企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事支援サービスの傾向と選び方

インターンシップを効果的に実施するポイントと
外部ソリューション活用のヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早期に学生との接点を強化できるインターンシップは、新卒採用の成否を握る重要ポイントになりつつあります。近年ではプログラムの充実化を図り、学生にとって有益な場となるようプランニングしている企業に注目が集まっています。

そこで『日本の人事部』では、インターンシップの効果的な実施方法についてまとめました。メリットを確認するとともに、インターンシップの種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。

インターンシップを効果的に実施するソリューション-PR-
リクルーター研修 【20卒】就活早期化
データ
next≫ Chaku2 NEXT
参加者のうち特に優秀な学生につける社員(リクルーター)を育成する研修です。 キミスカ20卒学生の動向から早期採用でダイレクトリクルーティングが有効な時期を調査 新卒との出逢いから内定までを一元管理!学生に最も近い採用ツール! インターンシップ生と内定者を同時にフォローして確実に母集団形成&内定辞退防止!
この資料を
無料でDL
この資料を
無料でDL
この資料を
無料でDL
この資料を
無料でDL

インターンシップとは ~注目される背景と実施するメリット

インターンシップとは

インターンシップとは、学生が一定期間、企業で就業体験を行うこと。文部科学省・厚生労働省・経済産業省の「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」では、『学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと』と定義されています。就職活動が本格化する前に職場の雰囲気や実務への理解を深めることで、就業意欲を高めるとともに、入社後のミスマッチを防ぐ効果が期待されています。

インターンシップが注目される背景 ~多くの企業が実施する理由とは

インターンシップが日本に広まったのは1990年代後半。現在では、企業と学生をつなぐ制度として定着しています。

リクルートキャリア・就職みらい研究所の「就職白書2019」によると、2018年度にインターンシップを実施した企業は95.9%で、前年の84.6%から大きく上昇しています。実施目的は「業界・仕事の理解促進」がもっとも多く、次に「入社意欲の高い学生を絞り込む」が続きます。採用を目的に実施している回答が上昇傾向にあり、インターンシップが採用活動の一つに組み込まれていることがわかります。

一方、学生の参加率を見ると2019年卒は55.9%で、前年の55.2%とほぼ変わらない数値となっています。しかし平均参加社数は年々増えており、2018年卒では3.30社だったのが2019年卒では4.69社まで増加しています。このことから、学生側も就職活動におけるインターンシップの有効性を認識していることが分かります。

近年、インターンシップが注目される背景には大きく二つの理由が挙げられます。一つ目は、より早い段階で学生との接点を持ち、つながりを強めることが採用活動の競争優位性を生み出すため。新卒採用の早期化が加速する昨今、インターンシップは自社をアピールする上で強い武器になるといえます。

二つ目は、早期離職率を下げるため。早期離職の大きな原因となっているのが入社前後のイメージギャップです。インターンシップで事前に自社への理解や共感を深められれば、離職リスクを抑えることが可能です。

このように、インターンシップは現代の企業が抱えている課題を解決する糸口となることから、積極的に取り組む企業が増加しています。

参照:リクルートキャリア・就職みらい研究所「就職白書2019」
https://data.recruitcareer.co.jp/wp-content/uploads/2019/05/hakusyo2019_01-56_0507up.pdf

インターンシップを企画・実施する上で押さえておきたいポイント

インターンシップの種類~期間別に見る特徴・実施内容の違い

インターンシップは実施する期間によって、「短期インターン」と「長期インターン」に大別されます。それぞれの特徴と実施内容を見ていきます。

【短期・長期インターンの目的・特徴と実施内容】
  目的・特徴 実施内容
短期インターン:
1日から3週間程度
  • 企業理解を促進することが主な目的
  • とくに1日で行う「1dayインターンシップ」は実施ハードルが低いことから人気がある
  • 主に大学3年の夏休み、冬休み、4年になる手前の春休みを利用して参加する学生が多い
  1. セミナー・見学型
    企業説明会、社内見学、職場体験、社員交流など
  2. 問題解決型(ワークショップ・プロジェクト型)
    グループで課題やプロジェクトに取り組んでもらうなど
長期インターン:
1カ月~半年程度
※とくに期限を設けない場合もある
  • 業務内容への理解を深め、即戦力を育てることが主な目的
  • 入社後すぐに戦力化したい中小企業やベンチャーで実施されることが多い
  • 社員を補佐する業務に携わることが多い
  • 学生の能力、スキルによっては社員同等の仕事をしてもらうこともある

