ディ・ケイ 執行役員 人事・ガバナンスセンター統括 春日 均さん

「コンシューマー・アクティベーション(消費者に行動を起こさせる)」をビジョンに掲げる、大手広告会社アサツー ディ・ケイ(以下、ADK)。ブランド・メッセージを伝えるだけでなく、消費者とブランドが出会い、共感・理解しあえる場を創出し、クライアントの成長に貢献しています。そうした企業姿勢を新卒採用活動に生かした独自の採用ソリューションが「相棒採用」。学生に社員一人ひとりのリアルな姿を伝え、ADKの魅力を理解してもらうだけでなく、応募への行動をアクティベートしていく新たな仕掛けです(前編参照)。その施策づくりを取りまとめたのは、執行役員 人事・ガバナンスセンター統括である春日 均さん。長年の営業として同社のビジョン実現にまい進した経験を生かし、採用手法の変革にチャレンジし続けています。インタビュー後編では、「相棒採用」を行った手応えや今後の展開についてうかがいました。

Profile
春日 均さん
春日 均さん
株式会社アサツー ディ・ケイ
執行役員 人事・ガバナンスセンター統括

かすが・ひとし●1985年に大学卒業後、流通系ハウスエージェンシーを経て1989年に旧旭通信社入社。広告営業としてビールメーカーを中心に、化粧品、人材紹介などのクライアントを担当。2006年より営業局長としてビールのナショナルブランドのCM制作、キャンペーン開発をAEとして担当。その後2009年より営業を調整、統括する営業企画室室長、2012年より総合企画本部本部長を経て、2013年より執行役員 総合企画本部長。2014年、執行役員コーポレートセンター統括を経て現職に至る。

「相棒採用」で入社した人材に期待するものとは

「応募者の質がかなり向上した」とのことですが、最終面接ではどんなやりとりがあったのでしょうか。

面接自体は非常にフレンドリーです。落とすのではなく、その人の良さをどうやったら引き出すことができるかをテーマにしています。ただ、経営層が面接官を務めることもあって、自ずと質問のレベルが高くなるので、応募者からすると非常に難しく映るかもしれません。特に広告業界自体が現在ターニングポイントに差しかかっており、従来までのメディアに頼るマージンビジネスが継続するとは言いにくい状況にありますから。ある意味業態転換というか、利益構造の転換を図っていかなければならない時期だからこそ、学生の生の声や意見を聞きたいと考えています。例えば、「スマホを活用して若い人たちにものごとを伝え、マネタイズできる方法はないでしょうか」などといったことを聞いたりします。せっかくの機会なので、いろいろとコミュニケーションを図りたいというスタンスで臨んでいます。

「相棒採用」を通じて、応募者をアクティベートできたという手応えをお持ちですか。

我々はビジネスにおいては、メディアに広告を打つだけでなく、クライアントの商品やサービスが実際に売れたり、成果が出たり、利益が上がったりするところまで何らかの指標を持って仕事をしています。人事にとってアクティベートする対象は、採用であれば学生であり、社員です。その意味では、学生を少しはアクティベートできたかなという手応えがありますし、相棒として関わってくれた社員も以前より採用に関心が高まり、能動的に参加できるようになったのではないかと思います。

「相棒採用」によって入社する社員の方々に、どんなことを期待されていますか。また、どのような教育や研修を行う予定ですか。

これから彼ら・彼女たちが10年、20年経ってどうなるかが、人事としての結論が出てくるタイミングです。なかには、即戦力として活躍してくれる人もいるかもしれませんが、「相棒採用」を行ったからといって急に現場から「すごく良い人が入ってきた」という声が出て来るとは思っていません。そうではなく、ADKへの愛情と熱意を持った人材が少しでも入ってくれば、当社の競争力が強化されますし、事業にプラスの影響も出てくるだろうと考えています。

広告会社である当社の事業は、工場があって土地があるというものではありません。人材にいかに投資していくかが事業の根幹になってきます。サポート面に関して考えているのは、若い人たちに対するケアが必要だということです。相棒社員の人たちはこれまでさまざまな形でコミュニケーションしてくれているのですから、配属後もメンターとして、そして会社の先輩としてアドバイスをしてくれる仕組みを作りたいと思っています。教育・研修などに関しては、「相棒採用」だからというわけではないのですが、研修体系を大幅に見直していて、ADKユニバーシティというものを立ち上げました。個々人がいろいろなソリューションや技術・発想を持ったプロフェッショナルになろうというテーマのもと、さまざまな講座を開講しています。会社としても積極的に投資していきたいと考えています。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社オカムラ:
人事部だけでなく社員全員が参加して現状を変えていく
働き方改革を自分ごと化するオカムラの「WiL-BE」
働き方改革は、誰が旗振り役を担うべきなのか? そう問われれば多くの人は「人事だ」と答えるでしょう。しかし現実には、人事が知恵を振り絞って制度を導入しても、現場で...
2020/07/22掲載
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載

関連する記事

新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する
『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第4回】
新卒採用面接、応募者に何を聞けばいいのかわからない
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/06/02掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第3回】
新卒採用の面接官を任されたけれど、若手には荷が重い……
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/05/19掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第4回】八戸の洋酒喫茶「プリンス」とエンゲージメント、リファラル採用
いかにも入りにくい外見の酒場に意を決して入り、そこが本当に“酔い”酒場だったとき、酒呑みとして最高の幸福感に包まれます。この店もそうでした。初めて訪れた街、八戸...
2020/01/22掲載編集部注目レポート
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど...
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


いま求められる「ハラスメント対策」<br />
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

いま求められる「ハラスメント対策」
~人事部が果たすべき「役割」とは何か?

近年、職場ではさまざまな「ハラスメント」が増加してきている。しかし、な...