企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

株式会社アサツー ディ・ケイ:
応募者に「どんな人と、どう働きたいか?」というリアルなイメージを喚起
新卒採用活動の既成概念をリセットし、応募者と社員の相互理解を図る「相棒採用」とは(後編)[前編を読む]

株式会社アサツー ディ・ケイ 執行役員 人事・ガバナンスセンター統括 

春日 均さん

従来とは違う採用方法を本気で考えるタイミングにきている

「HRアワード」企業人事部門優秀賞を受賞されたことで、社内・社外からどのような反応がありましたか。

いろいろな反応がありました。「相棒採用」が日経新聞をはじめさまざまなメディアに取り上げられた時も、社長がわざわざ執行役員会議で「こういう良い仕組みが進んでいるぞ」と発表してくれましたが、今回の「HRアワード」受賞も大変喜んでくれています。日ごろ、人事は会社のなかでなかなか褒められることが少なく、できて当たり前と思われている部署なので、今回は人事のメンバーのモチベーションアップにつながったのではないでしょうか。また、こういう賞をいただけるのは社内外に対する良いアピールとなりますから、大変ありがたいことです。

営業を通じて多くのお得意先から「『相棒採用』について話を聞かせてほしい」「どういう仕組みでやっているのかを教えてもらいたい」という問合せが来ているのもうれしいことです。実際に人事のメンバーがお客さまの人事部長のところにうかがってご説明するだけでなく、先方の社風や企業風土に基づいて「こんなことをされてはいかがですか」とご提案したりしています。それが、実際に形になって進められたものもいくつかあります。

採用は年中行事のように同じ時期に実施されていますが、「本当に自社にマッチした人材が採れている」と自負する企業は少ないと思います。「何か他にも工夫があるのでは」と多くの企業が模索しているはずです。今回の「HRアワード」受賞が、多くの企業にとって採用を見直すきっかけとなれば幸いです。

2018年度採用に向けた「相棒採用」の展開をお聞かせください。

現在、今後の展開をまさに考えているところです。もっとADKの魅力を伝えることができる方法があると思っていますので、「相棒採用」の進化、シーズン2を形にしていきたいと思います。ポイントは、マッチングのところです。2017年度採用では87名の社員が相棒社員を務めてくれたのですが、大変多くの学生の方にご応募いただいたので、自分の希望した人がなかなか相棒社員になってくれなかったという声もあります。応募者は5名を指名できるようになってはいるものの、特に希望する相棒社員と円滑にコミュニケーションが図れる仕組みにできないかと考えているところです。

また、社員にあまり負担をかけるわけにもいきません。「相棒採用」のためだけに残業するというわけにはいきませんからね。いくら指名が多いからといって、特定の社員一人が100名もの応募者に会うわけには行きません。どうしても限られた数しかケアできないので、お互いになるべくストレスのない形にしたいと考えています。

最後に、企業で新卒採用に取り組む方々に向けて、メッセージやアドバイスをお願いします。

採用環境が大きく変わってきていると思います。特に、これからは若い人たちの人口が減っていきます。それだけに、今までと同じような採用の仕組みや仕方をしていて、本当に自社に必要な人材が採れるのか疑問です。やはり、それぞれの会社に合った独自の採用の仕方、選び方を考えるべき時期に来ているのではないでしょうか。

我々は応募者に社員の人柄であったり、フラットな社風を評価してもらえる「相棒採用」という選択肢を採りましたが、企業ごとに強みや社風に合ったやり方が当然あるはずです。就活サイトのやり方に倣うだけでなく、自分たちで「本当に良い人材が採れているのか」「そのために本当に良い方法はどうなのか」と自問自答するとともに、人への投資が会社にとっていかに大切であるかを改めて経営陣や社内に理解してもらい、「ここに力を入れてください」と働きかけていくことが非常に重要だと思います。

面接官になってもらう社員にも、「何も考えずにやってきて面接をすればいいのではなく、本気で人材を選びましょう」と呼びかけるべきです。やはり、従来とは違う採用方法を本気で考えるタイミングなんですね。「昨年までやっていたから、今年もそのままでいい」。もう、そんな考え方は通用しません。後は、人事の皆さんがどこで変革のスイッチを押すかにかかっていると思います。

株式会社アサツー ディ・ケイ 執行役員 人事・ガバナンスセンター統括 春日 均さん

(取材は2016年12月19日、東京・港区のアサツー ディ・ケイ本社にて)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

となりの人事部のバックナンバー

株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載
キヤノン株式会社:
働き方改革から学び方改革へ
キヤノンが実践する人生100年時代に必要な「変身力」の育て方
人生100年時代に、ビジネス環境の目まぐるしい変化。今や一つのスキルだけで一生食べていける時代ではありません。技術の進歩に応じて、従業員も知識や経験を増やし続け...
2020/02/12掲載
株式会社LIFULL:
「日本一働きたい会社」から「世界最高のチーム」へ
経営理念に命を吹き込む、企業文化のつくり方
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」を運営する株式会社LIFULL は、2017年3月、リンクアンドモチベーション社主催の「ベストモ...
2019/12/05掲載

関連する記事

新卒採用の裁量には「人事部門の計画」が最も影響する
『日本の人事部 人事白書2020』から、採用に影響を与える要素の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第4回】
新卒採用面接、応募者に何を聞けばいいのかわからない
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/06/02掲載編集部注目レポート
職場のモヤモヤ解決図鑑【第3回】
新卒採用の面接官を任されたけれど、若手には荷が重い……
自分のことだけ集中したくても、そうはいかないのが社会人。昔思い描いていた理想の社会人像より、ずいぶんあくせくしてない? 働き方や人間関係に悩む皆さまに、問題解決...
2020/05/19掲載編集部注目レポート
酒場学習論【第4回】八戸の洋酒喫茶「プリンス」とエンゲージメント、リファラル採用
いかにも入りにくい外見の酒場に意を決して入り、そこが本当に“酔い”酒場だったとき、酒呑みとして最高の幸福感に包まれます。この店もそうでした。初めて訪れた街、八戸...
2020/01/22掲載編集部注目レポート
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど...
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...