人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

「人」が介在することで成功するマッチング

2015/10/2
まず会ってもらうことの重要性
普通の会社と普通の人材を結びつける
「上場企業」「シェアナンバーワン企業」「成長企業」など、各社とも採用にあたっては自社の魅力を伝えることに懸命だ。対する人材の方も、「専門知識が豊富」「資格所持」「海外勤務経験あり」など、思い思いにキャリアをアピールしようとする。しかし一方で、そのようにアピールできるものを持っていない企業や人材も多い。そういった「普通の会社」や「普通の人材」の良さをみつけてマッチングしていくのも、人材紹介会社の大切な役割となる。まさにキャリアアドバイザーの腕の見せどころだ。
(1/2ページ)

人材紹介に向かない?

「うちは採用に際して転職ナビサイトを使っていますし、ハローワークにも依頼しています。けっこう多いのは社員の紹介ですね。人材紹介はあまり実績がないんですが、絶対に使わないというわけではありません。いい人材がいたら、どんどん紹介してください。採用枠はありますから」

その日は初めて訪問したS社は、建築資材の商社。公共事業の拡大などの追い風を受けて業績は悪くないようだが、いかんせん一般消費者向けのビジネスではないので知名度は低い。しかも、建築業は昔ながらの業界でビジネス慣行に古いものが多く、「仕事がきつそう」というイメージもつきまとっているため、採用にはずっと苦戦しているのだという。

「募集されるとしたら、どんな人材がご希望でしょうか」

採用担当のT係長はさばけた人柄だ。用意してあった求人票を示しながら、てきぱきと答えてくれる。

「まず常に募集しているのは営業。若手限定で、業界経験は問いません。それと不定期ですが管理部門。今は経理だけの募集ですが、こちらも若手でお願いします」

なんとなく、オフィスの雰囲気が「昭和」っぽいS社。若手を中心に採用しようとしている方向性にも、新卒重視の名残を感じる。正直「人材紹介よりもハローワークかな」という気がしていた。しかし、世の中にはこういう雰囲気の会社がまだまだ多い。いやむしろ、これが「普通の会社」なのだろう。

それからしばらくの間、若手人材を中心に声をかけてみたのだが、なかなか「S社に応募したい」という人が出てこない状況が続いた。

Photo

そんな時に転職相談を受けたのがBさんだ。中堅メーカーで何度か部署を異動し、さまざまな経験を積んでいる。それが強みでもあり、弱みでもあるという。

「それほど大きい会社ではないので、いろいろな業務を経験してきました。生産管理、営業、人事、経理……。ジョブローテーションといえば聞こえはいいのですが、一貫性がないことが弱点ではないかと自分では思っています。ぜひ、良いアドバイスをお願いします」

30代ではあるが、どこかの部門に長くいたわけではないから、確かにスペシャリストという印象はない。人材紹介会社に求人を依頼してくるような企業の採用基準からすれば、専門性が低いということになってしまう、いわゆる「普通の人材」である。同時にBさん自身も、転職先選びには慎重だった。

「年齢を考えると失敗できないですからね」

営業ならけっこう話はあったそうだが、業界経験不問のような営業は使い捨てではないか……と警戒して応募していないのだという。かなり堅実そうな人柄も垣間見えた。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

社会人教育と転職
「働き方改革」の一つとして、人材が流動化しやすい社会、つまり転職しやすい環境をいかにつくるのかという課題がある。欧米では一般的な「大学などで学び直すことでキャリ...
2017/02/01掲載
出張面談とプライバシー
腹を割って本音を話してもらう「転職相談」は、人材紹介に欠かせないプロセスだ。在職中で忙しい場合、求職者の希望の場所で出張面談を行うこともある。注意しなければいけ...
2017/01/04掲載
過労死事件の死角
有名企業で起きた「過労死事件」は多くのメディアで取り上げられており、転職希望者にとっても、無関心ではいられない問題だろう。問題の過労死事件は、世間では一流企業と...
2016/12/02掲載

関連する記事

有本隆浩さん(株式会社MS-Japan 代表取締役社長):
感性を研ぎ澄ませて時代の流れを読み、あとは行動あるのみ――
「管理部門特化型」の人材紹介で市場を創造
株式会社MS-Japanは、人材紹介会社としてはきわめてユニークな「管理部門に特化する」戦略によって、業界屈指の高収益・高付加価値を実現しています。同社の創業者...
2017/01/30掲載HR業界TOPインタビュー
社会人のフリーエージェント
この時期プロ野球の「フリーエージェント(FA)」の話題が世間を騒がす。FA宣言した選手の中には、交渉の末、より良い条件を引き出して元のサヤに納まるケースも少なく...
2016/11/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職のきっかけは人材開発
近年はどの職場でも、生産性アップのための人材開発に力を入れようになった。社内研修だけでなく、国内外の大学・大学院や研究機関などで最先端のビジネスや理論を学ぶうち...
2016/10/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
行ってみたら事務所がない? 妙に強気の人気企業
人材採用をサポートする仕事をしていると、こちらがびっくりするような企業も時にはある。「最近の人材採用は難しい」ということがわかっている企業は、きちんとこちらのア...
2016/09/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材紹介会利用に当たり「留意する事項」
求人企業と求職者のアンマッチや優秀人材の取り合いなど、人材紹介の過程では様々な問題が発生しがちである。大切な転職・採用を成功させるための留意点とは?
2016/08/31掲載よくわかる講座
誰もがイキイキ働き、成果を上げる企業になるために!従業員のヘルスケア特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
TKPの貸会議室ネット 詳しくはこちら

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。



グローバル人材育成特集

本特集では、「グローバル人材」の育成に向けヒントとなるインタビュー記事やセミナー・サービスをピックアップ。 貴社のグローバル化推進にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...