企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

となりの人事部
日本の人事部「HRアワード2016」受賞者インタビュー
第77回 株式会社アサツー ディ・ケイ

応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」という
リアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、
応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)

株式会社アサツー ディ・ケイ 執行役員 人事・ガバナンスセンター統括 春日 均さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フラットな組織がADKの強み

―― 人・組織という点で、貴社の特色や強みは何でしょうか。また、逆にどのような課題があるとお考えですか。

ADKは2016年に創業60周年を迎えました。当初は旧旭通信社の創業者である稲垣正夫が、社員をグイグイと引っ張っていましたが、会社が上場すると、合議で社会的な面も含めてきちんと決めていかなければいけません。そういう点で大変大きな変わり目にあると言えます。広告業界自体も今までのビジネスモデルが変革してきていますので、当社としても「コンシューマー・アクティベーション」をビジョンに掲げ、新たな価値創出にチャレンジしています。

そうした環境下において、ADKが打ち出していくべき会社の強みとして、フラットな組織が挙げられます。上意下達方式のピラミッド型ヒエラルキーには決してなっていません。若手社員も自分の意見を言いやすく、社長ともごく普通に話ができます。事実、ADKには役員用の部屋がありません。社長は忙しいのですが、時間があれば社員の話に直接耳を傾けますし、ミーティングにも積極的に参加します。当社では手続きを踏まないと社長と会えないとか、月次の朝礼でしか社長を見ることがないということもありません。ましてや、執行役員や現場でオペレーションを行っている幹部は社長と頻繁に顔を合わせています。そうした風通しの良さはADKの大変良いところだと思います。

株式会社アサツー ディ・ケイ 執行役員 人事・ガバナンスセンター統括 春日 均さん

特に、現在の虎ノ門ヒルズ森タワーに移ってきてからは、社内コミュニケーションが一段と活性化してきたと思います。以前は15ものフロアに分かれていて、どこか階層的になっているというかセクショナリズムを助長する構造・配置になっていた感がありました。それがここでは5フロアなので、自ずといろいろな社員に会える仕組みになっています。もともとフラットな社風でしたが、社員はより一層居心地の良さを感じているのではないでしょうか。

その一方、ガバナンスを利かさないといけないとか、会社の現状や今後のビジョンを社員にどう伝えていくかとか、強制力がないとか、さまざまな問題があります。社内のバランスを取りながら、それらをどう解決していくべきかがとても難しいところです。ADKの良いところは残しながらも、伝えるべきはきちんと伝え、守るべきところは守っていかなければならない、と考えています。

―― 「相棒採用」が生まれたのも、ADKならではの企業風土があったからだと理解できました。

確かに「ADKの良さを採用活動にも発揮しよう」という目的で取り組んだのが、「相棒採用」です。「意見が言いやすい」「現場の発想を大事にする」といった良い風土がせっかくあるのに、今までは人事が採用を型にはめてしまっていたのです。そこを、ヒジョーシキに行こう、一旦「採用かくあるべし」を外してみよう、我々ならではの採用方式とはどういうものだろう……。そういった問いかけが「相棒採用」のもとになっていると思いますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

となりの人事部のバックナンバー

人生100年時代をどう生きるか?
ソニーによるベテラン社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」
現在、多くの企業が社員のキャリア開発に取り組んでいますが、多くは若手・中堅社員を対象としたもの。ベテラン・シニア社員のキャリア支援を行っている企業は、まだ少ない...
2019/03/18掲載
<特別企画>人事オピニオンリーダー座談会
会社のためだけではなく社会のために生きる人が増えている
個人と企業が対等な時代に人事が考えるべき「エンゲージメント」とは
近年、人事領域において「エンゲージメント」への注目が高まっています。「従業員が会社に対して愛着を持てているか」という観点から、「個人と企業が一体となり、ともに成...
2019/02/28掲載
丸紅株式会社:
10年後を見据え、既存の枠組みを超える
丸紅が取り組む「人材」×「仕掛け」×「時間」の施策
2018年、「既存の枠組みを超える」をスローガンに、全社をあげてイノベーションを生むための施策をスタートさせた、丸紅株式会社。日本の人事部「HRアワード2018...
2019/02/18掲載

関連する記事

インターンシップを効果的に実施するポイントと
外部ソリューション活用のヒント
新卒採用の成否を握る重要ポイントになりつつあるインターンシップについて、効果的な実施方法をまとめました。メリットを確認するとともに、種類や取り組み事例、外部サー...
2019/06/12掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「新卒採用向け採用管理システム」導入のポイントとおすすめサービス8選
業務効率化を図るとともに選考スピードをあげ、採用活動の質を向上させる「採用管理システム」について、導入する際に押さえておくべきポイントをまとめました。導入するメ...
2019/05/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
2020新卒採用の“傾向”と“対策”
大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9.91倍と過去最高を記録するなど(リクルートワークス研究所「大卒求人倍率調査」2018年4月...
2018/08/30掲載注目の記事
47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
渡辺雅司さん:
改革の痛みの先に見えたものとは
200年続く老舗を超人気企業に生まれ変わらせた
社長と社員による「全員参加経営」への挑戦
「元祖くず餅」で知られる「船橋屋」は、参詣客で賑わう江戸の名所「亀戸天神」参道に本店を構えて200年余り。老舗として伝統を守り続ける一方で、旧態から脱却するため...
2018/04/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...