インターンシップ実施の流れと注意点 ~計画から実施後フォローまで

インターンシップを実施するには、事前にしっかり計画を立てることが重要です。どのように進めればよいのか、全体の流れと実施時の注意点を見ていきます。

【インターンシップ実施の流れ】
項目 内容
1.計画を立てる
  • インターンシップの目的・全体方針を策定
  • 対象とする学生を決める
  • 実施時期・期間を決める
  • 運営担当を決める
  • 社内の受け入れ体制を整える
  • 報酬や経費(交通費・食費・宿泊費など)のルールを策定
2.プログラムを決める
  • 実施内容を決める
  • タイムスケジュールを決める
3.学生を募集
  • 学生を募集する(自社サイト、就活サイト、大学との連携など)
  • 学生を選定する
4.実習
  • 実習期間中のルールや注意点などオリエンテーション
  • 実習
5.評価
  • 実習について評価する
  • 学生にフィードバックする
6.フォロー
  • セミナーの案内
  • SNSなどを利用したコミュニケーションの継続
  • 交流会や面談の実施 など

インターンシップ実施時の注意点

1)行き過ぎた囲い込みをしない
インターンシップ実施後のフォローは、参加者とのつながりを維持する上で重要です。ただし、行き過ぎた囲い込み活動は、学生の不評を買う原因となるため注意が必要です。学生側のメリットを考えながら、適切なコミュニケーションをとるようにしましょう。

2)賃金が発生するケース
インターンシップでは賃金を支払う必要がないと思われがちですが、実施内容によって労働基準法第9条が適用され、一般の労働者と同様に支払い義務が発生します。賃金が発生するのは、指揮命令のもとインターン生に実務を任せ、それにより利益を得ている場合です。

とくに長期インターンの場合は社員と同等に仕事を与えているケースが多いため、注意しなければなりません。

効果的なインターンシップの事例 ~学生の評価ポイントとは

ここでは、効果的なインターンシップ事例として、「学生が選ぶインターンシップアワード2018」(第一回)で大賞を受賞した富士通株式会社の取り組みを紹介します。

富士通株式会社の事例

実施目的:
自己成長のきっかけとなるプログラムを実施し、自社のICTビジネスの魅力を体感してもらう

プログラム内容:「職場受け入れ型」3週間の就業体験
・150以上のテーマを設定し、興味のある分野を選択できるようにする
・学生一人ひとりに目標を設定。日々フィードバックを行い、成長実感の機会をつくる
・個々の実習内容を詳細に設定し、就業体験の充実度を高める
・自社の先端技術に触れられる機会をつくる
・一人ひとりにメンターをつけてフォローする
・最終日に成果を発表してもらう

参加した学生の評価ポイント:
・メンバーの一員として他人事ではなくリアルに体験できた
・働くイメージが湧き自分を見つめ直すきっかけとなった
・業務内容を知るだけでなく学びを得ることができた
・成長に活かすことができた
・メンター以外にも多くの社員にサポートしてもらえた

実践的な就業体験により、気づきの多いインターンシップだったことが学生の声からうかがえます。目標設定とフィードバック、詳細に決めた実習内容など、事前の綿密な計画が結果につながった好事例といえるでしょう。

参照:富士通|インターンシップ
https://www.fujitsu.com/jp/microsite/employment/internship/

参照:「学生が選ぶ インターンシップアワード」|INTERNSHIP CONFERENCE 2018
https://internship-award.jp/2018/

外部サービス活用のヒント ~サービスの特徴と選定時のポイント

インターンシップを成功させるには、事前の計画から実施後のフォローまで多数のステップを踏む必要があります。自社内のリソースで対応できない場合の選択肢として考えたいのが、外部サービスの活用です。

どのようなサービスが提供されているのか、選び方のポイントを整理しました。

【外部サービスの内容と選ぶポイント】
パターン サービス内容 向いている企業
企画サービス型 プログラムの企画立案から実施までサポート 自社にインターンシップの企画、実施のノウハウがない
募集サービス型 就活サイトなどWebで学生を募集するサービスがメイン 企画・実施のノウハウやリソースはあるが、募集手段がない
代行サービス型 インターンシップにともなう業務をサポート インターンシップを実施するためのリソースが足りない

上記のサービス内容を複合的に提供しているところもあります。自社に足りない要素を明らかにすることが、サービス選定時のポイントです。

『日本の人事部』がおススメする「インターンシップ」サービス

新卒採用インターンシップ 企画・集客・運用支援

応募者を「集める」、本選考に「繋げる」。貴社のインターンシップを総合的にバックアップします

●マーケティング知見を用いた独自の集客施策/インターンシップで最も多いのが、学生の集客に関するお悩みです。私たちは、マーケティングのフレームワークを生かした戦略と施策(SNS広告等)で集客に貢献します。

