企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

人材の意に沿わない紹介は、信頼感を失うことにつながりかねない

2015/9/2
いろいろなパターンがある
なかなか紹介できない会社の存在
人材紹介会社への依頼を終えると、企業は候補者が紹介されるのを待つだけとなる。しかし、候補者がなかなか紹介されない場合もある。欠員などの理由で急いで採用したい時なら、採用担当者のイライラも募ってくることだろう。時間の経過とともに、社内から「どうなっているんだ?」「ちゃんと募集しているのか?」といった声も届くようになる。こんな時、人材紹介会社にプレッシャーをかけて無理やりに候補者を出させようとする企業もあるようだが、それでうまくいったという話はあまり聞いたことがない。
(1/2ページ)

やる気がないんじゃないですか?

「どういう状況でしょうか。お願いしてからもうかなり経ちますが、まだ一人もご紹介いただいてないんですが」

人材紹介会社には多くの転職希望者が登録している。各社とも「○万人以上の登録者」「経験者、有資格者多数」などと人材の豊富さを売りにして営業しているから、「求人票を出せばすぐに紹介してもらえる」と企業が考えるのも当然だろう。

しかし、現実はそう簡単ではない。企業の要求する条件(スペック)がピンポイントな場合や、条件は緩いが転職希望者に不人気な業種・職種の場合は、すぐに紹介できることのほうが、まれだったりするのである。

そんなわけで、「さっそく条件に合う人材を探してみます」と求人依頼を引き受けても、冒頭で紹介したように、企業から「まだですか?」という催促の連絡をいただくことも珍しいことではない。

こういう場合にはまず状況を丁寧に説明する。採用条件が厳しい場合や完全に売り手市場でめったに人材がいない職種の場合などは、企業側もそのことを十分理解しているので、 ある程度は納得してもらえる。しかし、条件は緩いのになかなか紹介できない、いわゆる「不人気業種、職種」の場合は、やや反応が違うこともある。簡単な募集なのに紹介してこないのは「手を抜いているからではないか」「紹介する気がないからではないか」といった、クレームに近いような問い合わせがくることもあるのだ。

Photo

その日、電話で問い合わせをしてきたA社がそうだった。A社が募集しているのは営業職。しかも商品は一般向けの高額なもので、給与システムは固定給+歩合給制だ。経験はほとんど問わないというが、求人広告を出しても採用がかなり難しいパターンである。キャリア志向の転職希望者が多い人材紹介会社の登録者には、そもそも希望する人がほとんどいない分野といえる。

「申し訳ありません。対象になりそうな方に積極的にお声はかけているのですが……皆さん自信がないとおっしゃるんです」

苦労しながら状況を説明するが、この日のA社の担当はなかなか納得してくれない。

「それにしても、一人も紹介がないというのはおかしいでしょう。やる気がないんじゃないですか?」

やがて話はさらにエスカレートしていく。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

政治経験者の再就職
多くの候補者がしのぎを削る選挙だが、もちろん当選するのはそのうちの一部。落選した場合は、新しい仕事を探すことになる。しかし、一般企業への転職活動の際には、政治活...
2017/11/02掲載
健康経営と人材紹介
従業員の健康を大切にすることで会社の収益性を高める、「健康経営」が注目を集めている。企業は既存の社員だけでなく、新たに採用する社員の健康にも気を配るようになりつ...
2017/10/02掲載
地方移住と転職
夏休みなどの長期休暇が終わると、転職希望者が増える。人材業界では、昔からそう言われてきた。長い休みの間に、旅先や帰省先で自分を見つめなおす時間を持ったり、家族や...
2017/09/06掲載

関連する記事

多様化する採用ルート
売り手市場が続き、人手不足に苦しむ企業が増えている。何とか打開策を見出そうと、多くの企業が「ダイレクトリクルーティング」や「リファラルリクルーティング」に取り組...
2017/08/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアチェンジ転職
「売り手市場」が続く転職マーケット。とりわけソフトウェア開発を中心とする技術職は、引く手あまただ。しかし、本人がその貴重なキャリアを活かした転職を考えていないこ...
2017/07/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職活動と電話
ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくな...
2017/06/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
40~50代の転職も増加中
長い間、「転職するなら35歳まで」と言われてきたが、この数年で「40代、50代でも経験重視で採用したい」というケースが徐々に増えてきている。人材紹介会社としては...
2017/05/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で...
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

人事向けの会議室HRスクエア
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

記事アクセスランキング

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...


なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

なぜヤマシンフィルタは“急成長”を遂げたのか 組織変革を実現する「評価制度」と「タレントマネジメント」

成長過程にある企業では、現状に合う組織づくりや人の育成が後追いになって...