企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

本誌特別調査
懲戒制度の最新実態(労務行政研究所)
解雇の場合の退職金は、
懲戒解雇では「まったく支給しない」が74.4%、
諭旨解雇では「全額支給する」が49.4%で最多

多数の人が働く企業組織では、日々さまざまな問題が起き、企業秩序維持のために懲戒処分の検討が必要となることもある。しかし、従業員が起こす非違行為は多様であり、それらに対してどのような処分をするか、懲戒規程に定められた基準だけでは判断に迷うことも多いのではないだろうか。

ここでは、各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇の場合の退職金の有無、30のモデルケース別に見た懲戒処分の適用状況について紹介する。

ポイント

  1. 懲戒処分の種類として、1:懲戒解雇(100%)、2:出勤停止(98.4%)、3:減給(96.7%)を設定している企業が多い[図表1]
  2. 解雇の場合の退職金(複数回答)は、諭旨解雇では「全額支給する」49.4%、懲戒解雇では「まったく支給しない」74.4%とする企業が最も多い[図表2]
  3. モデルケースに見る懲戒処分で、懲戒解雇に該当すると回答した企業の割合は「売上金100万円を使い込んだ」74.0%が最も高く、次いで「社外秘の重要機密事項を意図的に漏えいさせた」63.6%であった[図表3]

1 懲戒段階・種類の設定状況

懲戒段階の設定状況
「6段階」が40.2%で最多。5~7段階に全体の8割以上が集中

懲戒段階の設定状況 懲戒段階の設定数としては「6段階」40.2%が最も多く、以下「7段階」27.7%、「5段階」14.1%と続く。5~7段階に全体の8割以上が集中しており、規模別に見ても大きな違いはなかった。

懲戒処分の種類
「懲戒解雇」はすべての企業が設定。
そのほか、「譴責」「減給」「出勤停止」も9割以上が設定している

[図表1]では、懲戒段階別に、設定している懲戒処分の種類を集計している。
懲戒の種類について法律上特に定めはないが、「懲戒解雇」に関しては懲戒段階数にかかわらず、すべての企業で設定されていた。そのほか「譴責(けんせき)」「減給」「出勤停止」なども9割以上と多い。「その他」としては、“(口頭・厳重)注意” “停職” “訓戒” などが挙げられる。

懲戒処分の実施パターンのうち、上位3位のものを挙げると、以下のとおり。
1位(6段階):譴責、減給、出勤停止、降格・降職、諭旨解雇、懲戒解雇(33.2%)
2位(7段階):戒告、譴責、減給、出勤停止、降格・降職、諭旨解雇、懲戒解雇(13.0%)
3位(5段階):譴責、減給、出勤停止、諭旨解雇、懲戒解雇(8.2%)

【図表1】 懲戒処分の種類(複数回答)

図表1 懲戒処分の種類(複数回答)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

【本誌特別調査】〈速報〉2020年度決定初任給の水準
58.5%が「全学歴据え置き」、据え置き率は2年連続で上昇。
大学卒の水準は21万3276円で前年度比0.5%増
労務行政研究所では、2020年4月入社者の決定初任給を調査。ここでは、4月7日までに回答のあった東証1部上場企業164社について、速報集計を取りまとめた。 今...
2020/10/19掲載
【本誌特別調査】
人事担当者のキャリアに関するアンケート
人事担当者としての今後の意向と自身のレベル感
働き方改革関連法の施行やHRテクノロジーの普及など、企業の人事を取り巻く環境とともに、“人事担当者に求められる役割・資質” も大きく変化している。こうした中、人...
2020/08/26掲載
2019年度 部長・課長・係長クラス・一般社員のホワイトカラー職種別賃金調査
~13職種に見る最新実態と諸格差の動向~
グローバル化の進展等に伴い、役割給・職務給に代表される仕事基準の人材マネジメントを志向する企業が、徐々に増えつつある。 こうした動向を踏まえて労務行政研究所で...
2020/06/12掲載

関連する記事

カギは「企業の繁栄」と「労働者の幸せ」の両立
組織の強みを引き出す、法との向き合い方
慢性的な長時間労働に歯止めをかける時間外労働の上限規制、雇用形態によらず仕事内容に見合う待遇を設ける同一労働同一賃金、そして、企業が職場のパワーハラスメント防止...
2020/07/08掲載編集部注目レポート
待ったなしのハラスメント対策 防止と早期解決に役立つおすすめサービスと選び方
2020年6月から、いわゆる「パワハラ防止法」が施行され、企業には雇用上必要な措置を講じることが義務付けられます。職場におけるハラスメントは企業の組織風土を悪化...
2020/03/03掲載人事支援サービスの傾向と選び方
ハラスメントのないクリーンな職場への第一歩
管理職が自らのコミュニケーションを客観視する
管理職教育用Web適性検査「パワハラ振り返りシート」導入の手応え
パワーハラスメント対策の難しさは、当事者にその意識がなくても結果的にハラスメントになってしまうケースが多いことにあります。そこで注目されるのが、管理職がパワハラ...
2019/11/29掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?(後編)
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載人事マネジメント解体新書

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...