●志向に沿ったプログラムの企画から運営まで/業界・事業説明型からロールプレイ・ワーク型まで。学生の志向に沿ったプログラムの設計、資料作成から当日の運営まで、貴社がお望みの範囲でご支援いたします。

●学生の「自己・適性理解」を深めます/インターンシップで学生が最も確かめたいのは「自己適性」。ツールを用いて学生が貴社への適性を理解・腹落ちさせるコンテンツならお任せください。

●企画、学生集客、コンテンツ作成、運営代行、フォローリクルーター育成、フォロー代行…。インターンシップのお困りごとにつき、幅広く対応します。

●マーケティングの考え方を用いてターゲットを設計し、SNSやディスプレイ等採用媒体以外で広告展開する「集客施策」と、学生がインターンシップに求めるコンテンツを突き詰め、本選考に繋がる「動機付け施策」につき、インパクトのあるご提案をが可能です。

費用 ■見積り事例
・SNS集客代行:30万円 ※TGT層や展開範囲、期間によって異なります。
・インターンシップ運用代行(終日):40万円
導入社数 約200社 ※2019年6月期実績
●新卒採用インターンシップ支援がよくわかるセミナー
2020年新卒採用レビューセミナー~「通年採用元年」の新常識~

キミスカ

世界でたった一人のキミをスカウト!会いたい学生に会える国内最大級のダイレクトリクルーティングサービス

●選考工数を軽減、ピンポイント採用!/学生が登録した情報をもとに、会いたい学生だけにアプローチをかける事が出来ます。学生を大学名、性別、インターンや選考を受けた実績、適性検査の結果から検索できます。

●日本初!選考状況シェアサービス!/キミスカでは学生が現在選考を受けた会社と選考状況を記載しています。 プロフィールだけでは読み取れない志向性、思考力(SPI試験通過実績)を見ることも出来ます。

●早期に母集団形成可能!/3月の求人情報開示を待たずして、学生へのアプローチが可能です。 インターンや本選考への集客など時期別に任意の母集団を形成することが出来ます。

2013年にリリースした、老舗の新卒スカウトサービスです。大学や適性検査から学生を検索し、企業から学生に直接アプローチすることで、ターゲット学生を効率的に集客できます。
20卒は既に9万人越えの登録をいただいております。(21卒12万人見込み)
大学3年生の5月よりスカウトを送る事が出来るので、サマーインターンや秋冬のインターンの集客、もちろん本選考への集客など、様々な使い方が出来ます。

費用 30~100万円
貴社のご状況によって複数プランをご用意いたします。
お気軽にご相談下さいませ。
導入社数 導入社数非公開

next≫(ビジネスが進化する次世代のLINE)

LINEに特化した採用管理ツール

●LINE情報を学生情報を紐付け/学生のLINEアカウントをnext>>上で管理。採用に関わるすべてのコミュニケーションをLINEでおこなうことが可能です。

●LINEでリマインドの自動化/セミナーのリマインドをLINEメッセージで自動化します。今までアウトソーシングにかかっていた費用を大きく削減できます。

●LINEで自動フォローしマンパワー削減/選考途中の学生をLINEでフォローすることで学生との距離が縮まります。またフォローの自動化により今までフォローにかかっていたマンパワーを大きく削減ができます。

インターンシップは学生のエンゲージを高め、
企業とのつながり強化と、学生の成長があってこその一大イベント。

「令和の採用」と言われる新しい環境が始まった今、
学生の就活観や就活スタイルに合わせて、学生とのつながりを
深めるインターンシップを知ることは急務!
不人気業界でも内定辞退率3%を誇る弊社が、
「インターンで何やったらいいの?」「インターンからの採用の繋げ方が
分からない」といったお悩みを解決します。

費用 初期導入費100,000円 月額39,800円 ※税別
導入社数 導入社数非公開
製品形態 クラウド(ASP・SaaS)
スマートフォン対応 あり
サポート体制 導入支援・コンサルティングヘルプデスク対応運用・管理
対応範囲 既存システムとの連携対応
機能 応募者管理面接調整予約通知機能自動連絡メール
用途 新卒採用

業界初!1Dayインターン参加者を採用選考までフォローするSNSアプリ

業界初!!!インターン参加学生と内定者を
同時フォローして確実に母集団形成&内定辞退防止します。

●インターン参加学生を確実に選考へとつなぐ/スマホアプリだから今すぐにプッシュ通知で学生へ連絡でき、社内の雰囲気を伝えます。さらにアンケート機能で食事会等のイベント案内と出欠確認が簡単にできます。

