企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事部課長に聞いた 人事戦略の現状と課題

少子高齢化で国内市場が縮小する一方、世界経済を見てもEU・米国を中心に難しい局面にあり、恒常化する円高とともに、企業経営にとって先行きが極めて不透明な状況が続いています。こうした中、民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各社が将来の人事戦略・人材マネジメントの方向性について、どのように考えているかを探るため、人事部門の管理職以上を対象にWEBアンケートを実施しました。本記事では、その中から「経営戦略上の重要テーマ」「『人材育成』に関する人事戦略」「人事戦略の策定・明文化」について、取り上げます。

※『労政時報』は1930年に創刊。80年の歴史を重ねた人事・労務全般を網羅した専門情報誌です。ここでは、同誌記事の一部抜粋を掲載しています。

【調査要領】

◎調査名:「企業の人事戦略に関するアンケート」

1. 調査対象:労政時報』定期購読者向けサイト「WEB労政時報」に登録いただいた民間企業から抽出した人事労務担当者3216人(役職は、課長クラス63.4%、部長クラス30.5%、経営幹部6.1%)

2. 調査期間:2011年10月13~21日

3. 調査方法:WEBによるアンケート

4. 集計対象:124人(1社1人)。
※なお、本調査では、「人事戦略」を「経営戦略を実現するための人事マネジメントの方向性、枠組み」と定義して、回答いただいた。

経営戦略上の重要テーマ

経営上の最重点課題

「新製品・新規事業の開発」が27%で最多

「数年(ここ3年程度) 以内に実現したい経営上の最重要テーマ(経営戦略上の最重要テーマ)」を、[図表1]の (1)~(15)の選択肢から単数回答で尋ねたところ、最も多いのは「(2)新製品・新規事業の開発」で27.4%と3割近くの企業が挙げました。以下 は、「(4)(経費削減を含む) 収益性向上(売り上げが停滞しても利益が上がる体質へ)」17.7%、「(1)既存事業の売り上げ拡大」14.5%、「(3)事業のグローバル化、海外進 出」13.7%、「(5)人材力強化(採用・人材育成・人が育つ仕組みづくりなど)」9.7%と続いています。

規模別に見ると、「(2)新製品・新規事業の開発」や「(4)収益性向上」は規模が小さい企業ほど多く、一方、1000人以上では「(1)既存事業の売り上げ拡大」が20.8%と他の規模より多くなっています。

経営上の重点課題(四つまで複数回答)

「人材力強化」が77%と8割近い

また、同じく「数年(ここ3年程度) 以内に実現したい経営上の重要テーマ(経営戦略上の重要テーマ)」について、四つまでの複数回答で尋ねたところ、「(5)人材力強化(採用・人材育成・人が育つ仕組みづくりなど)」が76.6%と8割近くに達してトップとなりました。

以下は、「(2)新製品・新規事業の開発」54.8%、「(4)(経費削減を含む) 収益性向上(売り上げが停滞しても利益が上がる体質へ)」51.6%、「(1)既存事業の売り上げ拡大」46.0%、「(3)事業のグローバル化、海外進 出」37.1%、「(12)企業風土、従業員意識の改革」30.6%などでした。

規模別に見ても、1000人以上と300~999人では「(5)人材力強化」がトップで、300人未満では1位こそ「(2)新製品・新規事業の開発」(67.9%)でしたが、2位は「(5)人材力強化」で64.3%と3分の2近い企業が挙げています。

これらから、少子高齢化などで国内市場が縮小する中、企業は「(2)新製品・新規事業の開発」や「(4)収益性向上」「(3)事業のグローバル化、海外進出」などに活路を求めており、それを支える「人材力強化」が多くの企業の課題となっていることが分かります。

【図表1】数年(ここ3年程度)以内に実現したい経営上の重要課題 (経営戦略上の重要テーマ)

【図表1】数年(ここ3年程度)以内に実現したい経営上の重要課題 (経営戦略上の重要テーマ)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載
2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載

関連する記事

有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第6回】人事部とリーダーシップ(その2):リーダーの役割
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/07/06掲載編集部注目レポート
有賀 誠のHRシャウト! 人事部長は“Rock & Roll”
【第5回】人事部とリーダーシップ(その1):リーダーシップとは
さまざまな課題を抱える、人事部長。常に明るく元気に突き進んでいくにはどうすればいいのか? さまざまな企業で人事の要職を務めてきた有賀誠氏が、課題解決のためのヒン...
2020/06/04掲載編集部注目レポート
これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されています。その中で、従来の「人事管理」のアプローチや手法が通用しなくなってきています。一方で現場...
2020/03/27掲載注目の記事
中原 淳さん:
日本企業の課題を解決する特効薬
多様な人材が活躍する時代に欠かせない「組織開発」の学び方と実践方法
人事分野において注目を集めている「組織開発」。なぜ今、組織開発がブームなのでしょうか。また、企業やチームは、いかにして組織開発を学び、実践していけばいいのでしょ...
2020/02/27掲載キーパーソンが語る“人と組織”
世界で大反響を巻き起こした
“強みを伸ばす”新たなリーダーシップ開発法が
人と組織の継続的な成長を可能にする
世界14ヵ国で60万人以上に読まれている、グローバル・マネジメント誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』で大反響を巻き起こした「飛びぬけたリーダー」論文の執筆者で...
2019/11/20掲載編集部注目レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...