企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
もし理想とする先輩がいなくなったら?

転職活動を経て最終的に入社する企業を決める理由は人それぞれだ。仕事内容や会社業績、社風、待遇条件などさまざまなパターンがあるが、面接で対応してくれたマネジャーの考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることも少なくない。もちろん、ロールモデルとなる人がいる職場を選ぶのは悪いことではない。しかし、それだけで入社を決めてしまうのは「危険」ともいえる。

異業種への転職を決心させてくれた人

「実はこのたび、X社から内定をいただきました。そこで申し訳ないのですが、御社からご紹介いただいている企業は選考を辞退したいと考えています。これまで本当にお世話になりました」

そんな連絡をくれたNさんが入社を決めたというX社は、メーカーでエンジニアとして活躍してきたNさんのキャリアとはまったく畑違いといっていい、金融業界の企業だった。どうやら他の人材紹介会社から推薦されたようだ。気持ちはすでに固まっているようなので、参考までに入社の決め手は何だったのかをきいてみた。

「最初は自分でも、なぜ金融なのかと思いました。しかし面接で話を聞いているうちに、仕事内容のダイナミックさに心を動かされたんです。とりわけ執行役員の方の話が本当に魅力的で。自分もそういう方と同じ世界で、ぜひ一緒に働いてみたいと思ったわけです」

『日本の人事部』人材採用“ウラ”“オモテ”「「あの人と一緒に働きたい」という入社動機。もし理想とする先輩がいなくなったら?」

イノベーティブな新技術の開発をめざすベンチャー企業に融資する際には、その技術力を見きわめる「目利き」が重要になる。X社は、エンジニアとしてのNさんのキャリアに期待したようだ。

「しかも、金融経験のまったくない人材を採用する場合、普通なら二次、三次と複数回の面接を行うのが一般的らしいのですが、やる気があるなら早い方がいいだろうと、その役員の方が自ら社内を説得してくれて、ほぼ一次面接だけで決まったんです。本当に驚くようなスピード感でした」

自分の裁量でどんどん仕事を進めていくその姿を見ているうち、これまでのメーカーでの仕事を退屈に感じるようになったようだ。Nさんは大きな期待とともに、X社へ入社した。

しかし、それから数ヵ月。Nさんから「相談に乗ってほしい」という連絡があった。

「正直、仕事の壁にぶつかっています。どうしたらいいでしょうか」

以前働いていたメーカーでは、問題があるとみんなで助けあい、チームワークで乗り切るのが普通だった。しかし、新しい職場は個人主義を徹底しており、誰も助けてくれないのだという。一人ひとりをプロ扱いする風土なのかもしれないが、業界未経験のNさんにとってはきわめて心細い状況なのだろう。

「採用のときに尽力してくれた執行役員の方がいらっしゃいましたよね。その方にはもう相談されましたか」

そんな私の質問に対して、Nさんからは意外な答えが返ってきた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
株式会社村田製作所:
応募者の入社意欲や面接満足度をどう高めればいいのか
テクノロジーで採用面接のコミュニケーションを“見える化”した村田製作所の取り組み
人材の採用難が深刻化する中、採用力強化に直結する「面接力の向上」を課題とする企業は少なくありません。しかし、面接官と応募者が閉じられた空間で対面し、定性的なレビ...
2020/02/25掲載となりの人事部
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

東京都が運営するサテライトオフィスがOPEN

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...