企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

『労政時報』提携

本誌特別調査
懲戒制度の最新実態(労務行政研究所)
解雇の場合の退職金は、
懲戒解雇では「まったく支給しない」が74.4%、
諭旨解雇では「全額支給する」が49.4%で最多

多数の人が働く企業組織では、日々さまざまな問題が起き、企業秩序維持のために懲戒処分の検討が必要となることもある。しかし、従業員が起こす非違行為は多様であり、それらに対してどのような処分をするか、懲戒規程に定められた基準だけでは判断に迷うことも多いのではないだろうか。

ここでは、各企業の懲戒制度の内容とともに、解雇の場合の退職金の有無、30のモデルケース別に見た懲戒処分の適用状況について紹介する。

ポイント

  1. 懲戒処分の種類として、1:懲戒解雇(100%)、2:出勤停止(98.4%)、3:減給(96.7%)を設定している企業が多い[図表1]
  2. 解雇の場合の退職金(複数回答)は、諭旨解雇では「全額支給する」49.4%、懲戒解雇では「まったく支給しない」74.4%とする企業が最も多い[図表2]
  3. モデルケースに見る懲戒処分で、懲戒解雇に該当すると回答した企業の割合は「売上金100万円を使い込んだ」74.0%が最も高く、次いで「社外秘の重要機密事項を意図的に漏えいさせた」63.6%であった[図表3]

1 懲戒段階・種類の設定状況

懲戒段階の設定状況
「6段階」が40.2%で最多。5~7段階に全体の8割以上が集中

懲戒段階の設定状況 懲戒段階の設定数としては「6段階」40.2%が最も多く、以下「7段階」27.7%、「5段階」14.1%と続く。5~7段階に全体の8割以上が集中しており、規模別に見ても大きな違いはなかった。

懲戒処分の種類
「懲戒解雇」はすべての企業が設定。
そのほか、「譴責」「減給」「出勤停止」も9割以上が設定している

[図表1]では、懲戒段階別に、設定している懲戒処分の種類を集計している。
懲戒の種類について法律上特に定めはないが、「懲戒解雇」に関しては懲戒段階数にかかわらず、すべての企業で設定されていた。そのほか「譴責(けんせき)」「減給」「出勤停止」なども9割以上と多い。「その他」としては、“(口頭・厳重)注意” “停職” “訓戒” などが挙げられる。

懲戒処分の実施パターンのうち、上位3位のものを挙げると、以下のとおり。
1位(6段階):譴責、減給、出勤停止、降格・降職、諭旨解雇、懲戒解雇(33.2%)
2位(7段階):戒告、譴責、減給、出勤停止、降格・降職、諭旨解雇、懲戒解雇(13.0%)
3位(5段階):譴責、減給、出勤停止、諭旨解雇、懲戒解雇(8.2%)

【図表1】 懲戒処分の種類(複数回答)

図表1 懲戒処分の種類(複数回答)

次のページ
解雇における退職金
記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人事・労務実態調査のバックナンバー

2019年役員報酬・賞与等の最新実態
~従業員身分の執行役員の年収は1511万円~
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では、調査資料が少ない役員の年間報酬(報酬月額・年間賞与)その他処遇に関する調査を1986年以降継続して行っている。本...
2020/04/10掲載
労使および専門家の計452人に聞く2020年賃上げの見通し
~定昇込みで6495円・2.05%と予測。7年連続で2%台に乗る~
賃金交渉の最新動向がわかる!労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施した「賃上げ等に関するアンケート調査」から見える2020年の賃上げ見通しは?
2020/02/20掲載
本誌特別調査 2019年度 モデル賃金・年収調査
上場企業を中心とした各社の定昇・ベアの実施状況や賃上げの配分状況、モデル賃金、年収・賞与の水準等について
民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所では1967年から毎年、全国の上場企業を中心に「モデル賃金実態調査」を実施している。本稿では2019年度の集計結果から...
2019/12/16掲載

関連する記事

待ったなしのハラスメント対策 防止と早期解決に役立つおすすめサービスと選び方
2020年6月から、いわゆる「パワハラ防止法」が施行され、企業には雇用上必要な措置を講じることが義務付けられます。職場におけるハラスメントは企業の組織風土を悪化...
2020/03/03掲載人事支援サービスの傾向と選び方
ハラスメントのないクリーンな職場への第一歩
管理職が自らのコミュニケーションを客観視する
管理職教育用Web適性検査「パワハラ振り返りシート」導入の手応え
パワーハラスメント対策の難しさは、当事者にその意識がなくても結果的にハラスメントになってしまうケースが多いことにあります。そこで注目されるのが、管理職がパワハラ...
2019/11/29掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」第117回
「法改正」が進む中で人事部に必要な「法対応」スキルとは(前編)
厚生労働省などの「公的資料」をいかに読み抜くか
近年、「働き方改革関連法」の施行や「パワハラ防止法」の成立に代表されるように、人事部の業務に関連する「法改正」の動きが一段と活発化している。そのため、人事の仕事...
2019/11/13掲載人事マネジメント解体新書
人事マネジメント「解体新書」第116回
「パワー・ハラスメント防止」を義務付ける関連法が成立、
企業は「パワハラ防止法」にどう対応していけばいいのか?(後編)
職場での「パワー・ハラスメント(パワハラ)」の防止を義務付ける関連法が2019年5月29日、参院本会議で可決・成立した。大企業には2020年4月から、中小企業は...
2019/10/22掲載人事マネジメント解体新書
「パワハラ防止法」だけじゃない 2019年前半ハラスメントの注目情報
2019年5月にハラスメントに関する法改正が行われ、「パワハラ防止法」が成立。『日本の人事部』では、2019年前半の「ハラスメント」に関するトピックをピックアッ...
2019/08/01掲載編集部注目レポート

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

あなたの会社の健康労務費見直しませんか? 事業戦略を支える人事の挑戦

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...