企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

厳選採用から慎重採用へ?
「博士」の採用に二の足を踏む企業

勤務経験のないことを懸念

決断が難しい特化型人材の採用

中途採用に重要な要素の一つにタイミングがある。優秀な人材がいたとしても、社内に空きがないと採用できない。逆に採用したくなった時には良い人材の応募がないということはよくある。もう一つは決断力だ。平均的にレベルの高い人材を採用するか、多少バランスは悪くても突出したものを持つ人材に決めるか、この判断は難しい。近年、企業が無難な路線を選択することが多いのは、「博士号」を持つ特化型の人材を紹介した時である。
(1/2ページ)

ポストドクターの転職を支援

Photo

「特に専門分野にこだわっているわけではありません。ただ、大学院時代からずっと同じ分野の研究しかしてこなかったので、何が得意なのかと問われるとどうしても研究テーマやその周辺の話をすることになります。そうすると、そこにこだわっていると思われてしまうようで……」

その日、転職相談に来ていたTさんは、大学院で博士号を取得後、いくつかの大学で有期の研究スタッフなどを務めてきたポストドクター(以下、ポスドク)の経験者だった。理系なので、その専門分野の知識を欲しがる企業もありそうな気がするが、基礎研究でのフィールドの実績がほとんどということもあって、実際に転職活動をしてみると、なかなかフィットする仕事がないのだという。

「給与は学部卒と同じでもまったく問題ありません。今のポスドクの仕事も決して高くはないですし」

人柄も希望も謙虚なTさんだが、転職活動で苦戦する理由は専門分野以外にもありそうだった。Tさんは現在30歳。企業に紹介した時に、「30歳まで一般企業での勤務経験がない」ということだけで、書類選考すらも通過しないケースがよくある。大学でずっと研究を続けてきた人材は、「専門にこだわりすぎて使いにくいのではないか」という企業の先入観はかなり強いようだ。

Tさん自身もそのあたりの事情はよくわかっているという。

「同じポスドクから一般企業に入社した知り合いも、就職するまでにかなり時間がかかったと話していました。今の研究室との契約があと半年残っていますが、その間に何とか可能性が見えればと思っています」

長期戦を覚悟してくれたTさんだったが、1ヵ月ほど経ったところで、とあるベンチャー企業の面接を受けることになった。Tさんの研究分野と近からずとも遠からず、といった環境関連の新技術を売り出そうとしている企業である。ベンチャー企業なので、創業者である社長とTさんの気が合えば一気に採用もあるのではないか――そう考えた私は、期待して面接の結果を待った。

面接後のTさんの感触も悪くなかった。

「非常に将来性のある技術を持っている企業だと思いました。これから勉強しなければならないことも多いと思いますが、まったく畑違いではないので、何とか追いつきたいと思います」

ところが、面接から一週間経ち、二週間経っても結果のフィードバックがない。企業側の人事担当者に確認しても、「Tさんの印象は良かったですよ。社長との面接も盛り上がっていたようです。ただ、社長が非常に忙しいもので、まだ全ての候補者の面接を終えていないんです」と言うばかりで進展がない。

私はTさんに事情を説明して待ってもらうしかなかった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ” 
応募先は、紹介会社のコンサルタントに教えるべき?
人材紹介会社では、履歴書や職務経歴書をはじめ、転職希望者のさまざまな個人情報を扱う。そのため、これらを預かるだけの信頼に応えられる体制を、しっかり整えることが大...
2019/03/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
入社直前に急病になったら
転職活動で内定が出ると、ホッとする人は多いだろう。しかし、内定はゴールではない。入社予定日に出社してはじめて、転職活動は完結する。人材紹介会社は入社日まで注意深...
2019/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
面接では言えない転職理由
中途採用の際に必ず確認される「転職理由」。企業側からは前向きな理由が好まれるが、実際には全員が前向きな理由で転職を考えるわけではない。時には、面接では言えないよ...
2019/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
評価されづらい?「大学院卒」の転職
退職して大学院で学びなおすことで、転職の際に有利になるのか。留学や資格取得は? 人材紹介会社のコンサルタントが語る本音とは――。
2018/12/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
経験豊富なのに転職しにくい人材
多くの日本企業が、ジョブ・ローテーションによる人材の長期育成を行っています。しかし、それによって「専門性」のないキャリアになってしまい、転職しづらくなってしまう...
2018/11/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
【用語解説 人事キーワード】
卓越研究員

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...