企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

社会人のフリーエージェント会社に「借り」をつくる可能性も 一度辞めると言ってからの残留は吉なのか?

今年もプロ野球の「フリーエージェント(FA)」がスポーツ紙の見出しを飾る季節がやってきた。日本のプロ野球でこの制度が導入されたのは1993年。自分の好きなチームに移籍できるのがFAの最大のメリットだが、FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なくない。似たようなことは転職においてもあるようだ。ひょっとしたら歴史を積み重ねてきたFA制度が、20代、30代の人材の考え方に何らかの影響を及ぼしているのかもしれない。

上司に退職理由を正直に答えてしまった

「Aさんからの連絡は、まだないのでしょうか。そろそろ企業側に入社日確定の連絡を入れたいのですが」

求人企業担当のスタッフにそう催促されて、私も少し不安な気持ちになった。確かに、退社日が決まったと、Aさんからもう連絡が来てもいい頃だ。

ある企業に内定しているAさんは入社承諾済みだが、現在在職中。引き継ぎ期間が必要となるため、入社日は保留しておいてほしい、と言われていた。しかし、入社承諾からもう一週間以上経っている。普通に退職交渉をしていれば、もう結果が出ていてもいい頃だ。それなのに連絡がないということは、現在の勤め先で慰留されている可能性がある。私はさっそくAさんに連絡を入れた。

「その後、退職交渉は順調にお進みでしょうか? 引き継ぎ期間は決まりましたでしょうか。もし何かトラブルなどがあればご相談ください」

Aさんからの返事は、予想していた中で最悪に近いものだった。

「実は今、残留する場合の条件を調整してもらっているんです。退職願を提出したところ、強く引き留められてしまいまして」

転職のきっかけは人材開発 Photo

Aさんが退職を願い出たところ、上司から問題点を解決できるかもしれないので、退職理由を聞かせてほしいと言われたという。そこでAさんは、正直に年収と仕事内容だと答えた。

一般的な転職のセオリーでは、「退職時には理由を正直に答えない方がいい」とされている。正直に退職理由を伝えてしまうと、対案を出されてしまう可能性があるからだ。これでは退職交渉が長引いてしまうし、場合によってはひっくり返されることもある。一身上の都合、あるいは家庭の事情などで押し切るのがベストなのだ。

Aさんにはもちろん、そのあたりの退職交渉のポイントは伝えてあったのだが、世話になった上司の親身な問いかけに、つい本音を答えてしまったのだという。また、Aさんは過去にも転職経験があって、前回はスムーズに退職できたので、今回も問題はないと軽く考えていたようだ。

「それで、どうなりそうなんですか?」

私は恐る恐る、Aさんに聞いてみた。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載

関連する記事

人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーに転職経験は必要か
ちょっと変わったポイントが気になる人たち
人材紹介を進めるにあたって大切な「転職相談」。求職者の希望や条件をすりあせわるだけでなく、転職の心配事や疑問の解消にもあたる場だ。ただ、「それを聞いてどうされる...
2020/03/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
自社の魅力、しっかり語れますか?
人材紹介会社が「コンサルティング」に積極的でない理由
採用難の時代が続いている。とりわけ優秀な人材については「売り手市場」が完全に定着。そうした中で採用を成功させるには、企業が自社の魅力をアピールできることが極めて...
2020/02/10掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
トップ自らが面接するベンチャー企業
採用の意思決定は速いはずが……
経営はスピードが重要だといわれる。人材採用にも似たところがある。優秀な人材はいくつもの企業で奪い合いになるため、のんびりしていると他社に採られてしまうからだ。そ...
2020/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
「入社辞退されても大丈夫」という会社
はたしてその真意は…
人材紹介会社の紹介手数料は、多くの場合、入社して初めて費用が発生する「完全成功報酬制」である。したがって内定後に辞退されても、企業側には金銭的負担が一切ない。と...
2019/12/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...