●採用担当者は連絡業務が大幅に軽減/PC管理画面で学生のアクセス状況を把握することで会社への関心度や内定辞退の可能性を数値で管理することができます。

●インターン学生のプライバシー保護/インターン参加学生のプロフィルを非公開でプライバシーを保護しながら採用選考へとつなぐ業界初のSNSアプリです。

Chaku2 NEXTは、インターンシップで出会った学生にWebサイトでは公開していない内容の深い情報を発信しつながりを持ち続けることで質の高い母集団を形成し、企業説明会・選考会へとアクティブに誘導していきます。また、個別のメッセージ機能で、有望学生にダイレクトにコミュニケーションを取ることで、採用担当者との密なコミュニケーションが可能となり、採用の一本釣り効果が期待できます。

費用 参考価格:内定者10人+インターン生1,000人までのWフォロー版(ライトプラン)場合
初期導入費50,000円+基本アカウント利用料300,000円+エントリーフォーム(オプション)50,000円=400,000円/シーズン
導入社数 98社 ※2019年3月期実績

新卒採用を成功に導く「エアリーフレッシャーズクラウド」

勘と経験だけの非効率な新卒採用に終止符を!
【「エンゲージメントを高める新卒採用」を実現するサイト】

●母集団形成から内定者フォローまで対応可能/業界唯一の新卒採用専用アプリ!インターンシップを含む早期接点保有学生との接点を3月まで継続、アクセス状況から学生の入社意欲を早い段階から可視化

●利用実績が示すサービスの価値/35万人、4,000社以上の利用実績!企業による情報発信を楽に、専用アプリで学生とのタッチポイントを増やせるためエンゲージメントを高める新卒採用が実現可能

●早期母集団形成・承諾率UP・辞退率低減/新卒採用において頻出する課題をすべて解決!母集団形成から承諾、内定者フォローまでをワンストップでご支援します

費用 100人パック:495,000円/年
・入社年度4月末までご利用可能
・初期費用:50,000円
・初期設定支援
・電話・メールサポート
・セキュリティチェックシート対応
導入社数 約4000社 ※2019年3月期実績

dodaキャンパス インターンバイト

【完全無料】長期有給インターンシップの募集なら”dodaキャンパス インターンバイト"

●国内最大規模!学生データベースの質と量/ベネッセの高校生向けwebサービスと順次接続しており、国内最大規模の学生データベースを保有しています。

●求人掲載だけでなく個別にアプローチ可能!/サイトへの求人掲載に加えて、学生のキャリアノート(経験や自己PR、適性検査の結果が記されたページ)を見て気になる学生には直接メッセージ送信可能です。

費用 完全無料(サービス利用料も成功報酬も0円)
導入社数 導入社数非公開

採用管理システム『SONAR』-2021年卒向けインターンシップパック

通年採用なら「SONAR」! 早期からの募集~応募者管理~採用まで、2021年卒採用を成功に繋げるエッセンスが凝縮

●特長1/採用の「一元化」 インターンシップ~本選考~内定者フォロー~入社まで全て一元管理できます。 更に、新卒採用は21卒だけではなく、22卒以降の学生もプール可能。

●特長2/採用状況の「見える化」 自社採用の状況をリアルタイムに把握し、素早い打ち手を実行できます。

●特長3/各種オペレーションの「自動化」 学生への各種連絡やメルマガ配信などを自動化。採用にもマーケティング志向を用い、適切なタイミングで適切なアクションを実行できます。

費用 200,000円~
導入社数 500社 ※2018年11月期実績
製品形態 クラウド(ASP・SaaS)
スマートフォン対応 あり
サポート体制 導入支援・コンサルティングヘルプデスク対応運用・管理
機能 応募者管理エージェント管理面接調整予約カレンダー連携通知機能選考状況共有自動連絡メール
用途 新卒採用中途採用アルバイト・パート採用
●『SONAR』-2021年卒向けインターンシップパックがよくわかるセミナー
競合に勝つ「口説く力」 ~志望度とは何か?どうすれば上がるのか?~

【JOBRASS新卒】インターンシップ無料掲載キャンペーン実施中

逆求人型就活サイト「JOBRASS新卒」にて、インターンシップの無料掲載キャンペーンを実施中

●9月末までインターンシップの掲載が無料/JOBRASS新卒を新規でご利用になる企業様に限り、2019年9月末までの企業情報、インターンシップ情報の掲載をすべて無料といたします。

●応募受付機能も無料で利用可能/管理画面にてインターンシップを作成し、学生から応募を受け付ける機能も無料でご利用いただけます。もちろん会員学生の閲覧も自由にできます。

