企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

転職のためのツールがいつしか目的に――
留学で身につけた「英語力」を活かしたい求職者
どうしても英語力を活かしたい… 大手か新興か?ふたつの外資で揺れ動く求職者

キャリアアップを目指して勉強したり、資格をとったりする人は多い。そんなキャリアのための努力の中でも、一生における大きな「ターニングポイント」になるのが「留学」だろう。社会人の場合、企業からの派遣というケース以外は、会社を辞めるか休職しなくてはならない。費用や時間はものすごくかかる。それだけに、帰国して再就職する時には、せっかく学んだものを無駄にしたくない…という強い思いが生まれるのだろう。

キャリアアップのために語学力を磨く

「最近、社内の公用語を英語にする企業が出てきていますよね。前の職場でもそういう動きがあったので、これからは語学力、それもビジネスで使える英語力がないとキャリアの幅が狭まってしまうと思ったんです」

留学前は、語学が決して得意ではなかったというNさん。簡単な文章を読むくらいの英語力しかなかったが、将来マネジャーとして活躍するためには、会話も含めた語学のレベルアップが必要だと感じ、2年前に退職して米国に留学したのだという。キャリアのために留学するという行動からしても、元来とても真面目な人なのだろう。

「さすがに2年もいると、会話は抵抗なくできるようになりましたね。わざと日本人の少ない地方の大学を選んだのが良かったようです。今は英語で話すのが楽しいと感じるようになりました」

もともとバックオフィス系の職種だったNさん。業界にそれほど強いこだわりはないということだったので、語学力を条件にしている外資系企業などを中心に何社かご紹介し、面接を受けてもらった。

しばらくして、そのうちの一社から「ぜひ採用したい」という連絡が入った。Nさんの志望度が高かった外資系商社・P社からだ。日本法人としての歴史や、知名度があり、安定性は申し分ない。転職希望者からの人気も高い企業である。

「ありがとうございます…」

しかし、Nさんは即決しないで、もう少し別の企業も考えてみたいと言ってきた。人気が高く、仕事内容や待遇も悪くない企業だけに、すぐに入社を承諾してくれると思っていた私には、少し意外な展開だった。

「他に気になる企業があるのですか?」

私の質問にNさんは、別の紹介会社に紹介され、最終面接まで進んでいる企業があると話してくれた。最近、日本に進出してきた外資系企業だという。

「待遇や安定性で選ぶなら、断然P社だと思うんですよ。ただ、P社の場合、長く日本で活動しているので、社長を含めて社員全員が日本人なんです。外資系ですから社内の書類は英語が多いそうですし、もちろん語学力は求められるのですが、社内会話はすべて日本語だそうです」

なるほど。私にも状況が大体分かってきた。

せっかくの能力を錆びつかせたくない

「最終面接まで進んでいる外資系企業は、規模も小さいし、日本での営業が軌道に乗るのはまだ先のことです。しかし、社内の半分は外国人で、日常的に英会話力が活かせそうなんです。本国との電話でのやりとりも多いようですし…」

つまり外資系企業とはいっても、現地化(日本化)が進んでいるP社より、はるかに留学で身につけた英語を活用するチャンスが多いということが、Nさんには魅力なのだろう。

「留学の成果を活かしたい気持ちは、すごくよく分かりますよ」

こういう場合、頭から否定しても効果はないので、私はまず転職の原点に帰ることを提案してみた。

「そもそもNさんが留学してまで勉強されたのは、キャリアアップのためだったのではないでしょうか。P社は誰もが認める大企業ですから、P社への転職は間違いなくキャリアアップになります。大きい組織で専門的なスキルを身につけたり管理職になったりする道は、まさにNさんが望まれたコースではないでしょうか」

一方、新興外資でオファーされている仕事は、バックオフィス全般を仕切る仕事だという。いちおう「オフィスマネジャー」という肩書きがつくらしいが、何でもやらなくてはならない雑用係や便利屋である可能性もある…と私は思った。

「進出してきたばかりの外資系企業は、いわばベンチャーのような存在ですから、大きく成長させていくという醍醐味はあるでしょう。ただ、もともとNさんご自身にベンチャー志向があったのかどうかをもう一度考えてみてもいいかもしれません。ベンチャーでの仕事は非常にやりがいがありますが、大変さを知った上で飛び込んでいくような方でないと気軽にはお勧めできないですから…」

Nさんはかなり迷っているようだ。

「周りに日本人がほとんどいない環境で勉強するのは、本当に大変だったんです。自分でもよく頑張ったなと思うぐらいです。それだけに、せっかく身につけた会話力が使われることなく錆びついていくのは嫌なんですよね」

多くの転職事例を見てきた人材紹介会社としては、安定性や将来性に優れたP社を勧めるのは当然のことだ。しかし、Nさんはもともとキャリアアップを目的に英語を勉強してきたが、現在ではそのおもしろさに目覚め、「英語を仕事で使うこと」が目的となってきているようだ。

たぶん、Nさんはどちらの会社に行っても活躍できるだろう。最終的に判断するのはNさん自身だ。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職相談もチャットでこなす時代
コミュニケーションを重ねても人柄が見えにくい?
長く人材紹介の良さは「人が介在する」ことだとされてきた。キャリアアドバイザーがいることで、求職者の人柄や仕事に対する考え方といったソフト面も考慮しながら推薦でき...
2020/12/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職サポートで重要な価値観の確認
「当たり前」も人によって違う
人材紹介会社の転職サポートは、求職者の希望に合わせて進めるのが大原則。ただ、しっかり転職条件や希望を聞き出して求人を紹介しても、なんとなく話がかみ合わないことが...
2020/11/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
コロナ禍の転職に焦りは禁物
キャリアチェンジにも影響が……
中途採用市場では、長らく売り手市場が続いてきた。しかし、コロナ禍で一転して先が見通せなくなってきた。特に影響を受けそうなのが、これまでとは違う分野での仕事に挑戦...
2020/10/01掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
ハードワーク体験がトラウマに 年収が下がっても日系企業を希望する理由とは
世界的な外資系企業への内定が決まったにもかかわらず、あえて日系企業への転職を希望する求職者。そこにはあるトラウマが影を落としていた。
2019/10/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
評価されづらい?「大学院卒」の転職
退職して大学院で学びなおすことで、転職の際に有利になるのか。留学や資格取得は? 人材紹介会社のコンサルタントが語る本音とは――。
2018/12/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職のきっかけは人材開発
近年はどの職場でも、生産性アップのための人材開発に力を入れようになった。社内研修だけでなく、国内外の大学・大学院や研究機関などで最先端のビジネスや理論を学ぶうち...
2016/10/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
新卒の時の景気で人生が決まる? リベンジ転職
ここ数年売り手市場が続く新卒採用。多くの企業が「人手不足」を訴えるのを見て、複雑な気持ちになっている人も多いのではないだろうか。特に、就職氷河期に新卒で就職活動...
2016/08/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
【用語解説 人事キーワード】
ジョブホッピング
パラレルキャリア
在留資格

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...