●インターンオファーも送信可能/逆求人ならではのインターンオファー最大1000通を無料でサービス。ぜひ来て欲しいターゲット学生にオファーを送信できます。

費用 キャンペーン期間内は無料です。
導入社数 導入社数非公開

採用管理システム『i-web インターンシップモデル』

11年連続シェア第1位!インターン~採用まで一元管理●業界唯一●リクナビ、キャリタス就活、OfferBoxと連動

●11年連続 導入シェア第1位*/『i-web』の導入シェアは、11年連続して第1位。優れた操作性と豊富な機能で、様々な規模・業種の企業に幅広くご利用いただいています。

●リクナビ、キャリタス就活とデータ自動同期/『i-web』は、リクナビ、キャリタス就活、OfferBoxとリアルタイム連動(業界唯一)。ヒューマネージの適性検査、SPI3とも連動するなど圧倒的な利便性

●充実サポート&豊富なデータによるレポート/導入サポートはもちろん、RPOサービス、ビッグデータ分析に基づくレポーティングサービスを通じて、業務の最適化からインターン効果の最大化まで併走します。

費用
導入社数 導入社数非公開
製品形態 クラウド(ASP・SaaS)パッケージソフト(オンプレミス)
スマートフォン対応 あり
サポート体制 導入支援・コンサルティングヘルプデスク対応運用・管理
機能 応募者管理採用メディア管理エージェント管理面接調整予約カレンダー連携通知機能選考状況共有自動連絡メール
用途 新卒採用

インターンシップは学生にとって有益な機会となることが重要

新卒獲得における厳しい競争が続き、早期離職率の高さも問題視される現在、多くの企業がインターンシップの効果に期待しています。しかし、複数の企業でインターンシップを経験している学生が増えている今、プログラムの満足度が採用面に大きな影響を与えていくと考えられます。

インターンシップの効果を高めるには、「学生が何を得られる機会とするのか」学生側の視点から考えていくことが重要になっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事支援サービスの傾向と選び方のバックナンバー

インターンシップを効果的に実施するポイントと
外部ソリューション活用のヒント
新卒採用の成否を握る重要ポイントになりつつあるインターンシップについて、効果的な実施方法をまとめました。メリットを確認するとともに、種類や取り組み事例、外部サー...
2019/06/12掲載
管理職育成のヒントと課題解決のためのサービス
企業の重要課題の一つとなっている管理職育成について、管理職に求められるスキルと育成のポイントをまとめました。外部ソリューション活用のヒントとサービス内容もあわせ...
2019/05/20掲載
新入社員研修の効果を高めるヒントと『日本の人事部』がおすすめするサービス27選
今注目すべき新入社員研修についてまとめました。実施目的と意義をあらためて確認するとともに、研修の種類やカリキュラム例、企業事例をご紹介します。
2019/05/16掲載

関連する記事

2020年卒採用では、大学3年の6月以前に学生との接触を開始した大手企業が、大幅に増加
2019年卒採用において、選考に影響を与えることを前提に学生との接触を開始した時期を聞いたところ、最も多かったのは「2018年3月」で18.9%。「2017年6...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
「新卒採用向け採用管理システム」導入のポイントとおすすめサービス10選
業務効率化を図るとともに選考スピードをあげ、採用活動の質を向上させる「採用管理システム」について、導入する際に押さえておくべきポイントをまとめました。導入するメ...
2019/05/08掲載人事支援サービスの傾向と選び方
2020新卒採用の“傾向”と“対策”
大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9.91倍と過去最高を記録するなど(リクルートワークス研究所「大卒求人倍率調査」2018年4月...
2018/08/30掲載注目の記事
47%の企業が「1Dayインターンシップ」を実施。「実際に社員が行っている業務を体験させる」企業は少数
インターンシップについて、「実施している」と回答したのは51.8%。「現在は実施していないが今後実施予定」(18.5%)と合わせると、8割近い数値となった。特に...
2018/07/12掲載人事白書 調査レポート
“未来の自分が働く姿”を体感したい学生たち
~リブセンス「インターンシップアワード」から見えてきた最新トレンド
今では就活生の3分の1が利用するまでに成長した、リブセンスの「就活会議」。企業別の就活レポートは、学生から見た企業のリアルな姿や採用の様子がわかると、就活生の人...
2018/06/04掲載注目の記事
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。



新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


イノベーションを生み出せるのは“現場”<br />
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

イノベーションを生み出せるのは“現場”
ICTによるスピーディーな個の連携が“最上のバーチャルチーム”を作り出す

変化の激しい現在、企業には、市場の変化にスピーディーに対応したビジネス...